« モリアオガエルのオタマジャクシ | トップページ | ジョリーさんのフェルトワークショップ »

薪小屋

梅雨に入り、大雨の予報があって薪小屋造りが慌ただしい。

屋根を乗せる処までで、一段落!  幸いにも大雨にもならずに。

擦りむいて腫れあがった片足を引きずりながらの作業が続いている。

雨の晴れ間を見ながら、慌てないでゆっくりやって欲しいけど。

Cimg6322


Cimg6324


  

|

« モリアオガエルのオタマジャクシ | トップページ | ジョリーさんのフェルトワークショップ »

コメント

本格的(失礼)じゃないですか。
素晴らしい小屋ですね。
我が家の爺は何もしないのですが、
今のベランダは作りました。
実は木型職人で今も働いていますが、
大工さんがびっくりしていました。
お互い大工賃が助かりますね?。
先日の怪我早く直りますように・・・cat

投稿: ゴッドばあさん | 2014年6月 6日 (金) 10時01分

古美術鑑定家中島誠之助さんではありませんが
「いい仕事
してますねえ 」、さすがの腕前です。
生き方上手な人生、羨ましく思いますし、田舎暮らしの
贅沢でもあると思いますね。
そして、薪で軟らかな湯に浸れる、これも贅沢です。本
物の人生の楽園でしょう。

投稿: 放念の翁 | 2014年6月 6日 (金) 17時05分

薪小屋を作ってらっしゃるのですか。

とっても羨ましい生活をしてらっしゃるのですね。 本格的な梅雨に入らないうちに、仕上がりますように。

この間までの暑さから、今日は肌寒い一日でした。

投稿: dolce | 2014年6月 8日 (日) 21時54分

ゴッドばあさん さん
見よう見真似のおっつけ仕事。
薪が雨露凌げれば、それで良し!
ご本人は大満足です。

投稿: | 2014年6月 9日 (月) 16時55分

翁 さん
薪のぬくもり、、、 何にも変えられませんね。
でも、歳と共に薪の調達が出来なくなります。
その時は、、、その時です。

投稿: | 2014年6月 9日 (月) 17時03分

dolce さん
隙間だらけの陋屋です。電気や石油ストーブでは凍えてしまいます。
これからの季節はとても凌ぎ易くて快適ですけど。
薪の調達が一苦労です。

投稿: | 2014年6月 9日 (月) 17時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140867/59767635

この記事へのトラックバック一覧です: 薪小屋:

« モリアオガエルのオタマジャクシ | トップページ | ジョリーさんのフェルトワークショップ »