« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

合歓が咲いて

何種類の薬を袋一杯に貰って飲んでいる方に比べると、二種類だけ!

老人性掻痒症と逆流性食道炎。痒いのと胃もたれ防止の気休め薬。

六十日分が残り少なくなって、街のクリニックまで同行をお願いする。

川根街道までの山道。  相変わらず川の流れは悪く、岩が剥き出している。

これでは鮎も釣れない筈。  釣り人の姿は見えない。 降りそうで降らない。

今朝の山道は両側に合歓が見事に花をつけて、、、普段は気が付かない合歓。

荒れた茶畑も見立たない程に、淡いピンクが目に飛び込んでくる。

薬のお蔭で目の保養が出来た。 雨に叩かれなくて幸い!合歓の花。

Cimg9288

Cimg9289_2

Cimg9291_2

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

蛙の勘違い?

昨夕、蛙たちが騒いで居たので、又甕の傍に泡が、、、と思っていたら、

何と、八重桜の枝に泡が出来ていた。 こんな場所に作ったのは見た事ない。

真下は物置小屋の脇にある作業台。  夜の雨の中で勘違いしたのかも?

Cimg9274

Cimg9276_2

Cimg9279_2



| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャットフード

西に住む編物作家からメールが届いて。  キャットフードを送るとの事。

あちらには血統のいいニャンが二匹居る。 新しい餌が体に合わないらしい。

郵便局、朝一番の配達で届いた包み。 見た事もない贅沢なキャットフード。

早速、今朝のカリカリの残りに一袋を混ぜてやったら、夢中で食べる野良ニャン!

余程、美味しいらしく殆ど残さずに平らげてしまった。 滅多に無いこと。

満腹になったらしく、、、 声を掛けてもニャンとも言わず、目も開けずに爆睡!

これに味を占めて、廉いカリカリを食べなくなりそうな、、、 ご馳走さまです。

Cimg9247

Cimg9248_5

Cimg9251_3

Cimg9245_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

贅沢な悩み!

農協の情報誌は、農家ではなくても毎月配られる。

7月号の表紙は、、、 キュウリ!  料理法まで載っている。 

ファーマーズマーケットに出荷しても、街なら捌けてもこの辺りでは。.

今の季節、農家ではなくても庭先に作っている家も多いから。 

せっせと食べても食べても減らないキュウリ。  贅沢な悩み!

Cimg9240

Cimg9239_2

Cimg9232

Cimg9238_3

Cimg9242_4

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

叩いて漬けて

今朝もキュウリが十五、六本。ナスとドジョウインゲンが笊一杯。

イノシシに荒らされて、キュウリが全滅のご近所へ十本差し入れて一息。

薄く塩を塗したキュウリをすりこ木で叩き、乱切りしてビニール袋へ。

その中へ、お醤油と昆布だし汁を振り入れて、袋ごとよく揉み込んで半日。

5,6本漬込んで冷蔵。 塩漬けとは違って。 翌日には味が浸み、これも好。

そろそろキュウリの先が見えてきたらしい。 無いとなると! 欲しくなる。

Cimg9223

Cimg9222_2

Cimg9229_2

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

こんな事も出来ない、、、

この春も、花の着きが良かったオンシジュウム。  何年も前に一鉢頂いて、

何時の間にか、七鉢の大所帯になっている。 そろそろ花がお終いに。

寒い間は日の当たる部屋のガラス戸越しに。  今の時季からは木陰に置く。

ロウバイと柚子の木陰が夏から秋にかけての指定席になっている。

今年も動かす時季になってきたけど、自分で出来ない事は百も承知。

自分で世話が出来ないならやらなきゃいいのに、、、 とは云うものの。

もう、移さないと新しい芽が伸びてきている。  お願いします。移してね。

Cimg9220

Cimg9219_2

Cimg9218_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新葉を刈り落として

隣の茶畑との境にある在来種の一畝。  残り少ない貴重な在来のお茶。

自家製の釜炒り茶の為に夢中で手摘みしたのは、二十年も前の事。

当時は手摘みし易い形に剪定していたけど、、、  それも出来なくなって。

伸びる盛りのこの時季、見るに見かねて新葉を刈り落として呉れた。

Cimg8977

Cimg9205_5

Cimg8978_2

Cimg9208_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雑草とは云うものの、、、

薄闇の中に咲いている時のドクダミの白。 日の当たったそれより目に染みる。

移りゆく季と共に、白い花の後は、、、   これもなかなか風情のある姿。

伸びるに任せてある水瓶の周りの草の群れ。 ホトトギス、ミズヒキ等々。

姫檜扇水仙、植えた筈もないのに毎年増えて、、、 勢いを増している。

殆どの草に花が着くので、刈り取るのに忍びなく。 伸びるに任せて。

姫檜扇水仙のオレンジが目に付いてきている。 賑やかになりそうな!

Cimg9196

Cimg9200_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドジョウインゲン豆

育ち過ぎたドジョウインゲンが大きな笊に山盛り! これってサ、初物! 

葉っぱの陰に隠れていて、判らなかったけど、、、 と云う事らしい。

キュウリ、又採れたの? 昨日もその前のも野菜庫がキュウリだらけ。

隣の母さんに声を掛けたら、、、  明日は日曜朝市、インゲンを並べよう!と。

野菜庫のキュウリも、塩漬けしておけば、売れたのに、、、  残念!

月に一度、川根街道筋の広場でやる小さな朝市。 お客さんが待っている。

Cimg9194

Cimg9158

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

漬けても飲まない、、、

背戸の竹藪の傍にある一本の梅ノ木。 幹は苔が生えて、見るからに古木。

「梅伐らぬ馬鹿、、、」とは然り。  ここ数年、手入れもせず放りっぱなし。

梅ジュース、出来るかな?と両手に一杯の梅の実を採ってきた爺。

気の毒な程、小粒の出来損ないの梅の実。  出来ない事はないけど、、、ね。

川根街道まで行けば、氷砂糖売ってるよね!と早速出掛けて行った。

十年物の梅酒も何本か物置に手付かずであるのに、ジュースなんて飲む?

5㍑瓶の空いたのに種と皮だけの梅の実!と氷砂糖で漬込んだ。

梯子掛ければ、まだあるよ!と仰るけど、 もう結構です。

Cimg9183

Cimg9184_2

Cimg9189_2

Cimg9188_3

| | コメント (3) | トラックバック (0)

草木で染めて、手紡ぎの糸

染織、その気があっても儘ならず、手付かずの材料を少しづつ片付けている。

積み重ねてある茶箱、その一つを開ける。 羊毛草木染の紡いだ糸が、、、

カラッポになった防虫剤が幾つも入っている。 何時頃の仕事か忘れて。

少なくても二㌔以上はたっぷりある。  マフラーを織ったら、幾つも出来る?

足が使えなくては、織る事も出来ず、、、 太い鈎針で試しに編んでみる事に。

ひざ掛けでも出来れば、糸が日の目を見る!    これも手首のリハビリ。

Cimg9169

Cimg9162_2

Cimg9171_2



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チューインガム

何十年振り、、、  この歳になってガムを噛むなんて、思ってもみなかった。

以前に、胃の調子がオカシクなった時、友人がガムを噛むといい!と。

その時は、出鱈目云うなと聞き流して、、、、DR が軽い薬を処方して下さった。

一日、一粒だけ飲んだり飲まなかったりで、お蔭で胃の調子は治まっている。

先日、薬剤師さんとおしゃべりの中で、ガムを噛む事を勧められて、、、 

咀嚼する事で消化酵素の働きが活発になったり、脳が活性化する!と仰る。

認知症の予防?にも、、、 高齢者には、お勧めの「ガム噛み」 との事。

早速、試してみる事にして、、、、コンビニのレジの傍にあって、選ぶのに迷う。

夕食の片付けが済み、落ち着いた処で試してみる。 日中は少々抵抗あり?

Cimg9159

Cimg9161


| | コメント (4) | トラックバック (0)

キュウリもナスも程々に

キュウリが採れ始め、毎日採らないと育ち過ぎて、オバケキュウリ!になる。

うっかり見落とすと、、、、瞬く間に30㌢のオバケになってしまう。

生野菜のサラダに刻んで、一本もあれば充分。箸休めの酢の物も一本あれば。

野菜庫には溜まったキュウリがドサッと。  大量消費を考えないと増えるだけ。

毎年作るピクルスも、食の細くなった年寄りには、重荷になっている。

それでも、、、時季が来ると植えたくなるらしい。 キリギリスじゃ、御座いません。

ホラ、見てごらん! ナスの紫の花が!  ナスの大量消費も考えなくちゃね。

ご近所、皆さん似たりよったりで、、、、今夜のキュウリのメニューは何にしようか。

Cimg9144

Cimg9145_2

Cimg9158_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金陵辺がおかしい?

東洋ランの金陵辺。  花が終わって何時もなら新しい芽が出る筈なのに。

入梅の頃になると数本は必ず新芽が出てくる時季。  それが一本も出ない。

今年は植え替えないと、去年も植え替えられずに気に掛かっていた。

蜜蜂の訪れも少なかったし、これも今年の異常気象が災いしているのかも。

それにしても、一本も新芽が出ないなんて、オカシイ事。 これから出るのか?

何とかして、植え替え無くてはダメ。  忙しい方にお手伝いを頼まなくては!

Cimg9149

Cimg9146_2

Cimg9147_3

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メダカが食べられちゃうよ!

昨日、、、  鶯とホトトギス。それに蛙たちの大合唱が続いて!!!

案の定、今朝はホテイ草の真上の柚子の枝先に泡の塊が出来ている。

このままだと、卵はしっかり甕の中に落ちて、、、子メダカが餌食になってしまう。

自然の営みに、余計な事するな!と何処かで誰かが仰っているかも???

直ぐ傍の繁みで、朝から鶯の澄んだ声が、、、姿は見えないけど近くに居る。

Cimg9132

Cimg9131_2

Cimg9129_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

見えないのは困る

老眼鏡。  強いのやら弱いのやら、あちこちに置いてあるけど。  

パソコン用は勿論、土間のテーブルに二つ、お勝手に、作業場の机にも。

何時も着けている眼鏡のレンズの片方がポロリと外れて、上手く入らない。

行きつけの眼鏡店は大井川を渡って遠州側の隣町に。 行って貰わないと!

今朝は小雨模様。「夜と雨降りは運転しない」方にお願いする。

ヨチヨチ歩きで、耳は聞こえず、、、その上、目が見えずではお話にならない。

お店の親父さんが云うのには、「修理に出すと数日、同じ型のフレームなら」。

同じ型の色違いに付け替えて貰って、、、、 ALL TITAN の 日本製。

結構、いいお値段いたします。  ボヤケテいた景色がはっきりしたよ!!!

Cimg9124

Cimg9137_2

Cimg9138_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

鮎解禁、、、

伊久美川鮎解禁。  昨日六月十日。 何時もは無人の川。

放流はしても、大きな雨があると本流の大井川に流されてしまうらしい。

それでも解禁となると、朝から釣り人の姿がチラリホラリと見受けられる。

釣れているのかな?   オトリ小屋さん、当分の間は留守に出来ませんよ。

Cimg9108

Cimg9110




| | コメント (0) | トラックバック (0)

四葉のクローバ―?  かたばみ草?

母屋の入り口、コンクリの段に小さな小さなアリンコの長ーい行列。

目で追って行ったその先に八重のドクダミのプランター。 そろそろ咲き終わる。

ドクダミの葉っぱの陰にピンクがポツンと一つ???  傍に置いた小さな鉢。

ヒョロヒョロと茎の伸びた数本の四葉の中に一本の花茎!  蕾も見えて。

植えてから、増えもせず絶えもせず、、、、毎年葉っぱは気が付いていたけど、

ここ数年、花を見ない、、、 雑草のかたばみの園芸種? 四葉のクローバー? 

これも、西に住む仲良しさんからの贈り物。  何年経つか。

Cimg9100

Cimg9106

Cimg9102



| | コメント (2) | トラックバック (0)

足首が、、、

野良ニャンの缶詰が残り少なくなって、そろそろと思っていた矢先に、

電球の買い置きが無いのでコメリへとの事なので、便乗する。

カリカリに一箸だけ混ぜてやれば、それで気が済むらしく、、、  贅沢ニャン!

作業衣類の売り場にある五本指の木綿の靴下も序にレジへ。 一組五足。

履口のゴムがしっかりしているので、そのまま履くと足首が浮腫んでしまう。

丁寧に解いて、ゴムを抜かないと履けない。 自分の足首が太いのかも?

Cimg9098

Cimg9095_2

Cimg9097_2

Cimg9096_2




| | コメント (2) | トラックバック (0)

草刈り当番

部落の道路の草刈日。年に二回、部落が半分に分かれて交代に作業をする。

一組から七組までに分かれていて、我が家は七組。七軒の小さな組。

各人が草刈り機、釜、竹箒など持参で、峠から県道の道端などを清掃する。  

七組は峠から県道迄の長い坂道の枝払い、草刈り、側溝の掃除をやったらしい。

缶ビールとボトルのお茶が配られて、、、三時間半。  お疲れ様でした!

Cimg9080_3

Cimg9077_3

Cimg9081_4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

来年も待っているよ!

お湿りがあってか、途絶えていたモリアオガエルの鳴き交わす声が賑やか。

翌朝、甕の傍の草叢に大きな泡の塊が二つも出来て、、、 

早速、無事にオタマジャクシになるようにと、盥に被せた網に移している。

盥の中で大きくなったオタマジャクシは蛙になって山へ向かったらしく、

盥にはまだ小さいのが沢山居るとの事。 新しい泡も無事に孵るといいけど。

沢山のオタマジャクシ、蛙になって何匹が無事に山まで辿り着くだろう。 

来年も賑やかな声を聴かせて欲しい。   待っているからね。

Cimg9060

Cimg9056_2

Cimg9057_2

Cimg9062_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勉強不足???

昨夜からパソコンのご機嫌が悪くて、、、   ローマ字が仮名文字にならず。

どうやってもダメ。 彼方此方動かして居たら、先程パッと直って、、、???

取扱い説明書見ても、VISTAの入門書読んでも、チンプンカンプンお手上げ!

コメント頂いてローマ字でお返事したけど、お判りになったかしら?  

何処をどうしたら治ったのか、、、勉強不足?!?、 買い替えの時期かも?

 Cimg9011

Cimg9017

Cimg9014



| | コメント (3) | トラックバック (0)

本降りになって

天気予報が的中。 明け方から待望の本格的な降りになってくれた。

大向うの稜線が本降りになってくると、まるで見えなくなってしまう。

樋から溢れる程の雨脚。 夏野菜も一息つき、枯れかかった沢も助かった。

鮎オトリ小屋の沢が枯れたら、この十日が伊久美川の解禁なのに困ってしまう。

萎れかかていたアジサイも活き活きとなってくれたので、壺に入れて。

Cimg9050

Cimg9048

Cimg9055

| | コメント (2) | トラックバック (0)

切れ味は最高!

お茶農家だった先住者は、今迄使っていた農機具類を殆ど置いて行かれた。

その中にお茶を根元から伐る時に使うのか、長い柄の着いた剪定鋏があった。

厚いしっかりした刃は変わった形をして、、、、 両腕で支えて伐るらしい?

傍にあった雑木の枝で試して、、、 余り力を使わずに伐れて、切れ味は抜群。

以後、細い枝より少し太めのものを伐るのに、、、 昨日も久振りに使ってみる。

去年も手を入れてないロウバイ。 一センチ以上も太く育ってしまった枝も楽に。

長い間、使われて、、、 まだまだ、我が家で重宝してますよ。 先住者さん!

Cimg9042

Cimg9025_4

Cimg9033_3

Cimg9032_2

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バッサリ伐って

此の処、剪定が出来ずに伸び放題になっているアセビやロウバイなど。

忙しい方には頼んでも、後回しにされるだけ。  日増しに鬱蒼としてくる。

気になって、、、  遂に我慢できずに出来る処までと、腰を上げた。

大きな剪定鋏を持ち出し、去年今年で伸びて太くなった枝を落とす。

立ち仕事、、、 出来る筈なく、傍の木工作業台に座って届く範囲だけ。

それでも切り落とした枝が山になって、隠れていた石灯籠が現れてくれた。

切り屑の処分は、申し訳ないけど、、、  お手数掛けますね。

Cimg9021

Cimg9019_2

Cimg9020_2

Cimg9029_2




| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »