« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

最後の綿毛

雑草が生い茂っていた家の周りを刈ってくれて、少しすっきりとなった。  

その前に一つだけ残っていた最後の咲き終わったタンポポを摘み採る。

あまり大きくないけど、瓶の中で綿毛が綺麗に開いてくれた。

100円ショップで見つけた小さなガラス瓶。  ビーズも一瓶100円也。

綿毛が開いた時に丁度ピッタリの大きさなので、10個程購入。

残った瓶は又来年のお愉しみ!  川岸の土手に咲く大きいタンポポの為に。

Cimg8974

Cimg9005

Cimg9004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い出せなくなって、、、

菜園と路の境に数本挿し木して何年経つ? 低い垣根の丈に刈り込んでいた。

此の時季になると一重の黄花が開いて、賑やかになる。 よく見かけるけど!

剪定せずに、、、  今年も伸び放題に伸びて背丈より高くなり、咲き始めた。

さて! 名前が出て来ない。  近頃、物の名前が判っている心算なのにダメ。

物の名前ならナントカ誤魔化せるけど、、、人様の名前が出て来ないのには!

遂にやってきたかナ?  体は動けず、認知症になったら、、、、 どうしよう!

この花の名前、まだ思い出せない。 爺に聞くだけ損。花の事はご存じないから。

Cimg8996

Cimg8995_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今でもちゃんと使えます!

永年の積み重ね。 やっとその気になって整理することにして。

何で取ってあったかと思う資料類。 宛名があるものは細かく裂く。

その中から出てきた使いかけの切手。  茶封筒に入って1960年頃のもの。

今年は2015年。  50年は経っている代物!  お年玉切手も数年ある。

未だ探せば何処かにハガキも切手もある筈。 そのうちに出てくると思う。

ここ数年パソコンを使い始めるまでは、、、、古巣でもこの山家へ移り住んでも、

郵便局さんには、お世話になっている。 最近、ポストには通販のDM が殆ど?

この切手、今でもちゃんと通用するけど、封筒に張ったら宛名が書けるかナ。

Cimg8990

Cimg8993

Cimg8992

Cimg8994_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オタマジャクシ

水瓶の周りで賑やかに鳴き交わしていたモリアオガエル達が静かになった。

卵を産みつけてある泡を安全な場所に移して、、、、そろそろ卵が孵った頃。

草叢に置いた盥に網を被せ、卵が孵ってオタマジャクシは水中に落ちる仕掛け。

覗いたら、盥の中には、居る居る!  大小、様々。 とても数えきれない。

そろそろ足が生えそうな大きな連中も居て。  間もなく蛙になり山へ帰る筈。

Cimg8972

Cimg8968

Cimg8970

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一匹だけしか、、、

常連タヌ公。物怖じしないタヌとその後に隠れるように遠慮しがちなタヌ、二匹。

ここ2,3日、、、 朝まで餌が残っていたり、一匹しか来なかったりで、オカシイ。

陽が伸びて、五時ではまだ明るいけど、餌係のおじさんはせっせと用意なさる。

何処かで見ていたのか、直ぐにやってきたのは、、、 物怖じしない方が一匹。

馴れたもので、周りを見ながら綺麗に残さずに食べて茶畑の中に消えた。

ガラス戸越しに何メートルも離れてシャッターを押して、、、 こっちが見えるの? 

Cimg8933

Cimg8920_2

Cimg8932_2

Cimg8938_2

Cimg8935_2





 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

新茶の香

南アルプスの麓の本川根。 只今、お茶の最盛期。 静岡では一番遅い。

お茶問屋へ出荷する前のお茶農家が揉んだお茶が出来てきた。

荒茶と云って、棒も粉も抜かない混ざりけのない山茶。  毎年お願いする。

5㌔が大きな袋で一個、どんと届く。  一年分の飲み料を纏め買い。

小さな袋に脱酸素剤を入れ、小分けして、一年分を保存している。

近頃は急須でお茶を飲む人が少なくなったと、、、そんな話が聞えてくる。

ペットボトル愛好家が増えているのかもしれない。 新茶の香は嬉しい!!!

Cimg8955_2

Cimg8954_2

Cimg8960_2






 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

咲かせるのも枯らすのも自然にお任せ

薄雲が掛かっているけど、晴れの日和。  日に日に雑草の伸びが激しい。

メダカの甕を見下ろして背高ノッポのドクダミ。 八重のドクダミも今が盛り!

絶えてしまったと思っていた四葉のクローバー数本。 日の当たる場所に置く。

聞いた処によると、、、  今年のタマネギは何処でも不作らしい。

街道筋に並ぶ無人販売にも今年は新タマネギが一つも出ていないとの話。

出来損ないは、我が家だけではなかった!   これも気象の悪影響?

Cimg8918

Cimg8915

Cimg8914

Cimg8919




| | コメント (4) | トラックバック (0)

出来損ない!

収穫したタマネギ。 出来が悪くて、、、 捨てる方が多い。

手を掛けて育てたものがこんなオカシナモノでは余りにもお気の毒。

「出来損ない」タマネギ、、、、  いいとこだけ使って!と仰るけど。

周りが溶けていたり、芯がカチカチで、、、  オカシナタマネギ。  

捨てる方が多くて、使いものになるのが殆どないかも?

新タマネギの美味しい時なのに、、、、  こんなタマネギは見たことがない!

Cimg8888

Cimg8892


| | コメント (0) | トラックバック (0)

蜜蜂が来ないけど

盛りが過ぎた金陵辺の花を剪定する。 今年は殆ど蜜蜂が寄って来ない。

咲き始めの頃に十数匹の群れが花の周りを舞っていたのを見ただけ。

偶に二、三匹の姿はあったけど、、、 こんな事は珍しい。

鮎のオトリ小屋の親父さんの云う事には、今年はどの箱もカラッポ!だと。

小屋の裏山に幾つかの巣箱を置いて、毎年美味しい蜂蜜を届けてくれるのに。

我が家から根分けした金陵辺が花を着けたと云うのに寄って来ないのかナ?

日本蜜蜂の数が減ってきている、、、とは専門家の意見を耳にした事はある。

背戸に置いてある巣箱は、此処何年もカラッポ。 他の虫の住処になっている。

Cimg8875

Cimg8876_2


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドクダミの花

先月、株分けして植え替えた八重の花が咲くドクダミが開き始めた。

周りの枝や雑草と同じに丈ばかり伸びて、花が付くかと気に掛かっていた。

蕾の時には並のものと変わりがなかったけど、開き始めたら花弁が重なり、

見事に真っ白な八重の花が咲いてくれた。 葉っぱの形は一重のものと同じ。

生まれ育った横浜の小学校でのクラスメートさんから頂いて大切に育てている。

Cimg8872

Cimg8877

Cimg8881_3







| | コメント (0) | トラックバック (0)

牧場へ!

デンマーク牧場から牛肉出荷のお知らせが届いた。 おまちどーさま!!!

永年、牛肉だけは牧場育ちの肉だけで、無くなれば牛肉は無しで過ごしている。

此の処、爺婆共に食が細くなり、、、今迄のように沢山は注文出来なくなって。

必ず焼いていたローストビーフ、二㌔は最高の部位を選んで貰ったけど

今回はお断りすることに。  ステーキにするサーロインは勿論お願いする。  

キドニ―だけは、、、  いつもオマケで頂いてしまう。

皆で羊毛の作業をしていたオンボロの牛舎。 牧場の人達が待っていて!

久し振りに、おしゃべりの一時を愉しめた。  羊たちにも会えたし、、、ね。

覚束ない動きだけど、声だけは変わらないよ!と。 又会いたいからね!と。

当分、美味しい牛肉を愉しめる。 ストッカーで急速冷凍しなくちゃいけない。

Cimg8858

Cimg8862

Cimg8859_3

Cimg8865_2

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

花の名は、、、

昨夜遅くに降り出した雨。 降ったり止んだり、、、ハッキリしない空模様。

雨露が乾かず、ヨロケテ歩くとびしょ濡れになるので、椅子に座っているだけ。

玄関先に、海芋の後にファーマーズマーケットにあった洋花!を入れてみた。

銘柄? 出品者のラベルには花の名前がなく、「生花」とだけ記されて。

よく見かける花だけど、アストロメリアと判明。 隣のかあさんも咲かせたとか?

長持ちする花で知られているとの事。活けて何日目? 未だしっかりしている。

この陋屋には、あまり似合わないけど、、  マァ、いいか。  賑やかな花。

Cimg8848

Cimg8820_2

Cimg8821_2

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

これも手先のリハビリ?

材料に使っていた繊維類、少しづつ処分をと。 絹、木綿、羊毛の布や糸等。

手始めに傍の棚にあった箱の中に、ウールの織り染めフェルト其々の見本帳。

羊毛を染める度のサンプル、何十年分も溜って、、、化学染めも草木染もある。

取り出してみたら、繊維が弱ったか虫食いか、ちょっと引っ張ると切れてしまう。

一色1メートルの長さになっていて何十色あるか。 中には切れないのもある。

切れないのだけを纏めてみたら50gほど。鈎針を使って端から編んでみた。

骨折手首保護の為に、指なしの手袋が編み棒のお蔭で瞬く間に出来上がる。   

編み上がりを、縮絨してみたら、、、 捨てたものじゃない。 拾いもの!

Cimg8833

Cimg8811

Cimg8826

| | コメント (2) | トラックバック (0)

伸び過ぎじゃないかナ?

今年の大気不安定が災いしてか、樹の枝やその辺の雑草の丈の伸びる事!

馬酔木もロウバイも伸び過ぎて、大向うの稜線が見えなくなってしまった。

四つ置いてあるメダカの甕が殆ど草の中に埋もれてしまう始末。

伸びた雑草の中にドクダミがヒョロリと顔を出して、蕾が付いている。

一㍍近く丈のあるドクダミ。 ホトトギスも葉っぱばかりが目立つけど咲くかナ。

Cimg8827

Cimg8829




  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甕の真上に

昨夜来の雨が上がって曇り。  朝から蛙の合唱が賑やかなこと。 

雨に濡れた柚子の枝に数匹の蛙が重なり合っているのを見つけた。

暫くして、、、 覗くと蛙は居なくて枝の間に大きな泡の塊が出来ている。

泡の真下には、小さなメダカが数匹いる甕が。  そのままで移す必要無し。

Cimg8815

Cimg8817

Cimg8818

Cimg8819


| | コメント (0) | トラックバック (0)

モリアオガエル

水甕の周りで、数匹が賑やかに鳴き交わし始めて、モリアオガエルの産卵期。

水場の真上の枝に泡に包まれた卵を産み付けるのだけど、残念!剪定済み。

泡の中で孵ったオタマジャクシは、真下の甕に落ち、数日で小さな蛙になり、、、

山へ向かって行く。 モリアオガエルは木の上に巣があるらしい。

甕の脇の伸び放題の雑草の間に二つ。 泡の大きさは掌に乗る15㌢大程。

このままだとオタマジャクシに孵っても、水溜りが無くて皆ダメになる事は確実。

毎年の事とて、水を張った盥に網を置き、その上に泡を移してやっている。

今年は、草の伸びが激しくて、メダカの鉢も睡蓮鉢も草で埋もれてしまった。

Cimg8804

Cimg8805

Cimg8806_2

Cimg8807_2

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

手首のリハビリ、、、

朝食後のひと時、昨日の夕刊も一緒に届く新聞を広げるのが習わし。

二部ともなると、ざっと目を通しても結構讀みでがある。   

その中で、エコバッグに使えそうなデザインの頁をチェック。 1頁あるか無いか。

朝刊の広告頁にあった一枚を抜き出して、バッグが一つ出来上がった。

二枚重ねて袋を作り、持ち手をつけて出来上がり。  こんなの如何かな?

Cimg8791_2

Cimg8794_4

Cimg8796_5

| | コメント (2) | トラックバック (0)

老人向けスマホ

新聞の広告に入っていたチラシに引っかかった方が居て、、、ね。

携帯電話も使い切れないで、車の中に入れっぱなし。 それなのに、、、ね。

覗くだけの心算が、ドコモ窓口の美人さんの口車に乗せられて?

流行の年寄り向けスマホを手になさって、戻って来られた。   

さぁ、動くのかしら? 沢山の取扱い説明書と首っ引きしているけど大丈夫?

今迄のより一回り大きいので持ち難そう。当分、玩具で遊ぶみたいになるかも。

どうせ又、車の中に置きっぱなしに?  婆は、今使っている携帯で充分。

Cimg8780

Cimg8783

Cimg8782

Cimg8787




| | コメント (6) | トラックバック (0)

タンポポ綿毛

綺麗に開いたタンポポの綿毛。  風に吹かれても、壊れないのが不思議!  

採るタイミングが少し早いと、、、 何時まで経っても開かない? 

花の盛りは過ぎ、周りの雑草に埋もれそうになって葉っぱが背伸びしている。

Cimg8747

Cimg8748_3

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

五月晴れ

五月晴れ!  風が少しあるけど爽やか! 自生のアヤメが時を心得て。

蜜蜂の好物、金陵辺が精一杯咲いているのに、蜂の姿が一つも無いけど?

咲き始めの時に群れて来ただけで、その後は余り見かけなくなっている。

嗜好が変わったか、いい餌場を見つけたか、、、、  蜂も贅沢になったのかも。

Cimg8754

Cimg8763

Cimg8764_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

縄張り争い

治ったと思うと、、、又やってきたらしい。  やられっぱなしの訳がない?

