« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

望月 満月 full moon

昨夜の七時過ぎ、、、、 大向うの稜線上に煌々と!   

そろそろ、満月になるかなと思ったのが、数日前。 

珍しく、一片の雲もなく、見事な望月。   月に叢雲も風情があるけど。

花の終わった酔芙蓉、暗がりの中でしかりと自己顕示していた。

Cimg1217 Cimg1223

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ジンジャークッキー

泥んこ羊仲間の一人。 やる事なす事全て完璧夫人。

昨年作ったジンジャーパウダーが一瓶あったので、先日差し上げて、、、

お菓子作りも勿論、完璧! ジンジャーケーキ、クッキーもお手のもの?

クラフトフェアの会場で、、、  出来ました!と渡されたのはクッキー。

毀れないように持ち帰って、早速オヤツに戴いた。  生姜の香り!

焼き上がりも上々で、、、、 ヒツジの型が可愛くて、割ってしまうのが惜しい。

未だ、畑にある株。 スライスして乾かして、ミルサーで粉にして、、、

又、彼女に頼んで、クッキーを焼いて貰うのもイイね!

Cimg1157 Cimg1156 Cimg1155

| | コメント (3) | トラックバック (0)

野良ニャンに、、、マタタビ

マタタビの木で籠を作るクラフトマンが出店していて。

籠は、木の皮を剥いてから作る、、、 その皮がネコのオミヤゲ。

細かく裂いたものをビニール袋に入れて、輪ゴムでしっかり止めてある。

紙袋に入れて買い物袋の中に、、、  それでも直ぐに嗅ぎつけた!

しっかり蓋の出来るものに入れてから、細い一切れだけ野良ニャンに。

効果はてきめん! 反応が凄い。   もっと欲しいらしいけどダメ!

ピタッと蓋してあるのに、入れ物から離れない。 ネコにマタタビとは。

Cimg1158_3 Cimg1199_2 Cimg1200_2 Cimg1201_2 Cimg1202_2

| | コメント (6) | トラックバック (0)

クラフトマン、大集合

10月27日~29日。  第4回吉田公園クラフトフェア。 初日。

全国から集まった150名のクラフトマンが夫々に作品を展示販売。

年毎に人出が多くなり大賑わい。 会場が広いのでゆったりとしている。

マタタビの皮を削ったネコのオミヤゲ。 籠作りさんのお店の片隅に発見。

ネコ友と野良ニャンのために。 マタタビで作った籠には反応しないらしい。

ネコ達が好むマタタビの成分は、皮にあるらしい。 初耳、知らなかったよ!

ほんの少しだけ与えてね!との事。   野良ニャンの反応は如何?

陶器、ガラス、布などのアクセサリーが多く、刳りものの器も目に付いた。

爺の買い物は、急須の要らない湯のみ茶碗。 ほんの一服のお茶の為に。

初老のご夫婦が試飲を勧めてくださって、成程!とお買い上げになる。

会場が芝生の為に車椅子の動きが悪くて、自力では大苦労で、、、、

人込みの中で押してくれる方も、草臥れてしまう。 歩けない事の辛さ!

2時間余りで、一回りして家に戻ったらお昼はとっくに過ぎていた。

Cimg1090_2 Cimg1096_2

Cimg1098_3 Cimg1148_2 Cimg1149_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

デンマーク牧場収穫感謝祭

デンマーク牧場から収穫感謝祭へのお誘い状が届いた。

昨年も一昨年も伺う事が出来ず、今年は!と愉しみにしていたが、、、

アッシーさんの都合がつかず、残念ながら伺えない。

牧草地の真ん中に収穫された野菜果物などで祭壇が出来て、、、

感謝のお祈りを捧げてから、スタッフ夫々の心尽くしを戴く。

その仲間に入れて貰う婆の出しものは、、、、

ブルーベリーのゼリーの年も、柚子味噌コンニャクの時もあった。

児童施設「まきばのいえ」が出来る以前の頃の感謝祭のお話。

施設が大きくなって、此方も齢とともに衰えて以前のようには動けない。

何のお手伝いも出来ずに歯痒いけど、今年も又伺えない!

F1000008 Cimg1075 Cimg1078

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やらなきゃ、、、の続きは

朝の片付けが済んで、、、  サテ!綺麗になった生姜を何とかしなきゃ。

先ずは一株分だけ薄く薄くスライスして、、、、  ハチミツに漬ける事に。

ハチミツもピンからキリまで! 出所の知れた蜜は勿体無くて使えない!

