« 桜の後は、、、薔薇? | トップページ | 金陵辺が好きな日本蜜蜂 »

竹と木の器展

樵の女房から作品展のお知らせ。 静岡市内の画廊で。本日初日。

ちょっと遠いけど、、、 同行をお願いする。久し振りの遠出。お疲れ様!

Cimg8656

作家よリ早くギャラリーに到着。落ち着いた感じのいい空間。

Cimg8661

Cimg8667_2

静岡、お浅間さまの住宅にあるギャラリー。 ちょっと迷子になる。

Cimg8669_3

作品の材料は、樵が伐りだしたケヤキ、桜など。   桜の古木、参考に置いて。

Cimg8668_2

Cimg8671_2

初日の事とて、開店と同時にお客さんで、作者との対話もままならず。

Cimg8672_2

小さなお茶碗と、、、 竹の鍋敷き、箸置きを包んで頂く。

Cimg8673

Cimg8678_2

Cimg8680_2

|

« 桜の後は、、、薔薇? | トップページ | 金陵辺が好きな日本蜜蜂 »

コメント

竹の鍋敷き、壁飾りにもなりそうですね、クリスマスにはモミの木を挟んで、正月には稲穂と松を挟んでと、勝手にデザインを楽しみました。

投稿: 谷間のゆり | 2015年5月 3日 (日) 15時07分

谷間のゆり さん

塗りのお盆に乗せて使うのにはちょっと、、、気になります。
熱が伝わり過ぎて塗りが剥げるかも?
流石!一子ばぁばのお考えに大賛成です。

投稿: | 2015年5月 3日 (日) 16時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140867/61527421

この記事へのトラックバック一覧です: 竹と木の器展:

« 桜の後は、、、薔薇? | トップページ | 金陵辺が好きな日本蜜蜂 »