相手も猫パンチを受けて居る筈。 縄張り争いの傷が絶えない野良ニャン。

今回は浅い傷。 二日もすれば治ってしまう。  目の上と頬っぺた。

耳の後ろの毛が生えて来ないのは、、、 重症の名残。 

お宅のネコにやられた!と被害届が来るかも。 元野良ネコは強いらしい。

Cimg8752

Cimg8397_4

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海芋、ふたたび!

先日、アジサイを衝動買いして持ち帰ったその日のうちに、新しい海芋が!

忙しい仕事の合間に菊川から一抱えもある瑞々しい海芋を届けてくれた人。

これから又仕事場へ行く!と早々に戻って行かれた。 唯、唯、感謝のみ。 

ご自宅の田圃では、まだまだ花盛りと。来年は田圃に咲く処を是非拝見したい。

囲炉裏の間の窓際、音冶氏作の器に馴染んで見事。  日毎に飽かず眺めて。  

Cimg8714

Cimg8718

Cimg8744

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ミカンの花が、、、

駐車場は満杯。 入る余地なし。 連休明けで混雑は覚悟の上!

皮膚科の薬が無くなるのが判っていたのに。  待合室は二十人超えて。

それでも、お昼前には帰宅出来て、やれやれ、お疲れさんでした!

街中を過ぎて大井川沿いの部落に、ミカン栽培の盛んな処がある。

街道沿いのいたる所に、無人販売が出て。 今は夏みかん類が山盛り。

ミカン畑の真ん中を車で通ると、ミカンの花が咲き始めて、好い香りで咽る程。

半年後に、早生ミカンが無人スタンドに溢れる時がくる。 小粒の早生は最高!

残念だけど、、、 山の部落になると低温の為に、ミカン類は育たない。

Cimg8727

Cimg8734_2

Cimg8738_2

| | コメント (8) | トラックバック (0)

作品展示

この三年、すっかりご無沙汰してしまった山姥の作品展。

今になって思うと、、、毎年か一年置きに展示した作品。  よくやった!と。

何方かが作ってくれたCD。 久し振りに映像を覗いてみる。 

東京に移られてしまったギャラリー「土泥棒」さん。 何度か拝借したっけ。

作品展の初日、、、あの雰囲気を思い出させてくれた「山の仕事展」。

Cimg8693_3

Cimg8703

Cimg8701_2

Cimg8708

Cimg8707_2

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

金陵辺が好きな日本蜜蜂

好天気に誘われて、春蘭の仲間、金陵辺の蕾が開き始めた。

早速、やってきた日本蜜蜂。 数匹が日の当たった花の周りを旋回している。

見る間に増えて二十匹ほどが辺りに飛び交い、、、難聴でも羽音が聞える。

蜜蜂の好物、金陵辺。 移り住んだ時、庭の隅にあった鉢を運んできた。

ヨコハマの海辺には日本蜜蜂が居なかったかも? 気付かなかっただけ?

最初に、女王蜂を囲んで数えきれない程の大群の蜂の塊を見た時はびっくり!

日本蜜蜂飼育家達に株分けしている金陵辺。  今年は大群が来るかナ?

陽が陰ってくる頃になると、一匹も居なくなってしまう。 近くに巣があるらしい。

Cimg8660

Cimg8691_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竹と木の器展

樵の女房から作品展のお知らせ。 静岡市内の画廊で。本日初日。

ちょっと遠いけど、、、 同行をお願いする。久し振りの遠出。お疲れ様!

Cimg8656

作家よリ早くギャラリーに到着。落ち着いた感じのいい空間。

Cimg8661

Cimg8667_2

静岡、お浅間さまの住宅にあるギャラリー。 ちょっと迷子になる。

Cimg8669_3

作品の材料は、樵が伐りだしたケヤキ、桜など。   桜の古木、参考に置いて。

Cimg8668_2

Cimg8671_2

初日の事とて、開店と同時にお客さんで、作者との対話もままならず。

Cimg8672_2

小さなお茶碗と、、、 竹の鍋敷き、箸置きを包んで頂く。

Cimg8673

Cimg8678_2

Cimg8680_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

桜の後は、、、薔薇?

花が落ちて、すっかり葉桜になった牡丹桜。 葉っぱの陰から鶯の声。

葉っぱの着いていない枯れ枝が目に付く。 来年の花はどうなる事やら?

ポカポカ陽気のお蔭で、、、 モッコウバラが蕾から三日もしたら満開に。

古巣の庭からの一枝の挿し木が何時の間にやら、こんもりと大きな株に成長。

数年前にご近所に差し上げた一枝が今年も垣根を賑わして!と報告を貰う。

丈夫で手の掛からないモッコウバラ。 棘は無く、匂いもしないけど、、、薔薇?

Cimg8650

Cimg8654_2

Cimg8633_2



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »