« 蚤がいた! | トップページ | 箱入り野良ニャン »

犠牲になった姫緋扇水仙

梅雨も半ば。  姫緋扇水仙が咲き始めた。  植えた覚えはないのに。

雑草の中に毎年朱の色が映える。 今年は花が少なくなってしまった?

それでも、植え込みの下やメダカの甕の廻りだけに数本蕾が伸びてきた。

まだ蕾が出ない時にススキに混ざっていたものや叢の中のものが、

新鋭?の刈り払い機でみんな薙ぎ払われてしまったから!

刈り払い機の歯を外して、、、細いナイロンコード2本を付けただけ。

石垣の草を刈ったり、草の中の石ころがあっても、お構い無しの代物。

草なら少し堅くなっても、軽く薙ぎ飛ばしてしまう。 不思議な草刈機。

この道具、振り回す度に細かい切り屑が四方に飛び散るので要注意。

姫緋扇水仙、幾ら刈られても懲りずに毎年あちこちから生えて来る。

鮮やかな朱色は鬱陶しい今の時季には捨てがたい。

Cimg3464

Cimg3468 Cimg3429    

|

« 蚤がいた! | トップページ | 箱入り野良ニャン »

コメント

今朝も梅雨模様で涼しい日より、晴れれば猛
暑なのかもですが。

私も殆どがナイロンコードの自動繰り出し式
を使っています。
草をバラバラに、刈り後が綺麗です。

草払い機、背負い式の刃付きと使い分けです。
山の下刈りは回転の刃で刈りませんと。
ガハハハ

能率は手刈りの5倍以上?でしょうかね。

投稿: 放念の翁 | 2013年7月 4日 (木) 07時40分

翁 さん
午前中の土砂降り!  やっと治まりました。
久し振りに沢が物凄い音をたてて居ます。
これで晴れると草がボウボウになって、、、
幾らでもオモチャの使い道はございますね。

投稿: やまんば | 2013年7月 4日 (木) 14時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140867/57710626

この記事へのトラックバック一覧です: 犠牲になった姫緋扇水仙:

« 蚤がいた! | トップページ | 箱入り野良ニャン »