« 野草酵素、、、ダメかな? | トップページ | 裂き織布でスリッパを »

新茶が届いて

以前はこの地区の共同茶工場からの新茶を譲り請けていた。

近頃、流行の深蒸し茶の製法になり、、、、 好みではない。

本川根の奥で昔からのやり方で自家揉みしている農家を紹介されて。

その新茶が届いた。  荒茶。茎も粉も入ったままで見てくれは好くない。

古巣の友人達に頼まれたり、我が家の年間の飲み茶にしている。

5㌔の大きな茶袋を小分けにしないと! 500g、300gと100gに。

その為の「富士インパルス」のシーラー。 毎年、大活躍してくれている。

お天気のいい日を見計らってやらないと、お茶が湿気を吸ってしまう。

新茶のシールを貼った袋にお茶を量り、脱酸素剤を入れて封をすると。

袋の中の空気が抜けて、真空状態になり来春まで長期保存が出来る。

ウッカリすると脱酸素剤を入れ忘れて、、、 暫く経つと一目で判る。

やり直すか、缶に移し変えるか。 何れにしても間抜け仕事!

Cimg3243 Cimg3240 Cimg3245

|

« 野草酵素、、、ダメかな? | トップページ | 裂き織布でスリッパを »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140867/57530105

この記事へのトラックバック一覧です: 新茶が届いて:

« 野草酵素、、、ダメかな? | トップページ | 裂き織布でスリッパを »