« 2013年6月 | トップページ | 2014年2月 »

キュウリと格闘?

キュウリが採れ過ぎて、消化しきれない。

一晩で5cmは伸びてしまうし、、、 2日も経つとお勝手はキュウリの洪水。

ご近所さん、何処でも作っているので、貰い手がいない。 ナスも同じく。

ピクルスでも作らないと、消化出来ない。 保存が効くので毎年漬け込む。

3日もすれば食べられるけど、毎日採れる生のキュウリの消化が先。

サラダにしても酢の物にしても、使うのは2,3本。  捨てる訳にいかない。

異常気象? 大雨になったり、30度以上の猛暑になったり、、、、

野菜も戸惑ってしまうのでは?    只今32度。

Cimg3510_2


Cimg3508_2


Cimg3514

| | コメント (8) | トラックバック (0)

カレーとナンのお店


小さな街の事、偶に出掛ける買い物の時にお昼をと思っても何も無い。

何処にでもあるチェーン店が国道際にポツポツあるだけ。

6月の始め、本屋の隣りに開店した「インド料理ガンジー」。

看板が出ていて、気にはなったけどその時は横目で見ただけで素通り。

先日、買い物の序でに寄ってみたら、、、、    本格派!

お昼時なので家族連れやカップルで。 お給仕は総て、インドの男性。

タドタドしい日本語でメニューの説明をしてくれて、、、、

カレーの辛さは甘口から辛口まで数種、野菜からマトン、チキンなどがある。

爺婆は小食故、マトンのカレー辛口、サモサ、タンドリーチキンとナンを頼む。

カリーとナンのセットには生野菜の盛り合わせサラダがついている。

焼きたての大きなナン、辛口のソースによく合って美味しい。

若い人なら一人で食べられる量かも知れないけど、サモサ一個はテイクアウト。

レジに居るのも、インドの男性だった。    街へ出る楽しみが出来た!

Cimg3389

Cimg3498_2


Cimg3496_2


Cimg3494
Cimg3497_3

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雨上がりに、、、

昨夜までの雨が上がって、緑がキラキラ輝いている。  久し振り!

キュウリ、ナス、モロッコインゲンの大収穫。  チョッと育ち過ぎて。

やられた!と喚いているけど、、、 赤くなり始めたトマトがやられたらしい。

夜明けを待っていて、上から狙っていたカラスの仕業。 電気柵は効果なし。

カラスがスイカを狙うのは毎度の事だけど、トマトを食べるなんて初耳。

食べている最中だったらしく、慌てて逃げていった、、、と。

相手が鳥では柵なんて通用しない。  袋でも被せる他、防ぎようが無い。

F1000015


Cimg3501


Cimg3499


Cimg3503


F1000017

| | コメント (1) | トラックバック (0)

蝿取り棒

五月蝿い! 七月蠅いとは言わない。    食事時にはとても気になる。

爺婆夫々に蠅叩きを手許にしながらのお昼ご飯は何とも忙しない。

確か蠅取りリボンが、、、、 何年も前に買ったのがあった筈と。

格好悪いけど無いより益し?   残念!古くて粘りが無くなっている。

ドラッグストア、蠅取りリボンは売り切れで、、、 傍にあったのが蠅取り棒。

リボンより目立たなくていいからと試しに使ってみた。

テーブルの端っこに置いて、、、  見ていても簡単にはタカってくれない。

丸一日、それでも2本の棒に数匹が張り付いている。  効き目あり?

ウッカリ、触ろうもんなら、、、   物凄い粘着力で簡単には剥がれない。

Cimg3458


Cimg3454


Cimg3455


Cimg3480

| | コメント (2) | トラックバック (0)

脱水なら、、、何でもお任せ脱水機

降り出したら、よくもマア飽きもせず、、、  何処もじめじめになってしまう。

修理に出した高速脱水機が戻って、洗濯物の乾燥には困らない。

お日様の力には敵わないけど、水乾きが早くて助かっている。

戻った中に同封の説明書に因ると、ブレーキとコンデンサーの交換と。

何でもご自分で修理なさる?方、最近の電化製品は流石に無理ですね。

この高速脱水機、洗濯物に限らず、使い方で何でも脱水してくれる。

但し、後の始末はシッカリとやらなくては、、、、ね。

Cimg3438_8

Cimg3437_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱入り野良ニャン

ゲリラ豪雨!!!   朝から渋々してたと思っていたら、、、 

アッと云う間の土砂降り。  大きなバケツをひっくり返したみたいな!

樋で受けきれないで、軒先は滝のような有様。  

びしょ濡れでやってきた野良ニャン。  オトナシク拭かせる。

残りのカリカリを食べて、、、姿が無い。 この降りに外へ出る筈も無く。

爺が云うのには、ダンボールの中に居ると。 入れてやったらしい。

部屋の隅に置いたウールが入ってたそんなに大きくないダンボール。

ニャンがダンボールに入るなんて見た事無い。 猫は箱が好きらしいけど。

あんまり、オトナシク出て来ないので,ソーッと覗いたら睨まれてしまった。

雨が止んだのに、出てこない。  余程お気に召したらしい。 

夕方、カリカリの催促で姿を現した。  勝手気侭な野良ニャン。

Cimg3486 Cimg3487  

| | コメント (6) | トラックバック (0)

犠牲になった姫緋扇水仙

梅雨も半ば。  姫緋扇水仙が咲き始めた。  植えた覚えはないのに。

雑草の中に毎年朱の色が映える。 今年は花が少なくなってしまった?

それでも、植え込みの下やメダカの甕の廻りだけに数本蕾が伸びてきた。

まだ蕾が出ない時にススキに混ざっていたものや叢の中のものが、

新鋭?の刈り払い機でみんな薙ぎ払われてしまったから!

刈り払い機の歯を外して、、、細いナイロンコード2本を付けただけ。

石垣の草を刈ったり、草の中の石ころがあっても、お構い無しの代物。

草なら少し堅くなっても、軽く薙ぎ飛ばしてしまう。 不思議な草刈機。

この道具、振り回す度に細かい切り屑が四方に飛び散るので要注意。

姫緋扇水仙、幾ら刈られても懲りずに毎年あちこちから生えて来る。

鮮やかな朱色は鬱陶しい今の時季には捨てがたい。

Cimg3464

Cimg3468 Cimg3429    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

蚤がいた!

いい塩梅に蚤取り櫛で梳いても居なかったのに。  1匹見つけた!

ワンコたちの蚤と違って、小さいから、見落としてしまいそう。

何処かの喧嘩相手から貰ってきたのかもしれず、増えたら面倒な事。

買い置きしてあった蚤取りの点滴薬、効けばいいけど、、、

誤魔化しながら押さえつけて首の肌に。  毛を掻き分けて液を点けたら、

ニャァと鳴いて凄い顔して睨み、逃げていってしまった。  

舐めたらいけないらしい。   蚤取り首輪の方がいいかも。

Cimg3462 Cimg3461 Cimg3460  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

蚊取り線香は効き目なし

昨夜。  日中は晴天ではないけど雨も無く、少し蒸してはいた。

夕食が済んで、、、 テレビで7時のニュ-ス、僅かの時間なのに。

その間に叩き潰したやぶ蚊。 試しに集めてみたら、、、

処かまわずに、たかってくる。 ズボンの上から刺した!と爺。

梅雨の晴れ間?だったから、蚊が出るかもよと予測はしてたけど、、、  

網戸なんて無い陋屋ゆえに、幾らでも飛び放題、刺し放題。

足元の蚊取り線香は幾つつけても、気休めだけ。  それが、、、ね!

不思議に夕方から宵の口にかけての2,3時間でバッタリ居なくなってしまう。

今夜もその心算で、、、   蚊には効かないけど蚊取り線香で咽そうだ。

Cimg3445 Cimg3452  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2014年2月 »