« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

急須を壊して

手元が狂って、急須の注ぎ口を欠いてしまった。

手頃な大きさで使い勝手がよく、気に入っていたのに。

茶箪笥には幾つかあるけど、普段使いには向かないものばかり。

今流行の深蒸し茶の為に細かいステンレス網の付いたものが多く、、、、

壊してしまったと同じものを探せず、「お茶の郷」の売店まで出かけて

一つだけ有った常滑を。    大きさも使い勝手も満足。

Cimg1534 Cimg1533

| | コメント (2) | トラックバック (0)

又、やってきた、、、

地続きのお隣が荒らされて、杭を打って針金を回したけど、、、

昨夜は又我が家へ、、、裏山からの道も西の竹薮も通せんぼしたのに。

隣りの母さんの云う事にゃ、あっちの車の道路からしかないよ!

じゃあ、此処もやらなきゃダメだと、、、 畦板と鉄条網を張った爺。

郵便受けの有る陋屋への入り口、言うなれば玄関先。格好悪い!

酔芙蓉の根元に物々しい鉄条網と畦板が張り巡らされて、、、

アジサイは抜かれ、春に咲くものも刈り取られてしまった。 

イノシシ奴! これで、もう荒らされないで済むのかな?

Cimg1548_3 Cimg1545_2 Cimg1551_2 Cimg1552_2 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お邪魔さま!

邪魔者が来ないここが野良ニャンの日向ぼっこ指定席らしい。

何とも無防備な格好してる。  チョッと離れた処で見てたら

伸びたまま、前足で顔を洗い始めた。  不精者め!

覗かれているのが判ったのか、のっそりと何処かへ行ってしまった。

折角、いい気持ちで日向ぼっこしてたのに、、、 って云ってるかも?

Cimg1363 Cimg1362 Cimg1366 Cimg1365   

| | コメント (8) | トラックバック (0)

転ばぬ先の杖

病院を退院した時に、スポーツ用品店で買ったウオーキングステッキ。

以前からステッキは使っていたので何本かあるけど、、、、

同じものが二本はない。  お気に入りの「チャップリン」のものが殆んど。

ステッキを両手に持たないと歩けなくなって、左右同じものが必要。

その後、お出かけ用に頼んだ2本の「チャップリン」は出番が無く、、、

ウオーキングステッキ、足代わりになって重宝していたのに、

一本だけ長さの調節部分がオカシクなった。使用中止!

お出かけ用の「チャップリン」、片時も離れず、転ばぬ先の杖になった。

Cimg1528 Cimg1531 Cimg1536 Cimg1537  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腹ぺこイノシシがやってきた!

昨夜もやってきて、ワケギの畝をスッカリ耕してくれたらしい。

その前の晩は、、、ブロッコリーとキャベツが見事に掘り起こされて!

キャベツもブロッコリーも食べないでミミズを食べるらしい。

根付いたばかりのタマネギ、植えなおしてもダメだよね。

未だ小さいけどブロッコリーを摘み取って、冷蔵庫。

キャベツはしっかりと巻いて採り時になっているので包んで物置で保管。

下の家の母さんにも食べて!と、、、、 冬野菜は全滅!

犯人は、大きな?イノシシ。  西の竹薮からやってきたらしい。

自生の三つ葉を荒らしてから回って畑に侵入。  

バリケードなんて今回はまるっきり役に立たなかった。

猟友会のおじさんたちに頼んでもそう簡単には捕れないらしい。

Cimg1522 Cimg1516 Cimg1517

| | コメント (7) | トラックバック (0)

無農薬の証拠なんだけど、、、、

採ったばかりのブロッコリ一株。  切り分けて煮立ったお鍋に入れて、、、

あっと言う間も無く、浮き上がってくるのが2cmほどの茶色の虫たち。

青虫が茹って変色したらしい。  何匹も浮き上がってくる。 

お鍋に入れる前によく見た心算なのに。   何時もの事。

無農薬の証拠!とは思うものの、、、 ちょっとねぇ、、、、 

蕾の間に挟まったままで茹で上がったら、、、 食べちゃうかも?

Cimg1526

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ナメコのお味噌汁に、ドンコは、、、

ナメコとシイタケ。   鮎小屋の大将が届けてくれる。

こんなに沢山のナメコ、、、食べきれないよ! 冷凍すりゃぁいいよと。

このシイタケは、見事なドンコだね。 バター乗せて焼いてレモン!

フライもいいし、天麩羅にも。  水を含んでないから、最高の口当たり。

確か、爺がナメコの菌を打った筈だけど、、、、  来年から出るんだってサ。

キノコ類は何故か判らないけど、凍らせると味も香りも良くなる???

