« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

やぶ蚊との攻防は、、、

日が暮れる頃になると、、、  やぶ蚊の襲来。

蚊取り線香が何の役にも立たない。 土間のテーブル下に二つ、

囲炉裏の脇にも焚いて、、、  効き目なし。 今年は例年より酷い。

夕食時だけでも何とかならないかと、スキンガードを使ってみた。

相手を遣っ付けてもきりが無いので、自衛する事に。  

今迄使った事がなく、気休めかもと思っていたけど、、、、

少しは効き目があればと。   刺されるのが少しは減って?

それでも、目の前に飛んでくるのを叩いて、、、 僅かの間にこんなに!

Cimg0192 Cimg0190 Cimg0263

| | コメント (2) | トラックバック (0)

一閑張りの、、、何時頃、造られたものやら

昨夜、出来上がって投稿!と思った瞬間、消え失せて送信不可に。

最近、あまりご機嫌のよくないパソコン。 雷に脅かされるのが原因か?

さて、テーマは、、、  古い家具の事。 一閑張りの葛籠と小箪笥。

陋屋には近代の家具調度が似合わないので古巣から運んできた。

横浜でも幸いに戦禍を免れた海辺だったのに、埋め立てでもう海は無く。

葛籠は、、、物心ついた頃から納戸にあったから何時頃の造りか?

矢張り、一閑張りの小箪笥、、、 ご近所さんが不要とて、譲り受けた品。

使い勝手が良くて、今でも重宝に使わせてもらっている。 

持ち主だった方が逝かれ、手放された時から数十年は経っている。

これらの古い家具たち、陋屋も、、、次の世代まで残して欲しい。

Cimg0211 Cimg0214 Cimg0215

f 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

古い布ほど、よく裂ける、、、

マットやタペストリー、、、 裂いた布で織る事が多く、材料は充分に有る。

シッカリ織る事が必要な裂織り。大きな機の前に座って織れるのは何時?

片付けを始めて、、、 この材料を活かす!にはと思い当たった。

若い友人で裂織りの達人が居る。 彼女に使って貰えばいい!

木綿なら幾らでも欲しいよとの返事。 ほんとにもう織らないの?と。

手始めに、、、 葛籠の蓋を開けると、木綿の布団カワやらインドの薄布。

懐かしい布たちが、、、 その時々の想い、、、、、木綿だけを選り分けて。  

今も手許に残るマットは何十年も使っているけど しっかりと馴染んでいる。

先ず、二つのダンボールに納めて、クロネコに託そう。

Cimg0203 Cimg0201 Cimg0200

| | コメント (4) | トラックバック (0)

野良ニャンに甘い、、、

まだ日が高い内から、やって来てカリカリの催促。

五時のチャイムまで待たせてから与える事にしている。

最近はカリカリだけだと残す。  牛乳の味を覚えてしまったらしい。

覚えさせた犯人は、、、爺!  婆がほんの少しだけやっても動かないで、、、

爺の後についてもっと!と。 そこでやるから! 甘いね。

満足すると、、、   顔を洗って?何処かへ消えていく。

先程、背中を櫛で梳かしたら途端にガブリとやられた爺。

手の甲が赤く腫れてきた。  噛み付いたニャンも驚いたらしい。

傍に来て、、、 ゴメンナサイしたらしい。 ニャンに好かれる爺!

Cimg0196 Cimg0184 Cimg0187 Cimg0186 Cimg0198

| | コメント (6) | トラックバック (0)

七十八歳を過ぎて

1934年 8月 9日 暑い盛りにこの世に出て、、、
そろそろ、あの世への身支度を始めたけど、、、ちーっとも進まず。
お仲間入り、よろしくどうぞ!
にほんブログ村

| | コメント (5) | トラックバック (0)

美作番茶の作り方は、、、

釜炒り茶作りに熱心な画廊主に、美作番茶の作り方を説明してあった。

真夏の盛り、伸びた枝ごとのお茶の葉を大鍋で煮て、日に干し、、、

干した上に煮汁をかけて乾かす、、、  やってご覧と。

作ってみたけどと言って届けてくれた。 出来上がったお茶、、、

今日のお茶は美作とはチョッと違うみたいな、、、 火加減が弱かったので、

葉っぱの枝離れが上手くいかなかったと仰る。 チョッと炒れば如何か?

今年の暑さだもの、まだまだ挑戦出来るから、大丈夫やってほしい。

20年もっと前に、今は亡き朝日新聞の波多野公介氏に伝授されて

作った美作番茶。  真夏の暑さの中で火を焚いて大汗かいたっけね。

この番茶、冷やして飲むと真夏の飲み物としてこれに勝るものなし!

来年は、、、 釜炒り茶も美作番茶も作る事が出来る迄に治らないと。

Cimg0166

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目の仇は虻だ!

朝食は6時。 今年の猛暑で虻の大量発生。日が登れば飛び込んでくる。

朝のうちはそれでもまだ2,3匹で何とか我慢しながらの食事。

蠅叩きは、手の届く処に置いてあり、羽音と同時に思いっきり振り回す。

上手く当たれば手ごたえがあり何処かに落ちるけど、10匹に1匹か?

落ちたのをそのままにしておくと、必ず息を吹き返してしまう。 

8時近くなり、さて!新聞、読むかの頃になると、ひっきりなしのご来場。

気温が上がってくると活発になって、蠅叩きは手放せない。

止まってもチクッと刺さなければ、、、  目の仇にする事も無いけど。

シューッとかけたってキンチョールが無駄になるだけでダメ。

ヤッパリ、蠅叩きを振り回すのが良さそうだ。  腕が草臥れる!

Cimg0164

Cimg0165_2

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ぷらっとパーク、お気に召したのはトイレ!

新東名高速道路、開通は県内だけ。街から離れた山間地に出来た。

料金所を通らなくてもサービスエリアに行かれる造りになっているらしい。

上り線の藤枝ぷらっとパークなら近いし、、、ちょっと覗いてみるかと。

休日は混雑するらしいけど、この暑い最中に出掛ける物好きは少なくて。

売店には土地の名産が並び、讃岐うどんの丸亀と蕎麦屋が出店している。

別棟?のトイレゾーン。 ぷらっとパークの売り物は此処に尽きる!

広々とした空間の彼方此方にベンチがあり、車椅子トイレ3つを真ん中に

左右が男女に分かれたトイレ。 一見して何処にあるか判らない様に!

車椅子用を拝借して、、、 既存の高速道路には無い気の利いた空間。

売店で「藤枝かおり」の350ccボトル1ケースをお買い上げでチョン!

今夜のお客は、、、キリギリス。 気配は秋。 

Cimg0149 Cimg0137 Cimg0144 Cimg0143 Cimg0151 Cimg0159

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古巣ヨコハマには無い「冷やしあめ」

関東には無くて関西だけの甘味。  冷やしあめ。

お昼過ぎの暑い盛りに、西に住む仲良しから届いた冷やしあめ!

早速、氷水に溶かして、、、  生姜の香りが効いて甘露!

ニュースで大阪は35℃と! 贈り主の安否を想いながら賞味する。

冷やしあめ、如何して関東には無いのか、、、、    ごちそうさま!

Cimg0132 Cimg0133  

| | コメント (7) | トラックバック (0)

口の中が、、、大火事だ!

昨日、日が落ちてから、、、 採り忘れていた?シシトウが笊に!

ヤレ雨だとか、まだ早いからダメと採らずにいたのか、とても育ちがいい。

小さくても硬かったり、大きいのは見たことがない程の代物。

これ、シシトウ???  菜園の管理人に聞くと、一本だけ違う苗だと。

数日前に採れた中にも混ざっていたらしいけどこんな大きいのは無かった。

香りも味も別に変わりなく、気がつかなかったのに、、、

管理人の好物は、シシトウだけをサッと炒めてトーストに乗せる事。

硬いので軽く湯通ししてから、いつもの、、、味に。

大きいシシトウ?  一口! トウガラシだ!  口の中が火事になった!

それにしても、、、 こんなに大きいトウガラシがあるのかしらね。

Cimg0125 Cimg0131

Cimg0130_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今年は柿の生り年らしい

昨日の荒れ模様は何処へ行ってしまったやら。   

心なしか秋めいた青空が見えて、穏やかな日曜日。

そこら辺りのびしょ濡れも少し経てば乾く筈。

背戸の柿の枝が折れて、小鳥の餌台が倒れている。 誰の仕業?

細い枝の先に実が沢山着き、重さで折れてしまったらしい。

腐りかかっていた餌台に落ちて、、、   自然の仕業。

背戸に古い柿が6本。鳥達の餌になっているけど、富有柿。

片付けないと、タヌキ達のご飯が置けないし、、、

鳥達の餌台を新調して貰わなくちゃね。

Cimg0121 Cimg0122

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雷、、、  

ピカッときたら、イチニイサンって数えて、、、  ゴかロクならまだ遠い。

イチニイでドカンと来たら峠辺りに落ちた時。  朝から遠くで鳴っていた雷。

お昼過ぎから土砂降りが始まったと思ったら、、、ピカゴロがやって来た。

だんだん近くなってくると、ゴロゴロなんてもんじゃない。ガラッ、ビシャッ!

そのうちに数える間なんて無く、ピカッ、ドカンッ! ズシン!

土砂降りの音も雷に消され聞えず、辺りが地響きする程。 近くへ落ちた?

雨に煙って峠の辺りは見えないけど、、、  稲妻? 見る間もない。

そこまで近くならない内にパソコンの電源を切らないと酷い目に。

Cimg0111 Cimg0120  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山男になるだろう!

生まれて2週間目。  親子共に順調な経過。  

病院から戻って落ち着いた樵の女房を訪ねて、、、 赤ちゃんと初対面!

文句なしに可愛い!  母乳をたっぷり貰って元気一杯に動いている。

ご亭主の樵は、、、新米お父さん振りを発揮してお風呂に入れて、

泣けば抱っこしてと、女房の手助けに励んでいる。  

女房曰く、食事の支度もして呉れるよ!   当分はやってもらう事!!!

座敷の長押には、夫婦で考えた名前が、、、「岳登」と書かれている。

ガクト君、ガクちゃん、ガク!   樵夫婦らしい命名。  おめでとう。

Cimg0097 Cimg0109

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ネパール手漉き紙カレンダー

ゆいガイアさんの2013年のカレンダーが届いた。   

そろそろと思っていた矢先。 ヒマラヤ、ロクタの手漉き紙のカレンダー。

絵の具が変わったのか? 色の感じが変わった様な気がするけど?

ゆいガイアさんは特定非営利活動法人「ヒマラヤ・ロクタの森」の

ネパール手漉き紙原料のロクタ再生活動を支援するデザイナー。  

年を越しても捨てられず、、、   いろいろと愉しんでいる。

Cimg0091

Cimg0094_2

Cimg0095

| | コメント (2) | トラックバック (0)

小学校が国民学校になって、、、

国民学校5年生。  此処も空襲になるから集団疎開先で一人残されてもと。

連れ戻されて間もなくだったような、、、  8月15日、何時もの空襲警報もなく、

大切なお話があるからと、お昼にラジオの前に座らされて、、、皆で聞いた。

何を言っているのか判らなかったけど、戦争に負けたょと一言、誰かの声。

航空隊が近くにある海辺の別荘地。 働き盛りは居ず、残されたのは弱者のみ。

あれから67年目、 広報が山に響いて「正午に黙祷を」との呼び掛けがあった。

この地方も空襲に見舞われたと聞いている。 もう人災は起こさないで!!!

