« 咲かせるのも枯らすのも自然にお任せ | トップページ | 一匹だけしか、、、 »

新茶の香

南アルプスの麓の本川根。 只今、お茶の最盛期。 静岡では一番遅い。

お茶問屋へ出荷する前のお茶農家が揉んだお茶が出来てきた。

荒茶と云って、棒も粉も抜かない混ざりけのない山茶。  毎年お願いする。

5㌔が大きな袋で一個、どんと届く。  一年分の飲み料を纏め買い。

小さな袋に脱酸素剤を入れ、小分けして、一年分を保存している。

近頃は急須でお茶を飲む人が少なくなったと、、、そんな話が聞えてくる。

ペットボトル愛好家が増えているのかもしれない。 新茶の香は嬉しい!!!

Cimg8955_2

Cimg8954_2

Cimg8960_2






 

|

« 咲かせるのも枯らすのも自然にお任せ | トップページ | 一匹だけしか、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140867/61644785

この記事へのトラックバック一覧です: 新茶の香:

« 咲かせるのも枯らすのも自然にお任せ | トップページ | 一匹だけしか、、、 »