美味しいよ!

Cimg0442


食パン大好き!  売れ残りの食パン、ちぎってね!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

贅沢な悩み!

農協の情報誌は、農家ではなくても毎月配られる。

7月号の表紙は、、、 キュウリ!  料理法まで載っている。 

ファーマーズマーケットに出荷しても、街なら捌けてもこの辺りでは。.

今の季節、農家ではなくても庭先に作っている家も多いから。 

せっせと食べても食べても減らないキュウリ。  贅沢な悩み!

Cimg9240

Cimg9239_2

Cimg9232

Cimg9238_3

Cimg9242_4

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

叩いて漬けて

今朝もキュウリが十五、六本。ナスとドジョウインゲンが笊一杯。

イノシシに荒らされて、キュウリが全滅のご近所へ十本差し入れて一息。

薄く塩を塗したキュウリをすりこ木で叩き、乱切りしてビニール袋へ。

その中へ、お醤油と昆布だし汁を振り入れて、袋ごとよく揉み込んで半日。

5,6本漬込んで冷蔵。 塩漬けとは違って。 翌日には味が浸み、これも好。

そろそろキュウリの先が見えてきたらしい。 無いとなると! 欲しくなる。

Cimg9223

Cimg9222_2

Cimg9229_2

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雲丹醤油

アマノフーズからのお知らせ。 フリーズドライではない食品もあって。

「雲丹醤油」、、、 雲丹の入ったお醤油? 如何な味?と注文してみた。

同封のパンフにあった「卵かけごはん」にかけて、、、、 早速試食する。

今迄はお醤油が定番。  こちらは雲丹?が入って、、、 まぁまぁの味。

茹でたお野菜にかけても使えるし、、、 雲丹の本場での名産らしい。

Cimg7969

Cimg7970

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほんとに美味しい!

CYICYIさんから、、、「丸ごと、洗ってラップしてチィーン。手抜きの一品」と。 

ゴロゴロと転がっている出来そこないのタマネギの消化手段。 早速実行!

泥の着いた外皮を外して、丸のままラップに包んで、、、半信半疑でレンジへ。

適当な大きさのものを2個。 1分経って触ったら硬いので追加で1分ちょっと。

暫く冷ましてから上皮を剥き、上下を落として四つ割りにして、、、、

CYICYI さんの仰せの通り、柚子ポン酢で恐るおそるの一口。  美味しい!

タマネギの甘みと柚子の香りと酸味。 2個のタマネギ、ご馳走の一皿になる。

Cimg6140 Cimg6142  

| | コメント (10) | トラックバック (0)

キュウリと格闘?

キュウリが採れ過ぎて、消化しきれない。

一晩で5cmは伸びてしまうし、、、 2日も経つとお勝手はキュウリの洪水。

ご近所さん、何処でも作っているので、貰い手がいない。 ナスも同じく。

ピクルスでも作らないと、消化出来ない。 保存が効くので毎年漬け込む。

3日もすれば食べられるけど、毎日採れる生のキュウリの消化が先。

サラダにしても酢の物にしても、使うのは2,3本。  捨てる訳にいかない。

異常気象? 大雨になったり、30度以上の猛暑になったり、、、、

野菜も戸惑ってしまうのでは?    只今32度。

Cimg3510_2


Cimg3508_2


Cimg3514

| | コメント (8) | トラックバック (0)

カレーとナンのお店


小さな街の事、偶に出掛ける買い物の時にお昼をと思っても何も無い。

何処にでもあるチェーン店が国道際にポツポツあるだけ。

6月の始め、本屋の隣りに開店した「インド料理ガンジー」。

看板が出ていて、気にはなったけどその時は横目で見ただけで素通り。

先日、買い物の序でに寄ってみたら、、、、    本格派!

お昼時なので家族連れやカップルで。 お給仕は総て、インドの男性。

タドタドしい日本語でメニューの説明をしてくれて、、、、

カレーの辛さは甘口から辛口まで数種、野菜からマトン、チキンなどがある。

爺婆は小食故、マトンのカレー辛口、サモサ、タンドリーチキンとナンを頼む。

カリーとナンのセットには生野菜の盛り合わせサラダがついている。

焼きたての大きなナン、辛口のソースによく合って美味しい。

若い人なら一人で食べられる量かも知れないけど、サモサ一個はテイクアウト。

レジに居るのも、インドの男性だった。    街へ出る楽しみが出来た!

Cimg3389

Cimg3498_2


Cimg3496_2


Cimg3494
Cimg3497_3

| | コメント (4) | トラックバック (0)

杏とスモモは、、、どこが違う?

スモモと思うけど、、、と、届けて下さった。  杏もスモモも、梅の実も同類?

畑の端っこにあって、何時も落ちるに任せているらしい。  齧ったら甘い!

沢山生ったのでとお裾分け。    果実酒かジャムか、、、  ジャムに。

この手のジャムは作った事がない。  計ったら2キロある。

生は甘くて酸っぱいから、、、 お砂糖を控えて、レモンは入れないで。

煮ていくうちに、皮は溶けて種が綺麗に取れてくれる。

2キロの実にお砂糖は600g弱、、、、  もうチョッと甘くてもよかったかな?

壜に詰めたら、、、、  ちっとやそっとでは無くなりそうにない。 どうしよう!

Cimg3410 Cimg3413 Cimg3415

| | コメント (4) | トラックバック (0)

小さなアリンコが、、、

野草酵素を仕込んで、、、 その後、何の変化もなし。  

先生!が仰るには大丈夫! 10日経ったので漉してみた。

葉っぱ500g白砂糖550g。 晩までに出たジュースは400cc弱。

大変だ! ステンレスの調理台に小さな小さなアリンコがぞろぞろ!!!

老眼鏡かけてよくみたら、、、 漉したジュースの中にも数匹居た。

残念だけど、酵素ジュース作りは中断しなければ、、、ね。

貴重な野草酵素ジュース、400cc。  炭酸割で? それとも焼酎割に!

Cimg3274 Cimg3275 Cimg3276

| | コメント (6) | トラックバック (0)

野草酵素、、、ダメかな?

西に住む若い友人から野草酵素の作り方を伝授されたのが五月末。

家の廻りは除草剤も農薬も撒いてないからと、、、 刈り取って刻んだ。

ヨモギ、ススキ、ハチコ(真竹の筍)、ブルーベリーの枝先などなど。

計ったら500g。 白砂糖550gと漬け込んでみた。

二日目から素手で混ぜる。 お砂糖が溶けただけで葉っぱには変化なし。

三日目は葉っぱの色が枯れ葉色にチョッと茶っぽく。 醗酵の気配なし。

六日目、お砂糖の溶けた液はチョッと濁りが出ているけど醗酵していない。

舐めてみたら、、、  お砂糖の甘味だけで変化が無い。  ダメらしい。

もう暫く、様子をみて。   仕込む適期は若芽時とか。少し遅かったか。

Cimg3210 Cimg3225

Cimg3239

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