最近街に出来た大きな薬局にあった中国製の純ハチミツの大瓶がある。

これを使うことにして、、、  壜に詰め終わったらお昼になってしまった。

残ったもう一株分の綺麗になった生姜は、ジンジャーケーキの作り手さんに!

ケーキが焼けたら、、、、   待ってますよ!

Cimg1086

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やらなきゃ、、、しょうがない!

生姜を掘ってくれた。  ヒネを一個植えると、、、 芽が幾本も出て。

掘って直ぐに処理すると手こずる事もなく、余計な手間がかからない。

それにしても、綺麗にするにはそう簡単にはいかず、、、

二株掘っただけなのに、洗って甘皮を取るだけで溜息が出てくる。

水に晒して灰汁抜きしたら、、、、 ハチミツに漬けるか甘酢漬けか。

Cimg1067 Cimg1062 Cimg1063

| | コメント (2) | トラックバック (0)

齢老いた柿の木、、、七本

えーっ? これだけなの? 風や大雨で叩かれて青いのが落ちたけど?

これで採らないと、鳥が食べちゃうから、、、  甘いの? 渋くない?

まァ、沢山出来たって、食べきれる訳でもないし、、、 ね。

何時頃植えたものやら、古い柿の木が植わっている。 富有らしい。

毎年しっかり剪定すればと思うけど、放りっぱなしで七本も並んでいる。

此処を手に入れた当時は、未だ柿ノ木も若くて沢山の実をつけて。

月に一度の短い滞在時の、収穫時には車に積んで帰り、、、

ご近所に配った事も数回。   あれから30年?過ぎて。

この2,3年は不作が続いているけど。  柿ノ木も齢をとったらしい。

Cimg1055 Cimg1056 Cimg1083

| | コメント (4) | トラックバック (0)

やられた!!!  噛み付きニャンコメ!

びっしょりになってやってきた野良ニャン。  

自分でも舐めているけど、タオルで拭いてやって、、、

大人しく拭かせていたと、、、  急にガブッとやられた!

この前にやられた時に、薬局で貰った薬で消毒はしたけど痛い!

薬局のおじさんが言うには、ネコの爪や歯には黴菌があるからと。

どうも腰の辺りが痛いらしく、そこを触られると噛み付いてくる。

何時も舐めた後があるので、確かめたくても触れない。

本気で噛み付いたらしく、痛いこと!!!

Cimg1068 Cimg1069 Cimg1070

| | コメント (8) | トラックバック (0)

お休み処でご接待

昨日は部落にある小さな神社のお祭り。

今年は我が家が子供のお神輿の休憩所になっているので、ご接待!

神社を出発するのがお昼過ぎ1時半。 彼方此方回って最後が当方。

予定は4時! テープで流すお囃子がちっとも聞えて来ない。

用意してあった駄菓子をお味見した爺、 美味しいよ!だってサ。

少し遅れて到着。  思っていたより大勢の子供が集まっていて。

若いお母さんに抱っこされたオチビさんにも、ハイ、どうぞ!

売れ筋は、、、ガム!  最後に残ったのは、、、ふわふわの棒菓子4本。

隣りの母さんも手伝ってくれて、、、、 お疲れ様でした!

Cimg1044 Cimg1047 Cimg1050 Cimg1049

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨夜、千葉山でのひとときに

千葉山、石音別邸にて。  合同船主催の「古屋和子一人語り」。

手入れの行き届いた古民家。 造りは我が陋屋とほぼ同じだが雲泥の差。

六十人余りの入りで殆んどが中年以上の女衆、男衆は数人のみ。

演目は森鴎外「阿部一族」。  琵琶の音が冴えて相変わらずの迫力。

今回の衣装は、、、   婆が以前に織って仕立てずにいた紬。

この春、舞台で着られればと渡してあったのを仕立てて袖を通してくれた。

ベトナムで仕立てたと聞いたけど遜色ない。 これも時の流れなのか?

会食の後、一足お先に山を下った。 石音夫妻、古屋さん、又の機会を!