Cimg1511 Cimg1513 Cimg1512

| | コメント (2) | トラックバック (0)

棘だらけの柚子の木

放りっぱなしで剪定もしてない柚子の木。 小振りな実が色付いてきた。

霜に当たって凍らない内に採らないと、、、  閑を見てお願いした。

柚子の枝の棘! 葉っぱの蔭で見えないけど、生易しいものではない。

ミカンを捥ぐみたいな訳にはいかず、厚いゴム手袋で完全武装。

枝ごとバッサリ伐って、、、  後は此方の仕事と相成った。

用心しながら枝から外しても、幾つも痛い思いをして喚いてしまう。

Cimg1503 Cimg1506 Cimg1508

                    

| | コメント (6) | トラックバック (0)

純米大吟醸「おんな泣かせ」

ご予約の今年の「おんな泣かせ」が出来ました、、、大村屋さんから。

昭和50年に先代創作の純米大吟醸が発売。この地方では銘酒!

山家を手に入れて間もない頃に、先代さんとのお付き合いが始まった。

新しい酒が出来たからと、、、  すっきりとした女性好み?の飲み口。

90歳で召されて、、、「お前さん、未だ飲んでるかい?」と声がする。

Cimg1500 Cimg1499  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山椒は小粒、、、 みかんも小粒

十一月も半ばになって、 早生みかんが旬。

L や M サイズはさて置いて、S 2S だけがお目当て。

デンマーク牧場近くの丘陵で採れるチビみかん、、、 待ってました!

毎年、マルイ農園さんにお願いする 2S サイズが婆のお気に入り。

皮が薄くて剥き難いと文句タラタラ言いながら一度に数個は召し上がる爺。

こんな小さいけど食べてごらんよ、美味しいから!と誰にでもお勧めする。

小さな房の中にしっかり甘さと酸味が詰まっていて、ついつい、もう一つ!

山椒は小粒、、、みかんも小粒に限る!とお愉しみ中。

箱は S でも中身は 2S が、詰まって届く。

Cimg1492_2 Cimg1493_2 Cimg1495_2  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クリスマスまでに

もう直ぐクリスマス。今年もヒツジの毛でエンゼルを作らなきゃね。

リハビリ病院に入院してた年のクリスマスに病室で幾つも作って、、、

今でも、クリスマスには皆さんに喜んで貰っているとの事。  

このエンゼルは、何年か前に西に住む手仕事達人に教わったもの。

今日は、メグちゃんがエンゼル作りに挑戦することになって。

頭に乗せた光彩とムネに点けた金の星でそれらしく出来上がった。

髪の毛にする毛糸にチョッカイをだして邪魔な野良ニャン。

こんな可愛い顔する時もあるんだ! 驚いた!

Cimg1485 Cimg1486 Cimg1487 Cimg1482

| | コメント (6) | トラックバック (0)

火傷しないでね!

今頃になると産業祭や朝市に新物が出てくる。  銀杏!

大きくて粒揃いじゃない、お宮やお寺のを拾って乾かしたもの。

殻を割って炒って? そんな事しないで、チョッと2.3粒味見したい時に。

クララフト紙の茶色の封筒に入れて、しっかり折り曲げて蓋してから、

電子レンジで、、、  パンパンと爆ぜたら出来上がり。

甘皮を剥いて熱々を戴くと、 ねっとりとして、、、綺麗な緑色!

火傷と食べ過ぎにご注意なさってくださいね。

Cimg1475

Cimg1474 Cimg1477

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天気予報が当たり、、、

石猫のハレルヤ工房さんからお誘いを受けていた春野のクラフトフェア。

今年も鮎小屋の大将が運転を買って出てくれてお揃いでと思っていたら、

予報がピタリと当たり、朝から雨になってしまった。 午後からは本降り。 

足の不自由な婆の為に福祉協会から車椅子を借りてきたのに。

ハレルヤ工房さんに野良ニャンの石猫をお願いする心算だったのに。

お出掛けが続いていたし、、、 残念だけど諦める事にした。

冷たい雨を避けて軒下に季節外れ?の蛾が、ジッと動かないでいる。

Cimg1457 Cimg1456

Cimg1458_2    

| | コメント (4) | トラックバック (0)

寒さが堪える、、、

六時過ぎて未だ日の出前、冷えてると思ったら、、、 薄っすらと霜が。

綺麗に刈り揃えてある茶原が薄化粧。  初霜。

日が当たり始めると見る間に消えてしまった。  例年より早いのでは?

良く晴れているけど、風が刺すように冷たくて日向ぼっこが出来ない。

明日は雨? 朝からストーブ焚かないと寒いし、洗濯ものが乾かない。

Cimg1454 Cimg1453 Cimg1455     

| | コメント (4) | トラックバック (0)

秋は展覧会ラッシュ

十、十一月はグループ展、個展のお知らせが彼方此方から届く。

東北は仙台、関西は大阪京都等々。皆さん,ご縁のある人たち。

近くてもなかなか伺えず失礼する事が多くなってきた。

浜松での手織り三人展、一人は永年親しくしているので、、、、

お抱え運転手付きの往復で、ちょっとご挨拶に出掛けた。

朝刊の地方版週遊ガイドに載っていたので賑わうと期待!

Cimg1446 Cimg1450  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

逆流性食道炎?

此の処、少し、胃の調子がオカシイ。 時々食後にムネヤケがする。

体を前に倒すとムカムカしてくる時があったり、、、、  食欲減退。

時々、食べ物が喉に痞える?、、、 齢の所為とは思ってはいたけど?

1ヶ月近く行かなかった美容院へ連れて行って貰い、、、

カットしながら、そんな話題になって、逆流性食道炎かも?と。

春に人間ドックで「胃の上部に少し爛れがあるが受診の必要無し」だった。

手足の動きは悪く、老眼は進み、難聴と、、、オマケに逆流性食道炎?

老老介護を受ける身の辛さ。  こんな筈じゃなかったのに、、、

家に戻って、早速 PCを覗いたら、、、 最近増えている病症だそうな。

加齢による身体の衰えも原因の一つ?  わが身の衰えを再確認。

Cimg1444 Cimg1445

| | コメント (4) | トラックバック (0)

芒を使って

芒の穂が欲しいとの事で、、、   今の時季は未だ使えないよ。

乾かしたのがあるから取りにお出で!   明日伺いますとは今日の事。

物置の奥のほうにあった一抱えの乾かした芒の穂。爺に頼んで出してもらう。

何年も前に作った芒の間仕切りがあった筈。 序でに虫干しする事にして。

四人のオバサン旋風と久し振りに賑やかなお昼を済ませてから、、、、

芒の使い方から、糸の事やら古布の裂き方など質問攻めにあって。

最後は、スピンドルでウールを紡ぐ手解きになってお開き!

Cimg1432 Cimg1437 Cimg1434 Cimg1436 Cimg1435    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

拭いてやるから、咬み付かないでよ!

ニャァニャァ云いながら、作業場へやってきたびしょぬれ野良ニャン。

チョッと待ってよ! 作業台が泥だらけになるから!  

何時もなら、うっかり拭こうもんならガブリと、くるところなのに、、、、    

余程冷たかったらしく大人しく拭かせている。 何処にいたの?

朝から姿が見えなかったけど、草の実が一杯着いている。

頭から尻尾の先まで、すっかり拭き終わったら、サッサと寝てしまった。

大気が不安定!の予報が当たり、お昼過ぎから本降りになっている。

Cimg1424 Cimg1426 Cimg1428

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

生姜に間違いなく

日に当てて乾いてくると、嵩が減ってくる。 二日目。もう一息?

明日は雨の予報。折角此処まで乾いたのに、、、、

日が翳るまで待ッたら、湿り気は無くなって、指先でパリっと折れた。

年に使うか使わない古い小さなミルサー、細かい粉が挽ける。

一度に沢山は挽けないけど、生姜を粉にする時には働いてもらう。

30分以上続けて使用しないでと説明書きがあり、休み休みの粉挽き。

スイッチも30秒が限度のほんの僅かな、、、それでも細かい粉が出来る。

終わって秤に乗せたら、、、、 250g有るか無いか。収穫時の?%。

香りも味も、紛れもない生姜の粉の出来上がり。

Cimg1416 Cimg1417 Cimg1418 Cimg1420

| | コメント (0) | トラックバック (0)

咬みつき野良ニャン

春野町ハレルヤ工房さんから「アート&ミュージックフェア」のお誘い。

去年に続いて第2回。 各地からクラフトマン、ミュージシャンが参加する。

天竜川の石にネコを描くハレルヤ工房一家は全国からヒッパリダコ!

さて、野良ニャンが現れてから六ヶ月。 家ネコらしくなってきたけど、、、、

まだ、うっかりするとガブリ!とやられてしまう。 叱ってもダメだ。

爺婆ともに生傷が絶えない。  爺の膝に来てはゴロゴロ、、、ガブリ!

ハレルヤ工房さんに、咬みつきネコを描いてもらう心算でカメラを向けた。

何回撮っても、可愛い顔が撮れなくて、不貞腐れの咬みつき野良ニャン。

Cimg1404Cimg1402

Cimg1403_2 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

まだあるけど、、、

畑に残っていた生姜。 寒くなるとダメになってしまうらしい。 二株もある。

掘ったら、、、何とかしないと! 佃煮?余り減らないし、、、乾かして粉に!

足元にドサッと置かれたら、やるっきゃないじゃん!  一株だけ洗って、、、

泥を落とすのが一苦労で、大根を洗うような訳にはいかず、、、

洗ったら、、、 薄皮と髭根を除いて、、、 スライサーで薄く削る。

うっかりすると、手を削るので要注意。  なかなかの切れ味。 

包丁で薄切りしてもいいけど、余りにも量が多くてスライサーにした。

お天気次第で二日も干せば、乾いてくれる筈だけど。

Cimg1397 Cimg1398 Cimg1400

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

種蒔きは、、、春に!

作業場の外壁ギリギリの処から生えているこれ、、、 酔芙蓉?

何時の間にか種が飛んで、こんな所に! 此処では移しようが無い。

数年前に叢に生えていた小さな若木、若しかしたら酔芙蓉かも?と。

お隣さんが持ち帰ったそれが、今年は見事な花をつけてくれた。

毎年沢山の種の苞が出来るのに、滅多に発芽しないらしい。

ちゃんと種を採って春になったら播いてみることに。

穴の開いた苞が結構あって、中がカラッポになっている。

穴の中から小さな青虫が出てきた。

Cimg1395 Cimg1257 Cimg1269 Cimg1268

| | コメント (0) | トラックバック (0)

骨に異常があったら、それこそ、、、

三ヶ月振りの市民病院へ、、、、 整形外科、定期健診予約日。

10時の予約の前にレントゲンを撮らなければと9時前に着く。

整形の受付けからレントゲン室までの距離。 車椅子にすればよかった!

レントゲン室では待つ事暫し。  整形外科に戻って此処でも当然の待ち。

やっと、受付番号を呼ばれて、、、  Dr との対話は5分有るか、無いか。

骨に異常は無しと! 右手首左膝右股関節の異物が目立つフイルム。

会計を済ませて、、、 時、既に正午は近く、、、  雨は上がった。

Cimg1374 Cimg1379 Cimg1380 Cimg1382    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

そろそろ、、、 ムカゴご飯だよ

自然薯掘りの時季がやってきた。  蔓が枯れて、掘り時。

目印をつけてあった蔓を手繰り、芋が折れないように丁寧に深く掘る。

枯れ始めた蔓にはムカゴが節々について、触ると毀れて落ちてしまう。

イノシシが荒らしまわっているので、自然薯が少ないと聞いている。

折れずに掘りあげて長いまま藁に包んだ自然薯はイベントの目玉商品。

秋の味覚としては最高と思うだけで、人寄せでもない限り使い切れない。

大きなすり鉢に一杯の野芋汁が出来てしまうから、、、、

この辺りでは鯖の味噌汁で伸ばす。 古巣では澄まし汁だったのに。

ムカゴ。 此方は塩茹でしておつまみに。  ムカゴご飯も美味しい。

こちらも、今の時季には欠かせない自然からの贈り物!

Cimg1241 Cimg1242

Cimg1243

| | コメント (4) | トラックバック (0)

酔芙蓉、来年の為に、、、

たっぷりと愉しませてくれた酔芙蓉。  来年の為に短く切り戻さないと。

花の終わった後に出来た種の苞も乾き始めて、、、、  

眺めていても始まらないので、無理を承知で鋏を持ち出してやってみる。

酔芙蓉の茎は意外と柔らかくて、手の届くものだけは何とか切る事が!

何でもなく出来た事が出来ない、、、  数本残して爺にお願いする。

この鋏、先住者が茶の木を切る為に使っていた鋏。 切れ味は抜群。

両腕を使っての作業になるけど、チョットした枝なら剪定出来る優れもの。

苞の中は、小さな小さな種が、、、発芽するかな?春になったら播いてみよう。

両腕が少し痛い。  少しづつ、慣らさないと!   

Cimg1244 Cimg1247 Cimg1255 Cimg1258

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小鳥のレストラン新築!

小鳥のレストランがこの2年ほど休業していた。  杭が腐って、、、

タヌ達にやるパンの屑を地面に降りて拾っているので、気の毒と。

爺に頼んでテーブルを作って貰う。  杭に板を打ちつけただけ!

あまりにも格好つかないので、チョッと勝手に手直ししてみた。

やっとの事で、古いお盆に釘を打ち、ミカンが転がらないように、、、

この餌台、タヌ達の餌場の上だけど、タヌには届かない筈だ。

2本の杖で此処まで来るのは、大変だけどこれもリハビリになるだろう。

Cimg1234 Cimg1236 Cimg1237 Cimg1235  

| | コメント (6) | トラックバック (0)

のんちゃん画帳

ついこの間までの異常な暑さは何処へやら、、、  11月の風は冷たくて。

俳画の達人から送られたカボチャの一筆。 ホッコリと煮たくなった。

季節毎に戴く、軽く流した筆の動きに魅せられての「のんちゃん画帳」。

夏から秋を、、、、  公開させていただく事に!

Cimg1226 Cimg1215 Cimg1214 Cimg1216

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »