« 土砂降り | トップページ | 増えてほしいシャガ »

甘夏の時季

この辺りでは気温が低くて栽培していない。 街への途中にある下の部落で。

街道に面した庭先に置いた無人販売の甘夏。  今は紅甘夏を並べている。

何時もお願いするミカン農家。  今年はこれが最後、10キロ頼んであった。

友人に差し上げたり、一年分のマーマレードを煮たりで、甘夏はよく使っている。

毎朝のデザートに、喉の渇いた時などにも。  水気、酸味、甘みはたっぷり!

今も、直ぐに手の届くテーブルの上に、ムッキーちゃんと一緒に転がしてある。

Cimg8541

Cimg8548

Cimg8564

|

« 土砂降り | トップページ | 増えてほしいシャガ »

コメント

夏みかん!の季節ですね。
早いものはいくらでもありますが、
今は何でも季節感がなくなってきているので、
食べたくなってくるのが、旬でしょうか?cat

投稿: ゴッドばあさん | 2015年4月21日 (火) 15時34分

ゴッドばあさん さん
こんばんは!
夏みかんが終わると、いよいよお茶が始まります。
今年の異常なお天気続きで、お茶農家は気を揉んでいます。
もう、遅霜の心配はないと思いますけど。
下の暖かい地区はお茶摘みが始まりました。
この辺りは5月の連休辺りからでしょう。
一番茶が勝負!ですから、大気不安定は困りものです。

投稿: | 2015年4月21日 (火) 19時30分

夏も近づく八十八夜と歌ってしまいました。
でも八十八夜の忘れ霜?(違っているかもしれません)と祖母が時々言って居ました。
祖母は明治元年生まれ字を読めない人でしたが、料理上手で時々つぶやく諺が今でも役に立っています。

投稿: 谷間のゆり | 2015年4月23日 (木) 09時58分

谷間のゆり さん
こんばんは!

八十八夜の、、、  お茶農家が一番恐れているのがこれです!
もう、大丈夫と思っていても、今年のオカシナ空模様では安心出来ません。
ちょっと霜?かな???と思っている傍から陽に当たると緑の新芽が茶色に変わってしまう。泣いても泣ききれないとは此の事です。
言い伝えられてきた諺、どれもこれも的を得ていますね。

投稿: | 2015年4月23日 (木) 19時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140867/61472903

この記事へのトラックバック一覧です: 甘夏の時季:

« 土砂降り | トップページ | 増えてほしいシャガ »