« 古い布ほど、よく裂ける、、、 | トップページ | やぶ蚊との攻防は、、、 »

一閑張りの、、、何時頃、造られたものやら

昨夜、出来上がって投稿!と思った瞬間、消え失せて送信不可に。

最近、あまりご機嫌のよくないパソコン。 雷に脅かされるのが原因か?

さて、テーマは、、、  古い家具の事。 一閑張りの葛籠と小箪笥。

陋屋には近代の家具調度が似合わないので古巣から運んできた。

横浜でも幸いに戦禍を免れた海辺だったのに、埋め立てでもう海は無く。

葛籠は、、、物心ついた頃から納戸にあったから何時頃の造りか?

矢張り、一閑張りの小箪笥、、、 ご近所さんが不要とて、譲り受けた品。

使い勝手が良くて、今でも重宝に使わせてもらっている。 

持ち主だった方が逝かれ、手放された時から数十年は経っている。

これらの古い家具たち、陋屋も、、、次の世代まで残して欲しい。

Cimg0211 Cimg0214 Cimg0215

f 

|

« 古い布ほど、よく裂ける、、、 | トップページ | やぶ蚊との攻防は、、、 »

コメント

一閑張りの葛篭は見たこと有りましたが、小箪笥は初めてです。
漆塗りが好いですね。
アメリカの友人宅には、違い棚や階段箪笥が居間に納まって好い雰囲気を作って居ます。

投稿: 谷間のゆり | 2012年8月30日 (木) 11時39分

初めまして。
一閑張りの葛籠と小箪笥、素晴らしいです!
古い布ほど、よく裂ける、、、で、葛籠に見入ってしまいました。
そして、古い布たちも。
 ouna(嫗)も古布を蒐集して、パッチワークなどに励んでいました。
が、今はブログ更新に追われて・・(;一_一)
いつかまた、針をチクチクと、、、。

投稿: ouna | 2012年8月30日 (木) 15時33分

いやあ、雨の気配は全くありません。
花木が立ち枯れを始めました。

数年前、近くの往還の町並みの昔の商家、10数軒残されていまして、数軒を覗かせて貰ったことがあります。
階段箪笥や小箪笥、庫裏、大正時代の琺瑯の看板などが残されていて、1世紀以上前の佇まいです。
我が家にも何点か残っていますが物置の奥、この頃は見ることもありません。

投稿: 放念の翁 | 2012年8月30日 (木) 16時06分

谷間のユリ さん
この小箪笥、棚が取り外せ、畳紙が収まる大きさです。
棚板は和紙に覆われて手触り最高!
持ち主は踊りのお師匠だった方でした。 

投稿: やまんば | 2012年8月30日 (木) 21時16分

ouna さん
先日はあし@の掲示板にコメントを戴きまして有難うございました。
お返事のやり方が判らず、送信出来ませんでした。ごめんなさい!
布たちに鋏が入れられないお気持ち、、、よーく判ります。
永い年月で自然に集まった布達。捨てるに忍びなく、、、。 
手始めの二箱を送り出しました。
どうぞどうぞ!よろしくお願い申し上げます。

投稿: やまんば | 2012年8月30日 (木) 21時42分

翁 さん
こちらも予報は当たらず、沢の水が枯れてきました。
古い家具類、戦後の住まいには馴染まないでしょうね。
時の流れ、、、 致し方なし。

投稿: やまんば | 2012年8月30日 (木) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140867/55539247

この記事へのトラックバック一覧です: 一閑張りの、、、何時頃、造られたものやら:

« 古い布ほど、よく裂ける、、、 | トップページ | やぶ蚊との攻防は、、、 »