ヒツジパレット

スピナッツ出版から届いた「The Sheep Palette」。

2012京都で開催された公募展の解説冊子。 羊毛に関する全てが

判りやすく説明され、出品された作品の中から50点が掲載されている。

「ヒツジパレット」は来年も京都で開かれる。 作品は12月に搬入。

羊毛を使ったモノヅクリ。  紡ぎ 編む 織り フェルトの作品が展示される。

「2012ヒツジパレット」に「デンマーク牧場の羊」の拙い文を載せて頂く。

Cimg6947

Cimg6954

Cimg6945_2

Cimg6952_2

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

心残り、、、「暮らしの手帖」

昭和28年、あれから何十年経つかな、、、 初めて手にした「暮らしの手帖」。

埋め立て前の磯子。当時は近くには一軒の書店もなかった時代の事。

マーケットの傍に浜書房が出来、店主に勧められたのが定期購読の始め。

何年後か、山家暮らしになって暫くは街の書店に出かけて、発行の度に。

発行元からの定期購読をお願いして数年。 先日ご予約終了のお知らせ。

一年毎に来年の予約をする事になっている。 如何しよう。思案の為所!

身の回り整理、蔵書の処分、、、 「暮らしの手帖」とお別れする事にしよう。

長い間沢山沢山、愉しませて下さって有難う!とお断りの電話を入れた。

Cimg6747

Cimg6748_3

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

面倒くさがりやでも出来る

あそべる出版社さんの「ものづくりハンドブック」にハマって、、、

ゆりこさんの おやつだホイ!  すぐにでも作りたくなる「おやつ」が満載。

掘ったジャガイモがゴロゴロと転がっているので、早速明日にでも実験?

「肉ジャガはオカズにならぬ」と!  ポテトサラダばかりも能がない。

おやつだホイ!に載っているジャガイモのパンケーキ。 お昼に如何かな?

これなら、立ち仕事が辛くても簡単に出来てジャガイモの消化にもなるし、、、

「ラクラク作る秘訣」でこんなものも載っている。

Cimg6551

Cimg6552_7

Cimg6554_2



















 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雑誌のオマケ

お箸を作る為に桧の棒切れが4本。   月刊「BE-PAL」のオマケ。

これは爺が毎月読んでいるアウトドア雑誌。 最近何かしらオマケがつく。

放り出してあったのに、、、  カンナを持ち出して削りだした。

菜箸にはチョッと短いね。 まァ、削ってあれば使うかもしれない。

Cimg2097 Cimg2096 Cimg2092 Cimg2094 Cimg2101

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久し振りに「サザエさん」に逢えて

思わず、ウフフとなったり、ニャ二ャしたり、、、  

新聞を広げて先ずは「サザエさん」だった人、婆だけじゃなかったと思う。

朝日出版の広告で「よりぬきサザエさん」を見つけ、、、 欲しくなって!

購読は「朝日」なので、毎日配達してくれている新聞店に頼んでみた。

翌朝、新聞と一緒に、ダンボールに包んで4冊がポストに詰め込まれていた。

1巻から3巻までとオマケの「町子手帖」。  この「町子手帖」は、、、、

連載時の裏話やら町子さんの当時の談やらが愉しい1冊になっている。

全13巻、次々に届くらしいけど当分「サザエさん」と仲良く出来る!

Cimg1735

Cimg1710 Cimg1711 Cimg1716

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コミックに嵌った婆さん、、、

カタカナ語が多くて、、、、  それが略語ときたら、モット判らない。

新聞広告の流し読みをして目に入ったのは!  「アラフォー」。

40歳になった人の事?とはおぼろげながら判ってはいたけど

アラウンド フォーティの略語と判明。 ちょっと面白そうな本の広告。

日本語学校の教師が書いたコミックエッセイ「日本人の知らない日本語」。

コミック、、、 婆さんの読み物ではないと覗いた事も無かったけど

外国人学生の日本語珍問の応答や、日本語の歴史解説などのエッセイ。

三部作でベストセラーになっているらしい。  マサカ、立ち読みも出来ない。

例の如く、アマゾン経由で、、、、  思わず笑ってしまう箇所が続出!

Img_8460 Img_8459_2 Img_8463 Img_8462  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

気休めでもいいから、押してみよう!

近頃になって耳の聞こえがとても悪くなってきた。

以前から補聴器は使っていたけど、、、 返事をしない!と爺の文句。

聞えないんだから返事のしようがない。 ふと思い出したツボ押しの本。

若い頃肩こりが酷かった時に友達から教わって、、、探したら出てきた。

著、京都嵐山薬師善寺住職 樺島勝徳。、発行、京都山口青旭堂。

「押して健康 体のツボ」「押して健康 手のツボ」 押す為の棒もある。

栞の代わりに挟まっていたのは、何と50年前の大売出しの福引券!

若しかしてと思った「難聴」の項が「手のツボ」に載っていた。

気休めかもしれないけど、ツボ押しをやってみようかな。

Img_8387 Img_8392 Img_8393

| | コメント (2) | トラックバック (0)

耳は聞えず、目は見えず、、、 齢の所為か。

耳の聞こえが悪くなった。 以前から補聴器は使っていたけど、、、。

テレビの音は聴こえ難いし、目の前で話しかけてくれないと返事が出来ない。

新聞の広告に載っていた「わかさ」聴力アップの新常識、耳若返リ術NO1。

今更とは思いながら、本屋へ、、、、  これは!と思う記事は見つからない。

補聴器、他人様との会話には欠かせないけど、家に居る時は外したいね。

ついつい、喧嘩腰になってしまう爺との会話。 困ったものだ!

雑誌「わかさ」にコレも効く、アレも効くと、、、   ホントかな?

Img_8131  Img_8132

| | コメント (6) | トラックバック (0)

通販カタログ「ZeKoo」

年に何回か送られてくる通販カタログ。   ZeKoo、通販生活などなど。

チョッと遠くまで、という時に2本のステッキ使っているとバッグは持てず、

斜め掛けしても使い難い。  背負ったら楽? そんな意見も出て、、、

気になっていた矢先、「ZeKoo」が届いた。

以前、秋刀魚焼きの切り出しコンロを爺が注文して、品物は確実な通販。

銀座タニザワのタウンリュックが出ていて、、、   使い勝手が良さそう。 

手頃な大きさで、肩に負担がかからない造りになっている。

この辺りの街で探すのは無理だし、、、、ね。 お判り?

注文してみるかナ。  お値段はそれなりに、、、

Img_8045 Img_8042 Img_8043

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日の朝刊 「著者に会いたい」

朝日の日曜版、読書の頁に「著者に会いたい」。  山浦玄嗣氏!

大船渡の医師。気仙地方の言葉を使って新約聖書の福音書を訳した方。

十年程前にケセン語の解説付きのマタイ福音書を拝見して、、、、

今回の大震災でご自分も資料も災害に遭われたと伺っていた。

去年の暮れに出された「イエスの言葉ケセン語訳」が紹介されている。

四つの福音書と大震災の体験も、、、、    早速アマゾンに注文。

昨年に出版された「ガリラヤのイエシュー」も一緒に。 月末には届く。

ケセン語(気仙地方の方言)はチョッと難しいけど、、、(解説付き!)

口語体の聖書より読んでホッとするような気がしたのを忘れない。

Img_7907 Img_7914 Img_7913 Img_7909   

| | コメント (4) | トラックバック (0)