« 2013年2月 | トップページ | 2013年5月 »

日本ミツバチの大移動

キンリョウヘンの蕾が開きかかって、、、 日本ミツバチの大好物。

咲いたらやってくるかな?と思いながら、時々鉢に水をやっている。

今朝の事、物干し竿の辺りに分蜂した塊がやって来て暫くすると何処かへ。

大きな塊だったから、羽音がする筈だけど難聴婆には何も聞えない。

隣りの入り口の石垣に塊って、、、近所のオバサンや爺も覗き込んでいる。

蜂の塊りが物凄い羽音で飛んできて、女王蜂が石垣の間に落ち着いたらしい。

ミツバチに詳しい鮎小屋の大将に声を掛けて、、、、  どうしたらいいの?

巣箱を持ってきて傍に置いたけど、上手く入るか如何か。 女王蜂次第。

石と石の間の奥へ入ってしまった女王蜂。そんな所に落ち着いたらダメだよ。

Cimg2896 Cimg2897 Cimg2900

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シッポが何か云ってるみたいだよ

ポカポカ日差し。少し風があるけど冷たくはない。 日向が心地よい。  

外の作業台で長々と伸びている野良ニャン。暑くなると日陰に移動する。

ニャンがシッポを振るのは如何して?  ワンは嬉しいとシッポを振るけど。

声を掛けると振り向きもしないで、伸びたままパタンパタンとシッポを動かす。

此処に居るよ!と意思表示? 五月蝿いな!と?  そんな感じだけどね。

Cimg2838 Cimg2873 Cimg2867 Cimg2871

| | コメント (6) | トラックバック (0)

山茶の行方を憂う、、、

お茶刈りが始まった。  霜にやられた茶畑は一番茶が刈れない。

脇芽の出るのを待って、それを刈り取る事になる。 一茶半と呼んでいる。

今年もお茶作りを辞める農家が増えるだろうと、誰もが話題に。

山のお茶は下りより出るのが遅く、日毎に値段が下って採算が取れず、

ましてや後を継ぐ者のいない年寄りだけでは到底やりきれない労働になる。

手付かずで、一年荒らした茶畑は見る影も無く、、、  

数年後のこの辺りのお茶の行方を憂わずにはいられない。

Cimg2815 Cimg2817    

| | コメント (4) | トラックバック (0)

おつり銭が溜まったら、、、

スーパーのレジでモタモタするのが嫌なので、、、、

小銭があってもお札を出して、お釣りを貰ってしまう。

十円玉、五円、一円玉を空き缶に入れておき、少し溜まると郵便局へ。

貨別に分けてちゃんと包んで窓口へ出したら、、 分けなくてもいいらしい。

全部一緒でも、硬貨計算機がちゃんと夫々に分けて金額が判るそうな。

手で数えると、結構手間のかかるものなのにアッと云う間に数えてしまう。

餅は餅屋で、、、 計算機に任せた方が間違いがなさそうだ。

Cimg2814 Cimg2812

| | コメント (3) | トラックバック (0)

デンマーク牧場グリーンズフェアは5月三日!

デンマーク牧場のグリーンズフェアがやってくる。5月3日。

思うように動けなくなって、当日のお手伝いは出来なくなってしまった。

売店に置いてあったヒツジのマスコット。品切れらしい。 これなら出来る!

50匹もあれば、当日は何とか間に合うだろう。  ソロソロ届けないと。

ヨーグルトの試食用のトッピングに、ブルーベリージャムも持って行かなきゃ。

試食のカップにちょこっと乗せるのには充分。 2キロほど凍っている。

その位のお手伝いしか出来なくて、、、  当日は邪魔にならない様にするよ。 

Cimg2806 Cimg2742 Cimg2766 Cimg2767

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タンポポ綿毛が壜の中

タンポポって、キイロの花が終わると横になるのをご存知?

枯れ色になったキイロの花弁の後から続いて蕾んだ綿毛が顔を出す。

横になっていた茎が起きて棉毛が開いて、、、 風に乗って飛んで行く。

綿毛のドライフラワーにするのには、横たわっている時に摘み取るのがコツ。

摘み取るのが早いとなかなか綿毛が開かないし、、、 タイミング!

綿毛にハマッて、タンポポの株を見かけるとついつい覗き込んでしまう。

仮説社さんの「たのしい授業」に載っていたガラス壜入り。 これも愉しめる。

100円ショップにあった壜。 タンポポが大きくて中で開いたら窮屈そう!

Cimg2799 Cimg2798 Cimg2803   

| | コメント (6) | トラックバック (0)

何もかも大急ぎで

水温む。  メダカ達の動きが賑やかになってきた。

黒い連中は去年生まれも元気で数が増えているけど、ヒメダカは全滅して。

餌用のメダカを金魚屋で12匹200円で買って来た爺。去年は7匹100円。

弱ってきた八重の桜も懸命に花を咲かせて、、、そろそろ散り始めている。

崖の雑木に伸び放題に藤蔓が絡み、早くも藤色が目立ってきた。 

お茶もサクラもフジまでも、今年は何もかも急ぎ足。  例年より10日は早い。

Cimg0118 Cimg0119 Cimg0115

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ダニがいたよ!

朝の片付けが一段落して、、、  何処で見ているのか傍にやってくる。

梳かすのが習慣になってしまったらしく、気持ち良さそう。 

爺が来て、撫でてくれたら何? 毛の中にダニを見つけた!

血を吸って、コロコロになって、肌にシッカリ食いついている。 

毟って捕り潰したけど、地肌が傷になっている。 痒かっただろうに。

梳かした時に、気がつく筈なのに見落としてしまったらしい。

ワン達が居た時は、よく見かけていたダニ。 ニャンにも集るとは知らなかった。

最近、話題になったマダニって、この事かナ? 叢に居るらしい。

Cimg0086 Cimg0088 Cimg0087

| | コメント (2) | トラックバック (0)

真夏日があって、、、 霜が降りて、、、

裏山の緑が日増しに濃さを増して、急ぎ足で季節は移って行く。

それなのに、、、 昨夜からの雨が上がり薄ら寒い曇り空。

机に向かっていると、まだ火の気が欲しい。日々の温度差が激し過ぎる。    

去年剪定して貰ったブルーベリー。 新しい枝に鈴なりの花が着いた。

収穫時までには、ステッキが手放せるといいけど、、、、  

Cimg0084 Cimg0025 Cimg0029

| | コメント (6) | トラックバック (0)

野良ニャンは役たたず

レンジのステンレスの上に、、、、  ゴミかと思ったら小さな糞。

オーブンとコンロの間の汁受けにも転がっている。 昨夜ネズミが出た?

食べられるものは何も無い。 ニャンのカリカリの毀れたのでもあったか。

早速、汁受けにネズミ捕りを仕掛けて貰った。  小さなキシリと思うけど。

夕餉の片付けの後に仕掛けてから、暫くして「捕れた」と!

母屋でテレビを観ていた爺、お勝手でゴソゴソ音がするので見たら、、、。

それにしても、、、野良ニャンは全然役に立たないネコかもね。

Cimg0073 Cimg0079 Cimg0080

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お伊勢詣りに、、、

毎年、兄弟衆で出掛ける「お伊勢参り」。 行ってきたで、、、と。

オトリ小屋の主が名物の赤福を届けてくれた。   爺の大好物!

「お伊勢詣りに石部の茶屋で、、、」   久し振りに口をついて出た。

門前の小僧じゃないけど、お稽古しなくても覚えて。  小唄の一曲。

お弟子入りして初めてのお稽古は皆さん「お伊勢詣り」をやっていたっけ。

今になってみれば、ちゃんとお稽古して貰えばよかった? 師範は母。

赤福を戴きながら、五十年も前の頃を想い出してしまった。感無量。

Cimg0065 Cimg0066

| | コメント (2) | トラックバック (0)

巨大な折込広告

新聞の折込広告。  ホームセンター、ドラッグストア、土地、住宅、、、、

来ないのは新聞休刊日だけ。  右から左にポイで役に立たない。

ホームセンター開店の広告が目に付いた。 それはいいけど、、、 

その紙面の大きい事。 広げると新聞紙2枚繋げた大きさ???

