« 又、やってきた、、、 | トップページ | 薪ストーブの温もりは、、、 »

急須を壊して

手元が狂って、急須の注ぎ口を欠いてしまった。

手頃な大きさで使い勝手がよく、気に入っていたのに。

茶箪笥には幾つかあるけど、普段使いには向かないものばかり。

今流行の深蒸し茶の為に細かいステンレス網の付いたものが多く、、、、

壊してしまったと同じものを探せず、「お茶の郷」の売店まで出かけて

一つだけ有った常滑を。    大きさも使い勝手も満足。

Cimg1534 Cimg1533

|

« 又、やってきた、、、 | トップページ | 薪ストーブの温もりは、、、 »

コメント

良い急須が見つかって良かったです。
常滑が日本での発祥のようで、まだ窯元が
あるのですね。

1回ごとに湯切りをして、美味しくお茶を
飲む。祖父が手撚りのお茶を作り、囲炉裏
で慈しむように飲む急須は、他人には使わ
せませんでした。
当時は恐らくなかなか手に入らない常滑の
急須だったのかも知れません。

投稿: 放念の翁 | 2012年12月 1日 (土) 18時24分

翁 さん

冷たくて指先が悴んでいます。
ウッカリすると今度は急須の蓋?
そうなったら、、、ヤカンにオチャッパを入れましょうか。要注意です。

朝から燃やすとどんどん薪が減っていきます。 

投稿: やまんば | 2012年12月 2日 (日) 15時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140867/56225292

この記事へのトラックバック一覧です: 急須を壊して:

« 又、やってきた、、、 | トップページ | 薪ストーブの温もりは、、、 »