« おつり銭が溜まったら、、、 | トップページ | シッポが何か云ってるみたいだよ »

山茶の行方を憂う、、、

お茶刈りが始まった。  霜にやられた茶畑は一番茶が刈れない。

脇芽の出るのを待って、それを刈り取る事になる。 一茶半と呼んでいる。

今年もお茶作りを辞める農家が増えるだろうと、誰もが話題に。

山のお茶は下りより出るのが遅く、日毎に値段が下って採算が取れず、

ましてや後を継ぐ者のいない年寄りだけでは到底やりきれない労働になる。

手付かずで、一年荒らした茶畑は見る影も無く、、、  

数年後のこの辺りのお茶の行方を憂わずにはいられない。

Cimg2815 Cimg2817    

|

« おつり銭が溜まったら、、、 | トップページ | シッポが何か云ってるみたいだよ »

コメント

手間暇掛けて作った物が相応な収入にならず、口先だけ巧みな者が不相応な収入を得ているからでしょうね。

投稿: 谷間のゆり | 2013年4月28日 (日) 21時33分

いわゆる一次産業は次々に衰退をし、国土は
荒れるだけですよね。

我が家の山も荒れ放題で、先祖に申し訳がな
く思っていますが、もう財産ではありません。
この周辺の耕地、昭和一桁とともに消えてい
ます。

都会から嫁いで来た女性が、約4反の田圃を
耕して頑張っていますが、それが最後の田圃
です。

投稿: 放念の翁 | 2013年4月29日 (月) 06時06分

谷間のゆり さん
お茶農家泣かせの大きな問屋、あっちにもこっちにも倉庫をつくってます。
葉っぱがブレンドされてしまい、ホントに新茶?って、、、ね。

投稿: やまんば | 2013年4月29日 (月) 21時08分

翁 さん
手間隙かけて植林した人たちが云ってますね。
馬鹿らしくてやっちゃいられない!と。杉も桧も荒れ放題。
何軒もあった製材所がやっと一軒有るのみ。

雑木山の世話する人が居ないので、フジが綺麗に咲いてます。 

投稿: やまんば | 2013年4月29日 (月) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140867/57263221

この記事へのトラックバック一覧です: 山茶の行方を憂う、、、:

« おつり銭が溜まったら、、、 | トップページ | シッポが何か云ってるみたいだよ »