Cimg1027 Cimg1033 Cimg1029

| | コメント (6) | トラックバック (0)

一週間、、、、間違えて

吉田公園のクラフトフェアー。  20日土曜日からと思い違いして、、、、

10時からなので9時半頃行けばと出掛けたら、駐車場も何処もガラ空き。

車椅子を借りるのに事務所へ行ったら、、、  27日からと判った。

広場で親子連れが2,3組、自転車の練習してただけ。

帰り道、吉田の漁業組合の岸壁で数人が釣りをしていたのを眺め、

久し振りに潮の香りを愉しんで、、、、   ご苦労様!

Cimg1013 Cimg1015 Cimg1019 Cimg1022

| | コメント (6) | トラックバック (0)

絶えることのない生きる命

昨夜来の雨は上がって、菩提山も大向うの稜線も霞んでいる。

六時少し前、これで最後か?酔芙蓉が一つ、、、ほの白く。

落ちずに実を結んで、、、  成長した枝先が賑やかになっている。

乱れ咲きのホトトギス、雨露をたっぷりと受けて、、、 只今が盛り。

暑さにやられ、虫の餌食になった後からの小さくても強い生命力!

Cimg0872 Cimg0941 Cimg0946 Cimg0943 Cimg0945

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雨に誘われて、、、

夕方から降り出した雨。 爺がお風呂へ入ろうと、、、  

お風呂場の入り口に小さな小さなカエルを発見。

引き戸のレールが太く見える程、、、小さい。

お風呂のお湯がかかったらダメ! ナントカして外へ出さないと。

今の時季にカエルなんて、、、  雨に誘われて出てきた?

梅雨の頃、よく見かける緑色のアマガエルよりも一回りも小さい。

土間のコンクリの上を彼方此方飛んでいるうちに見えなくなってしまった。

靴の中にでも入ったのかな?      外へ出たのならいいけど、、、  

今夜のお客は小さな小さなカエル。

Cimg0953 Cimg0959 Cimg0963

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何処で寝る心算?

朝の日差しが母屋の座敷まで差し込んで来るようになって。

今までは上がって来なかった野良ニャンが、のっそりと、、、、

着替えをする心算で置いてあった爺のシャツの上にチャッカリ乗っている。

朝日が当たっているから、、、、   寒くなってきたのかも。

日陰になったら、日の当たる縁先にあった箕の中へ移っている。

何処にも出かけないで、気持ち良さそうに伸びて、、、 

家の廻りで彼方此方しながら気に入った場所で眠りこけている。

先程から作業場の台に丸くなっているけど。  今夜は何処で寝る心算?

雨も降ってきたし、寒くなってきたから、この家に居付く事にするって!

Cimg0890 Cimg0913 Cimg0908

    

| | コメント (8) | トラックバック (0)

駄菓子卸しを探して、、、

職業別電話帳から「駄菓子卸」を探す事から始まり、、、

市内でやっと一軒、 電話したら「辞めたんですよ」と!    

焼津のさかなセンターの中にそれらしき店があったよね。

古巣と行き来してた頃は、東名を降りて直ぐのさかなセンターへ寄っていた。

何年振りかで出掛けたセンターは、すっかり様子が変わり、素人向けに!

どの店もパックものが並び、魚市場の面影は無い。 観光化してしまった。

駄菓子卸しの店は見つかって、、、 沢山あるので目移りしてしまう。

最近の売れ筋を幾つか選んでも、、、お廉い。  そこが駄菓子のいい処。

ほんの気持ち、、、、  「賑やかし」になればと。

Cimg0875 Cimg0883

Cimg0884_2 Cimg0885

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お神輿がやってくるよ!

子の御前神社の秋祭り。

子供たちが、小さなお神輿と山車を曳いて町内を回って歩く。

ここ数年、子供が減ってしまい以前の賑わいがなく、、、、、

それでも街へ出た若い人たちが子供連れで帰ってきたり

街から山村通学の子が親子で参加したりで何とか保っている。

お神輿の通る道筋で処々お休み処が設けられて、今年は、、、、

わが陋屋の入り口が最後のお休み処になった。

担ぎ手さん達に配るお菓子を用意しなくちゃね。

Cimg0879 Cimg0881 Cimg0889

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この顔見たら、、、  

未だ、三時過ぎたばかりなのに、、、、   タヌ達が勢ぞろい。

早いけどやっちゃうか、、、と。  残り物もいっぱいあるし、、、と。

こんな顔して待って居られると、やらない訳にはいかない餌係さん。

今迄姿が見えなかった野良ニャンが現れて、、、 タヌと睨めっこ!

フー!フー!云ってたらしい。   オレにもよこせ?  未だ早いよ!

Cimg0858 Cimg0695 Cimg0862

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ご当地コロッケフェスタ

山一つ越えた瀬戸谷の会館で「ふじのくにご当地コロッケまつり」。

みしまコロッケも参加と聞いて味見したくて、、、、

10時からというのに、チョッと早めに出かけて9時半過ぎ。

既に駐車場も一杯。 コロッケだけじゃなくご当地物産も出ていて、、、

お目当てのみしまコロッケに大勢のお客さんが並んでいる。

順番がきて、、、 4種類ある筈が一つはもう売り切れ! えーっ?

揚げたて熱々のコロッケ三色と牛肉のパイを包んでもらう。

他のご当地コロッケはチョッと覗いて。   皆さん、そんな感じ。

滝沢の養豚場のテントで、豚とネギの串刺し炭火焼を!

冷めない内にと、約束してあった樵の家へ向かう。

交通整理が幾人も出て、、、  大入り満員のコロッケフェスタ。

さて、お味は如何なもの?  ジャガイモのコロッケ!

Cimg0864_2

Cimg0866 Cimg0868

| | コメント (2) | トラックバック (0)

縄張り争い???

昨日、夕方のカリカリを食べて何処かへ消えた野良ニャン。

朝になっても姿を見せない。  朝ご飯の催促も無かった。 放浪に出た?

お昼前、ニャーンの声で、、、   顔が傷だらけ!  誰とやったの?

昨日、隣りの母さんが日向ぼっこしてた野良ニャンを見ながら、云うには、

うちのコがネズミ色のネコと喧嘩して噛みつかれた! 何処のネコだろうと

云ってた人が居るよ。  そんな話し聞いてはいたけど、、、ね。

何処からやってきたのか、懐いてはきたけど未だ油断できない野良ニャン。

夕方、カリカリを食べて又何処かへ消えた。  

Cimg0849 Cimg0850

| | コメント (2) | トラックバック (0)

採れ時、食べ時、、、

ポツポツとやってきた雨の中で、夏野菜の片付けで出たゴミを燃している。

折れた柿の枝など枯れた草や藁を燃して出る匂いは、、、、心地よく。

風が無いので、曇り空の重さと混ざり合って辺りに漂っている。

シシトウとピーマンがそろそろ終わりの採り時。 今採れば美味しい筈だ。

何時も、実り過ぎたものが笊に山ほど、、、  自分で採れない苛立ち。

思い切って、覚束ない足でやっと近付き、瑞々しい収穫物を手にした!

採り損なったシシトウがしっかりと綺麗に色付いている。

香りと歯触りを愉しむ為に、、、、  新鮮なうちに今夜の食卓へ。

Cimg0847 Cimg0839 Cimg0837 Cimg0829

| | コメント (5) | トラックバック (0)

種が毀れて

この間までの暑さが嘘のように、、、   肌寒い朝。

暑い盛りに咲いてくれた小さな空色のアサガオのプランター。

スッカリ片付けた後に小さな双葉があっちもこっちも出てきていた。

何時の間にか種が毀れていたのか、そのままにしてあった。

時季も時季だし、蔓も伸びる事もなく気にも懸けずにいたら今朝の事。

地面から僅かに伸びた処に小さな空色が! あっちもこっちも!

夏に咲いた花よりも、もっと小さな小さな空色アサガオ。  

Cimg0821 Cimg0825 Cimg0828

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羊毛とニャン毛を混ぜて、、、

ゴン太君の梳き毛と羊毛を混ぜて、、、   

熱湯と石鹸と摩擦でフェルトを!  試しに平面で、、、

羊毛はデンマーク牧場の雑種?コリデールとサホーク、マンクスの混ざり。

野放し飼いなので、、、、でも最近はマンクスもサホークも居なくなった。

ブリテイッシュショートヘアーの二ャン毛と羊毛のミックス。

思っていたより、いい感じにフェルト化して、厚さ5ミリの布になってくれた。

これでもかと、しっかり縮めて径14cm。   土瓶敷きに如何。

ニャン毛のオーバーコートはフェルト化しないかも? 気にしない、気にしない!

Cimg0799

Cimg0800

Cimg0806_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

咲くには咲いたけど、、、 ホトトギス

酔芙蓉が終わりに近付き、、、、   ホトトギスが咲き始めた。

この夏の酷暑で下葉が枯れて背丈ばかりが伸びてしまった。

やっと出た柔らかい葉っぱには毛虫が、、、 それでも蕾が着いた。

ヒョロヒョロで茶色の枯れ葉がぶら下がり、虫食いだらけのホトトギス。

なんとも風情の無い、、、 お席にはとても使ってもらえない。

それにしても、この蕾の着き方! 突然変異?

 Cimg0787_2

Cimg0722 Cimg0794_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

縮絨したら、、、 何を作ろう!

捨てないで!ってお願いしてあった梳き毛。   

早速、染色済みの羊毛と合わせてカードしてみた。 思った通りいい感じ!

誰の梳き毛だと思うかな? ブリテイッシュショートヘアーのゴン太くん。

一筋縄ではいかないとは思うけど、こんなコが居たらなーって!

「いたずらゴン太」の飼い主さんも山姥のニックネームをお持ちの方。

ゴン太君の灰色コートの梳いたのを羊毛に混ぜてフェルトしてみたかった。

勝手気ままなお願いを聞き入れて戴き、お手数かけてごめんなさい!

さて、、、 上手く縮絨出来ますように! 頼みますよ、ゴン太くん。

Cimg0759 Cimg0760 Cimg0761 2   

山姥さんからの映像でゴン太くん。  カッコイイ!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

噛み付かなきゃ、いいけどね!

ミルクは爺が呉れるもの! そんな感じで呉れるまで纏わりついている。

一口貰えば気が済んで何処かに消えて、、、   毎朝の慣わしになった。

つい最近の事! 消えたと思ったら作業場の隅にある婆のBEDでチャッカリ!

怒ったら急いで出て行ったけど、味をしめたら又来る! ダメ!が判るらしい。

「ボクは此の家のネコ」と態度が大きくなって来た。 爺には甘えるらしい。 

ッカリ撫でて、気に入らないと、ビクッとして噛み付くのは如何して?

風の通る涼しい処を探しては寝転んでいる。  寒くなったらどうなるの?

Cimg0713 Cimg0727

Cimg0744_2 Cimg0728_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

柿の実が色付いたら、、、

先日の台風の置き土産。  風に煽られて折れた柿の枝を始末する爺。

古い古い柿の木、どれもこれも腐った瘤から伸びた若い枝が折れて。 

未だ青い実が着いている。   少し色付いているのを齧ったら渋くない!と。

木に残っている実も、もう暫くすると鳥達が喜んで呉れるのに、、、、

最近は、何故かヒヨドリの姿をあまり見かけない。  スズメも減っている?

しっかり色付いたら、、、  ご馳走になることにして。

Cimg0742 Cimg0747 Cimg0753 Cimg0748

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古屋和子の「ひとり語り」

十五夜から三日目、、、居待ち月。 座って待つのに未だ出ない。八時。

千葉山 「合同船」からお誘いのお便りが届いた。

本人からは十月に行くからネと、聞いてはいたけど日時は判らなかった。

一人語りの古屋和子。 古巣からのお付き合いで、、、

二十年ほど経つか、山家の陋屋を舞台に「越前竹人形」を語って貰った。

移り住む以前の陋屋、邪魔な家具など無く、板戸を外して客席に。

丁度今頃の十六夜か立待の月が舞台の明かりになって、、、 

十月の「合同船」で島田での「語り」は何回になるか、覚えてない。

Cimg0734 Cimg0735 Cimg0741

Cimg0736_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

十六夜に、、、

17号台風のお蔭で残念、十五夜は雨降りお月さん。  十六夜の朧月。

あの雨と風の最中では流石のタヌ達も出て来られなかったからか、、、

早々にやって来て催促。子ダヌたちは親と殆んど変わらない成長振り!

売れ残り食パンに人間さまの残り物、 あっと言う間に無くなって、、、

餌係さんが傍に行っても逃げないのが一匹、 ついついオマケ!

タヌ達も野良ニャンも、懐いてくれると可愛くなるのは当然の成り行き。

薄雲一つなく、、、  朧は消えて、煌々と十六夜。

Cimg0700 Cimg0695 Cimg0698   

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »