リンゴが届いて

岩手から、届いたリンゴ! 紅と黄のそれぞれの実の大きい事。

一つ一つに小さなラベルが、、、  それぞれに品種名が!

十個に近い品種の違うリンゴ。 黄色の「王林」のラベルもある。

黄色の一つに「はるか」のラベル。 新しい品種なのかも。

今までに聞いた事も、ましてや口にした事もない珍しい品種揃い。

さぁ、早速頂いて、、、 それぞれのお味の違いを愉しむ事に。

Cimg0660

Cimg0661_6

Cimg0663_3











| | コメント (4) | トラックバック (0)

ミカンは小粒で

ミカンは小粒に限る!  例年なら早生の小粒が食べ頃に。

寒さがやってきて甘みが乗ってくる。 寒さが遅いこの秋は?

袋井デンマーク牧場のある丘陵地のミカン農家からお知らせ。

味が濃くて甘みが強い早生を毎年お願いする。それも小粒で。

試しにお願いした、その小粒みかん。後一息。 寒くなれ!!!

Cimg0532

Cimg0533










 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

聖護院蕪

聖護院蕪を間引いたから、漬物にしたら、、、と。

葉が茂り、根っこの部分が太り、小さな蕪が出来始めている。

皮を剥いたら無くなる小粒のやら、赤ちゃんの握り拳程のやら。

次々間引かないと蕪が大きく育ってくれない。

皮を剥いて芯を取ると使える部分は半分位になってしまう。

それでも、捨てるよりかと、漬けてみる事にしよう。

美味しく漬かった千枚漬けには程遠い漬物が出来るのでは?

Cimg0426_3

Cimg0425


| | コメント (2) | トラックバック (0)

アカメイモ

朝から一片の雲もなく上天気。  温度が上がる気配。

アカメイモ、そろそろ掘ってみるかと、、、  一株、試し掘り。

スーパーの野菜売り場に出ていたセレベスの通称、アカメイモ。

鰹出汁で煮っ転がして、、、 食の細い爺婆の事、数度は食卓へ。

八つ頭、京芋、、、これからの収穫。 お芋攻めが悩みの種。 

Cimg0197

Cimg0200

Cimg0202

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カラス山椒の蜂蜜

一つ峠を越した処にお住いのブログの達人から、珍しい蜂蜜を頂く。

職を終えてから、、、 西洋ミツバチ飼育。初めは数個?の巣箱から始め、

今では巣箱の数も増えて、愉しみながらの蜂蜜採取。蜜の希望者が多い。

製茶も手掛けられて、萎凋香のある美味しいお茶は毎年お願いしている。

さて! 頂いた蜂蜜。 珍しい「カラス山椒の蜂蜜」。 初めて手にする貴重品。

「ちょっぴり苦味の野性的な味」 ラベルに記されている。 試食が愉しみ。

Cimg9987

Cimg9989




| | コメント (2) | トラックバック (0)

おうちCO-OPで、、、

毎週水曜日、おうちCO-OPの荷が届く。    宅配して貰えるので大助かり!

例え留守でも、スチロールの箱にドライアイス入りなので少しの時間なら安心。

冷凍品、冷蔵品、乾いた品、、、 品揃えは良くて、何でも手に入る。

六本木アマンドのモンブラン、山家暮らしのお茶菓子には向かないけど!

注文書のお品書きに惹かされて、、、  紅茶を淹れて、ゆっくり楽しむ事に。

インターネットから注文出来るので慌てないでゆっくり注文出来る。

Cimg9810

Cimg9807_2

Cimg9808_2

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キュウリが終わって

降りそうで降らない空模様。  トマトが色付き始めてキュウリは終わったらしい。

黄色くなったウラナリキュウリならお断り。 30㌢も伸びてしまったナスも?

朝採りで新鮮とは云うけど、、、使い切れずに、野菜庫の中で皆あくびしている。

漬物にしても、、、 キュウリピクルスの瓶が又増えた。

Cimg9328

Cimg9332

Cimg9333_3




  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜の献立

今夜のお食事、何にしようかナ。  ご飯は昨夜炊いたから有るし。  

小さなお釜で2合炊くと、三日はある。  朝はパン、お昼は麺類、、、、

ナスがあって、キュウリも、モロッコインゲンも使わないとダメになる。

麻婆茄子とキュウリ揉み、お味噌汁にインゲンを。 到来の佃煮を忘れないで。

忘れてた! 塩鮭のカマを焼いて欲しい人が居るので麻婆茄子は明日に。

今日は雨なので収穫無し。雨が上がると、ナスとキュウリが大きくなり過ぎ!

Cimg9323_2

Cimg9325_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キュウリもナスも程々に

キュウリが採れ始め、毎日採らないと育ち過ぎて、オバケキュウリ!になる。

うっかり見落とすと、、、、瞬く間に30㌢のオバケになってしまう。

生野菜のサラダに刻んで、一本もあれば充分。箸休めの酢の物も一本あれば。

野菜庫には溜まったキュウリがドサッと。  大量消費を考えないと増えるだけ。

毎年作るピクルスも、食の細くなった年寄りには、重荷になっている。

それでも、、、時季が来ると植えたくなるらしい。 キリギリスじゃ、御座いません。

ホラ、見てごらん! ナスの紫の花が!  ナスの大量消費も考えなくちゃね。

ご近所、皆さん似たりよったりで、、、、今夜のキュウリのメニューは何にしようか。

Cimg9144

Cimg9145_2

Cimg9158_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマメの燻製

鮎のおとり小屋が焼いたヤマメの燻製を試食。 手作りの窯で焼いている。

このヤマメ。 仲間の養殖池で出荷出来ない育ち過ぎを譲り受けて、、、

桜のチップで燻す火加減も塩加減も手馴れてきて、美味しく仕上がった。

保存食にするには、もっと長く燻すらしいけど、焼きの具合を見て仕上がり!

Cimg8543

Cimg8550

Cimg8551



| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