« 傷の絶える間なし | トップページ | 貴重な意見広告で »

小さな精米機

玄米を戴いた。 農協の無人精米所でと思ったけど、、、、

その昔?使っていた家庭用精米機が納戸の何処かにある筈。

当時は農家からの玄米を、手間も惜しまず、苦も無く、、、、若かった!

今じゃとても出来ない業。  納戸の隅から爺が探し出してセット。   

大丈夫、毀れてない。 ちゃんと動いてくれた!

一度に二合程のお米。 一分搗きから三分と七分、白米まで搗ける。

七分搗きにして、、、  2㌔有るかな?  無くなったら又搗く事にしよう。  

久し振りに、搗きたてのご飯をご馳走になることが出来る。 有難う!!!!

Cimg3177_3 Cimg3178_2 Cimg3175

  

|

« 傷の絶える間なし | トップページ | 貴重な意見広告で »

コメント

わたしも実家は米農家ですが,精米はやはりスーパーまでいってやっていました。家庭用精米機なんてものがあるのですね!
おいしそうです!

投稿: 荒木 | 2013年5月30日 (木) 14時08分

荒木 さん
梅雨に入った途端に、今日は土砂降り!
農協の精米機は大きくて、、、
家庭用はその点少しづつ出来るのが取り得。
今はもっと手軽に出来るのがあるみたいですね。
形が古くて小さい割りに重いけど何とかなっています。
二日に一度2カップの炊飯。朝はパン、お昼は麺類、ご飯は晩だけなんです。
婆さんは食欲不振なのでお食い初めのお茶碗にちょこっとだけ。
それでも痩せないよ! あはは!

投稿: やまんば | 2013年5月30日 (木) 16時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140867/57483414

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな精米機:

« 傷の絶える間なし | トップページ | 貴重な意見広告で »