あかぎれ膏

DSC00003 あかぎれ、ご存知?痛いんですよ!

寒くなると指先が深く縦に割れて、糸を捌いたり紡ぐときに引っかかったり割れ目に入ったりすると飛び上がるほど痛いのです。爺婆ともに手の荒れる仕事!なので冬の間中あかぎれに泣いてます。

昔からある「あかぎれ膏」。松脂から作られていて以前は薬局で売ってました。火に炙り溶かして傷口に塗り込むのですけど、その一瞬の熱いことこの上なし、飛び上がってしまいます。

指先が真っ黒になり見た目が良くないと思うけど、でも他の何よりよーく効くこと。やっと手に入れた最後の一箱。 「京都あかぎれ膏」、京都市中京区の上尾製薬ですが残念ながら製造中止。大切な我が家のお宝です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

それでも余る

DSC00009 お正月も普段と変わらない暮し。

お三が日くらいはお雑煮にと、ほんの少しお餅を頼んだ。1㌔で16枚に切れる一番小さなのしもちが届いた。それでも余りそう。

手間隙かけておせち料理を作ったのは何時の日だったでしょう。遠い昔になりました。

出来合いのきれいに盛られたアレは要りません。常の暮しの中でほんのチョッピリだけ本物の味で贅沢させて頂いているので充分。さて!今夜は何にしましょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薪の炎

DSC00008 今朝は-6度。簡易水道も沢からの水も凍り付いている。

暗くなる前からストーブに火を入れるのは爺の仕事。それでないと土間は暖まらないのです。 ちろちろと燃える火は寒さの夜に無くてはならないモノのひとつ。どんな人でもこれを見る時ホッとした気持ちになるのでは?

公会堂のお掃除当番が回ってきて今日がその日。半人前しか動けなくて若い2人にお気の毒だけど仕方なし。ここも水道が凍っていたっけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薪ストーブ

DSC00008 山仕事している友人からの贈り物! ガスよりも電気よりも何といっても一番は薪ストーブの暖。 歳をとり自分で薪が調達出来なくなったら~~~と考えてしまう。この寒さの時に何よりの贈り物です。

夜明け前から降った雪がうっすらと積もり凍り付いている。恐る恐るゆっくり足を運ぶ。山姥の足は人工骨、転んだら一大事!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

凍えるめだか

DSC00030 暖冬の予報だしたの誰でしょうね!まだ12月だというのにこの寒さ!今朝、水道は凍るし風花は舞うし、メダカさん大丈夫?今夜は莚かけてあげるからね。

山姥は着膨れてコロコロになってますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロネコヤマト

DSC00004 クロネコヤマトのおじさんは留守にしても、ちゃんと届けて呉れるので大助かり。

今日もパンが土間のテーブルに!  お世話様です。

クロネコたちがギロギロと睨んでたのをお気付きでしたか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

十月の澄

     十月の澄みきった空は何処に?羊の毛はふわっと乾かないし、出来上がったものは何処かに湿り気を感じる。蚊がまだ飛び回ってるしへんてこな秋。

長野のアイカラーにDMを依頼する。もう後には引けないよ。明日は晴れて欲しいもの。どうしても染めないと先に進めないぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログは大変

振り回されっぱなしの3日間、あたしにゃ無理なのかな?ヨチヨチ歩きで参りましょうか。紡いだり織ったりフェルトしたりの方がどんなに楽か!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

老眼鏡

最近仕事場の眼鏡が見難くなって検眼の結果老眼の度の進みを発見する。

行き着けのエスポットで度数4!のものを誂え、今日は出来上がりの日。

補聴器よりは格段にお安いけど結構いい値段。細かい字の良く見える事。

耳は聞こえず目は見えず。歳はとりたくないけど仕方のない事か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アナグマがやってきた

台風はどこかへ行ってしまったようです。背戸のお茶の木の根っこからアナグマが此方を覗いてます。一ヶ月程前から毎日顔を見せはじめたのです。なに食べるのかな?何か与えたくなってしまうのは、婆の悪い癖。こころを鬼にして我慢してましたけど、りんごや梨の芯を与えてみたら、食べてくれたみたいですよ。明日も来るかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