« 眼がオカシイよ! | トップページ | 雲の多い一日 »

貴重な切り株

ご近所から、庭先にあった古い木を日当たりを良くするとて伐ったのでと。

一抱えもある太い古株。 薪に貰い受けて何回も往復して運んだのは去年。

薪小屋に入り切れずに作業場の前に積み重ねてある。杉か檜の針葉樹。

先程、割った中に変わった木目の一株。 余程古木にならないと出来ない?

焚いて灰にしてしまうのには忍びなく、何かに加工して残せたら、、、

Cimg7667

Cimg7670_3

|

« 眼がオカシイよ! | トップページ | 雲の多い一日 »

コメント

自然が作る模様には媚びない美しさが有るのですね。
祖父の家の床柱の黒柿の模様は今でも記憶に残っています。

投稿: 谷間のゆり | 2015年1月 8日 (木) 12時06分

谷間のゆり さん
子供の頃、住んでいた横浜の奥座敷の天井板がやはりこんな模様でした。
枝別れの処がこのようになるみたいです。
余程、古くならないとこの様にはならないらしいです。

投稿: | 2015年1月 8日 (木) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140867/60933509

この記事へのトラックバック一覧です: 貴重な切り株:

« 眼がオカシイよ! | トップページ | 雲の多い一日 »