「本日、開店」 4/18 あさ9:30  今日から五日間は超特売とやら、、、 

目に付いたのは、、、 野良ニャンとタヌのカリカリ。 確かに廉いけど。

こんなに大きい広告チラシ、、、其処だけ見て、其の内出掛けるかな。

Cimg0053 Cimg0054

| | コメント (2) | トラックバック (0)

遅霜、、、 まだやってくるかも

遅霜の被害があちこちから聞えてくる。  

この辺りは何故か助かったと、、、、  トンデモナイ! やられている!

よく見ると、小さな新芽の先が茶色に変わって。  こりゃ、だめだね。  

お隣さんの一番最後に摘む茶原は我が家の背戸に広がっている。

遠目でみると、防霜ファンが届かない?端っこの茶原の色が違って、、、。

勿体無いけど、全部刈り落として後から出る芽を待つ?のかナ。  

Cimg0014_2 Cimg0016

| | コメント (4) | トラックバック (0)

飛んでいかないタンポポ綿毛

遅霜が降りたと思うと、、、 今日は真夏日!  どうなってしまった???

それでも確実に季節は移って、雑木山の淡い緑が濃さを増してきた。

庭先のタンポポ。砂利が敷かれているので、どれも痩せて花が小さい。

綿毛のドライ作りにハマって、、、 小さくてもそれなりにと、摘んでいる。

翌日には綺麗に開く綿毛。 風に当たっても飛んで行かないのが不思議。

欲しい方に差し上げたいけど、、、 お持ち帰りが難しいから残念!

Cimg0006 Cimg0009 Cimg0005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新顔のタヌがやってきて

何時ものお馴染みさんが来ない中に、新顔がやってきて、、、、

やってきたのはお馴染みさんより一回り大きいみたい。

土間のテーブルからカメラを向けると距離があって暗いし、撮れるかな?

西の竹薮から茶の木の間を潜ってやってきたらしく、警戒心が強い奴。

端っこのパンを一つ咥えてサッと引っ込んでの繰り返し。

フラッシュに気がついて、、、 食べ遺して行ってしまった。

お馴染みさん、何時もの心算でやってくると半分しか残ってないからね。

Cimg2813 Cimg2814

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愉しみながらのお手伝い

龍山村「ひつじまつり」。 ハッキリしないお天気で薄ら寒い。

会場の広場の真ん中にある大きな桜。遅咲きなので何時も観られない。 

なんと!今年は満開になって見事なこと。 1週間以上早い開花との事。

ひつじまつりが済んでから咲くのに。 オカシナ天候のお蔭?

ひつじのイベントには欠かせないヒツジの毛を使った糸紡ぎやフェルトワーク。

紡ぎ車を回したり、独楽で紡ぐのを愉しんで頂きながら羊毛のお話をする。

5月三日デンマーク牧場の「グリーンズフェア」へのお誘いをしながら、、、、

椅子に座って居ても出来るお手伝い。 沢山の方と交わりは愉しい。

Cimg2801 Cimg2802 Img_1692 F1000011 Img_1679 Cimg2808   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お茶の芽が、、、

恒例の、、、 カラーを朝一番で届けてくれた菊川の頑張り夫人。  

さァ、お茶摘み!と、、、 処が一晩の霜で芽が凍って、一番茶はダメ!

深蒸し茶は菊川が本場なのに、掛川の深蒸しが有名になってと嘆き節。

それでも茶工場は明日から始まるのでと。  忙しいのに申し訳ない。

以前に爺がフリマで探してきた桶にたっぷりと入れて、、、

Cimg2793 Cimg2794 Cimg2796

| | コメント (4) | トラックバック (0)

屋根瓦の事なら任せて!

頼んであった瓦屋根の修繕。  若主人が下見に来てくれた。

強風の中、早速屋根に登ってカメラ片手に調べて、、、

ダメになった所だけを葺いておくか、スッカリ葺き直すか?

梅雨になる前にはやらないと、との事。 夏場は暑いなんてもんじゃないよと。

忙しいらしく、今日明日には出来ないらしい。

キビキビとして、腕のいい職人肌の若者。  安心してお任せ出来そうだ。

Cimg2785 Cimg2786 Cimg2791

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年5月 »