« 2013年1月 | トップページ | 2013年4月 »

季を筆に託して

秋のお彼岸時から雛の節句、、、お便りに添えられた何気ない一筆の俳画。

のんちゃん画帳、一冊目の余白が残り僅かとなってきた。

頂いたお手紙を切り刻む事に抵抗があったけど、、、 のんちゃんお許しを!

お星様になった俳画師匠半ちゃんにお見せ出来たらと思うのみにて。

Cimg2295 Cimg2297 Cimg2298 Cimg2299 Cimg2300  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

煮干しとチョコと、、、どっちがいい?

二月十四日は、、、ヴァレンタイン!  と思っていたら「煮干しの日」!

煮干しの解剖の本やら、煮干しのストラップの出処の仮説社さんの談。

えぇ?と思って、、、ネットを覗いたら嘘じゃなかった。ちゃんとあったんだ!

1994年、全国煮干協会の総会で決めたらしい。 二一(棒)四 ですって。

ストラップじゃ出汁が出ないけど、、、、 本物はいい出汁が出る。

チョッと口寂しい時に、頭と中骨とって、齧るのも悪くないけどね。

Cimg2281 Cimg2283

| | コメント (4) | トラックバック (0)

イタチに、、、ヤラレタかも?

先日から姿を見せなかった野良ニャン。カリカリも牛乳も減らない。

イタチが出没してお勝手にまで入り込み、爺が大立ち回りして追い出した。

身体は小さいけど、、、肉食獣とか。 自分より大きいものでも襲うらしい。

ニャンはあちこち嗅ぎ回っていたけど落ち着かず、その後戻って来なかった。

三日振りでやってきた野良ニャン。毛並みはボサボサ、あちこち傷だらけ!

猫同士の喧嘩じゃなさそうだ。 足の傷が痛いらしくビッコ曳いている。 

耳の傷にキズ薬を付けたら、オッカナイ顔した。 後は舐めて治すだろう。

若しかして、、、 イタチにやられた?    

Cimg2271 Cimg2273 Cimg2276 Cimg2279

| | コメント (6) | トラックバック (0)

フェルトって、、、ヒツジの毛!

サタデーオープンスクールの「フェルト」。 子供達からの感想文が届く。

フワフワの羊毛が固まってフェルトのポーチが出来た!と、、、、

以下、感想文の抜粋を、、、

Cimg2252 Cimg2249 Cimg2256 Cimg2251 Cimg2264

| | コメント (4) | トラックバック (0)

右を向いても左を見ても、、、チョコレート

こんなに流行るなんて思ってもいなかった頃からの仕来りで。

古巣の爺友たちへ贈る義理?チョコ。 今年も仮説社のストーンチョコ。

悪戯心一杯のチョコを発見して、、、  飾り気の無いのがお気に入り。

検査技師嬢から毎年届く爺へのチョコ。甘いもの禁止をご存知なので

小さな小さな箱を持ってご来宅、、、 一つだけなら大丈夫!と仰せに。

これでもかこれでもかのオシャレなチョコレートが巷に氾濫しているけど、

ヴァレンタインの謂れをご存知なのかしらね。

Cimg2239 Cimg2240 Cimg2241

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ようこそお越しを!

明日は静岡でご親戚の結婚式があって房総から、、、 遥々の客人。

前日の今日、、、 山家へお越しくださる事になって駅までお迎えに!

折角だからとて、大井川に架かる蓬莱橋に寄り道する。

世界一長い木造歩道橋は全長900m弱。 駿河と遠州を結ぶ。

眺めるだけで渡らずに、一路山家の陋屋へ。  ゆっくりとお喋りして、、、、

日暮れ前に駅までお送りする。 何のお持て成しも出来ずにお許しを!

彼女とは、ブログで親しくなってのお付き合い。 膠原病を抱えたお方。

Cimg2233 Cimg2231    

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ゆずりあい

市役所福祉課の窓口へ、、、、 ゆずりあい駐車場利用証を貰う事にした。

右の股関節全置換した時から障害者手帳を持っている。五十歳の時。

病院でもスーパーでも殆んどの駐車場には車椅子マークがあるけど

空きは殆んどなく、マークの所に停める事が出来るとホッとする。

車椅子を使ってはいないけど、両手に杖となると入り口が近いと助かる。

新しく出来た制度の「ゆずりあい駐車場利用証」、、、使う事はなさそうだ。

もっと重症の人にゆずる事にしなくては!   ゆずりあいの気持ち!

Cimg2217 Cimg2189 Cimg2191

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムレスナティーハウスから、、、

コーヒーと紅茶を1日置きに。 トースト1枚でバターはよつ葉。

野菜たっぷりに自家製マーマレード。 朝食の定番。

紅茶は濃く淹れたアールグレイにジャージー牛乳でロイヤルミルクティ。

紅茶の事を西に住む方に、ちょっと漏らしたら、、、  何となんと!  

本場セイロンのムレスナティーのアールグレイが届いた。

西が本拠地のムレスナティーハウス。 お忙しいのに婆の為に本店へ。

ベストブレンドのマロンパリもハワイアンベリーも!

今夜はお休み前に、、、 マロンパリを淹れて、ブランディをチョッピリ。

素敵なナイトキャップ!   お心遣いが嬉しくて。  多謝!

Cimg2223 Cimg2230 Cimg2224   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新聞の頁もデザインで、、、

この辺り、、、 昨日の夕刊と今日の朝刊が一緒に届く。

拾い読みするだけでも食後のひとときが長くなってしまう。

エコバッグになる頁も毎日ある訳ではなく、デザインを選ぶと三日に1枚?

抜き取った頁ともう一枚で袋に折って、何枚か溜まったら持ち手をつける。

差し上げると皆喜んで使ってくれるので、なかなか作り置きが出来ない。

手先のリハビリで始めた新聞エコバッグ、、、 馴れて、手早くなったみたい。

教えて貰った四万十のおばさんとキッカケを作ってくれた友に感謝して。

Cimg2177_2 Cimg2178_2 Cimg2179_2 Cimg2187_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

竹薮の肥やし

芽が出始めて、、、 せっせと欠いて食べていたけど、此処まで来ると!

ネズミの齧りかけを取って芽を取ると、口に入るのは僅かになってしまう。

今の時季になって、どうしても残って、最後は竹薮の肥やしに。

芽が出る前に食べ切れる、、、 その程度に採れればいいのにね。

タマネギも芯が伸びてきている。  毎年、その繰り返し。

ジャガイモの芽のソラニン、食べると中毒するからしっかり除くこと!

Cimg2211 Cimg2216

| | コメント (0) | トラックバック (0)

拭いてくれ!

雨の中、何処に居たのかびしょ濡れでやってきた野良ニャン。

婆の顔を見上げて拭いてくれ!  止めるともっと!と催促する。

どんなに荒くゴシゴシやっても、されるままで拭かせる。

その後お気に入り椅子で、あちこち舐め廻してから、寝てしまった。

何時の間にか、又何処かへ出かけたらしく椅子はカラッポ!

Cimg2194 Cimg2195 Cimg2202 Cimg2203 Cimg2206

| | コメント (6) | トラックバック (0)

もっとゆっくり咲いて!

ガラスのコップに2.3輪活けて、、、風情を愉しむ心算でいたら、

ポカポカ陽気に誘われて、あれよあれよと云う間に殆んどが咲いて!     

寒いのでゆっくり咲いてくれると思っていたのに、蕾は数えるほどに。

又寒くなるらしいけど、咲いてしまったら蕾に逆戻りするなんて有りっこないよね。

花の命は短くて、、、  最後の一輪が散るまで、このままにして置こう。

Cimg2180

Cimg2183 Cimg2184_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

初めてのフェルト

昨夜からの雨が止まず、気温は将に春!

毎週土曜日は山の小学校へ街からバスで子供たちがやって来る。

サタデーオープンスクール。  今週は婆の担当でフェルト。

20名限定にしてあるけど、定員オーバーは何時もの事。

ヒツジの毛を触るのが初めて!の小学3.4年生。当然フェルトも初めて。

ポーチを作る事になっている。 女の子が殆んどで男の子が4名!

10cm角に切った発泡スチロールの角を落としたものを土台にして

ウールを巻き、石鹸水のシャワーをかけて摩擦すればフェルトになる。

云ってしまえば簡単。 処がそうはいかず、一人一人の個人教授???

何とか形が出来て一息ついたらお昼になった。 お疲れさん!

Cimg2165 Cimg2174 Cimg2168 Cimg2169 Cimg2172

| | コメント (2) | トラックバック (0)

一足お先に、、、春の訪れ

房総に雪が降るなんて、、、  南房総は寒かったけど降らないよ!と。

何時もより寒くて花が遅れているんだよ!  今が見頃の筈なのにね。

そんな事をおしゃべりしてた矢先に、、、  館山から大きな箱が届いた。

ストック、キンギョソウ、ヒナゲシが、、、  急いで解いてバケツに移す。

一晩、お風呂場でゆっくりさせたら、しな垂れていた花達が生き返って!

大きな壷にたっぷりと、、、何とも贅沢な!  一足お先に春が来た。

何時も何時も、お花便りを有り難う! 寒さが何処かへ飛んでしまったよ。

Cimg2133 Cimg2134 Cimg2148 Cimg2161

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年4月 »