御前崎からB29が、、、とラジオからの声を覚えている。

Cimg0078 Cimg0081  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一匹から始まって、、、  

ハギレで作ったヌイグルミニャンコをご覧戴いた方からのコメント。

嬉しくなって型紙進呈を申し出た。  1枚の型紙からのご縁。

初めて作ったのが50年も前。教えて下さったのは幼稚園のママ友。

この型紙から生まれたニャンコは数えきれない程になっている。

一匹作ると又作りたくなって、、、  同じ顔のニャンコにはならない。

Cimg0055 Cimg0050_2 Cimg0051

| | コメント (4) | トラックバック (0)

それ! 今のうち!

母屋の樋にゴミが詰まっている?   土砂降り! 樋から溢れて!

これだけ物凄い降りだから詰まっていなくても、廻りは洪水になってしまう。

暫くすると、ピタッと止んで、、、   その繰り返しが続いている。

止んでしまうと大向うの稜線にかかる雲が切れてヤレヤレと一息。

ポツリとの予告も無く、土砂降りになるからウッカリするとビショ濡れになる。

傘なんて何の役にも立たない。 さて、どうしよう! 母屋にトイレはない!   

Cimg0044 Cimg0046 Cimg0048

| | コメント (4) | トラックバック (0)

うっかり手出しは出来ないからね。

昨夜はこの辺り一帯に大雨警報が出て、、、

幸いな事に降るには降ったけど大事に至らないで済んだ。

何処もかしこもびしょ濡れの朝、野良ニャンが軒下で待っていた。

あまり濡れている様子はない。拭いてやりたくてもウッカリ手は出せない。

未だ時々脅かす!  カリカリとミルクを少しやったら何処かへ消えて、、、

暫く経って、、、作業台の未だ読んでいない新聞の上で寝ている!

昨日の夕刊と朝刊が一緒に配達され、広告が入って寝心地いいのかも。

夕刊を読みかけていた爺がそこを離れている間にやって来たらしい。

下手に追い払えば、猫パンチがくるだろう。  そのままにしておいた。

Cimg0141 Cimg0035 Cimg0026

   

| | コメント (8) | トラックバック (0)

何時になったら、、、 片付くの?

何十年も、ハギレを戴いていた裁断師がお歳になったので辞められた。

絹、ウール、木綿の高級な布のハギレは全て婆に下さっていた方。

染織材料の整理を少しづつ始めているので、、、 ハギレに手をつけて、、

絹、木綿類は裂織りの材料、インドの薄布サリーのハギレ等は貴重。

ウールの箱を!  処分する心算の布切れが捨てきれず生き返って。

ヌイグルミのニャンコが何匹も増えてしまいそう!

ハギレの整理も、、、 また、当分片付かない事になってしまった。

Cimg0020 Cimg0357 Cimg0364

  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

細枝に手足の、、、ナナフシ

芝草の中に居たら、気がつかない。

ミドリの小枝に細い手足が付いていて、直ぐに折れてしまいそうな。

ナナフシ。 頭の天辺からお尻の先まで15㎝程のオカシナ虫。

触角を入れたら20cmはたっぷりある。  偶に草の中で見かけるけど

何の気まぐれか、家の中にやってきた。 ヒョロヒョロと歩いているので  

鉛筆の先で突いたら、コロッと倒れて死んだ振り?  

少ししてモソモソと動き出したので、団扇に乗せて外に放り出してやった。

草に紛れて、何処へ行ったか見えなくなってしまう。

別に悪さはしないと思うけど、、、   草の中が似合う虫。

Cimg0012_2 Cimg0014_2 Cimg0015_5 Cimg0016_2    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お湿りが好きなガブラ

明け方に少しお湿りがあって、今日は少し涼しかった様な、、、、

かんかん照りの乾いた時には出て来ない「ガブラ」を見つけた。

「ガブラ」って?  大きなミミズ!   伸びると40cmは下らない。

この辺りではミミズのことを「ガブラ」と呼んでいる。

伸び縮みしなが敷石の上から雑草の中に消えていった。

普通のミミズなら手で持てるけど、これだけは触れない。

明日はまた猛暑日に戻ると、、、  予報が当たればのお話。

Img_9562_2 Img_9564

| | コメント (2) | トラックバック (0)

巣虫にやられた! 残念無念

日本蜜蜂。    網付きの帽子を被って、鮎小屋の主が、、、、

そろそろだから、ちょっと覗いてみると云って巣箱を覗きにやってきた。

いい塩梅に蜂が通っている、蜜が結構ありそう!と喜んでいたのは

半月ほど前の事。  八月に半分だけ蜜を採るかと云っていた、、、、

暫くしてダメだ!と戻ってきた。大きなミツバチの巣を持っている。

巣虫にやられたよ!と。  蜂は出て行ったらしい。 巣箱はカラッポ。

採らぬ狸の皮算用とは、将にこの事!  虫も一緒に燃やした。 残念。

Cimg0386 Cimg0387 Cimg0003

| | コメント (4) | トラックバック (0)

来週は、、、お盆休み

老人性皮膚搔痒症。  数年前から月に一度皮膚科医院で薬を貰う。

隔月にはDRとの面談があり、「如何ですか」「お蔭さまで痒みは出ません」

「ではお薬を」、、、  何時もたっぷり1時間の待ち時間でご苦労様!

そろそろ薬がと思いながら、この暑さで延ばし延ばしの、、、

早めに到着したのに、満員の待合室。 何時もより混んでいる。

張り紙がしてあり、来週はお盆休み!   なーるほどね!

たっぷり待たせてしまったお連れ合いさんに感謝するのみ。

Cimg0382

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

牛のお尻じゃないのに、、、

虻なんてのは牛のお尻に止まっていて、牛がシッポで追い払って、、、と。

トンデモナイ!  此の辺りの虻は家の中に飛び込んで来て人間を刺す。

梅雨が終わって、暑くなってくると何処からともなくやって来て大迷惑!

蜂もいるけど、、、 こちらが苛めない限り向かってこないし刺す事もない。

靴下の上から刺され、赤く腫れて猛烈な痒みが1週間?  

何処にでも止まれば、チクリとくる。 その前に叩き落さないと!

何時でも手の届く処に蠅叩きを置いて、それこそ目の仇。

1日に何匹叩き落せば、、、、 其れに比べれば蚊に刺されるなんてね!

Cimg0362 Cimg0377

| | コメント (4) | トラックバック (0)

書中お見舞いが届いた。   俳画の達人から、、、、

何時もの如く、便箋の隅にはサラッと一筆。  涼しげに。

幾ら見ても見飽きないこの筆遣い、、、  のんちゃん画帳へ。

猛暑の中での清涼剤。   切り取った便箋はそーっと封筒に戻す。

Cimg0350 Cimg0353

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴーヤは苦くて、、、 種は甘いよ!

葉っぱの蔭で採り損ねて、、、、   熟れたゴーヤ。 

戦後に満州から引き上げてきた人にレイシと教わっていた。

熟れて爆ぜた中の赤い種。 種の廻りの果肉を食べるんだよと。

種の廻りの果肉なんてほんのチョッピリしかないけど、これが甘い!

当時は甘いものに飢えていた子供達の最高の愉しみだったのかも。

引き上げてくる時に種を持ってきた?  苦瓜の事?

赤くて綺麗な甘い種としか記憶にはない。  レイシ? ゴーヤとも云う?

ゴーヤとして誰もが料理するようになったのは、、、、 近年の事。

レイシもゴーヤも苦瓜も、、、呼び名が違うだけで同じ瓜! そうだったの!?

Cimg0341 Cimg0343 Cimg0347

| | コメント (6) | トラックバック (0)

樵夫婦に、、、赤ちゃん誕生!!!

そろそろだね、と電話でお喋りしたのが昨日のこと。

樵夫婦に長男誕生!   何もかも無事でよかったね。

昨夜の満月を見ながら病院へ。  朝日と富士山に見守られて出産。

育てているミツバチからも励ましがあって、、 八・三。8月3日お誕生日。

オチビさんに会いに行かなくちゃ!  おめでとう! おめでとう!

Cimg0330

Cimg0324_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お昼寝もままならず、、、

四方八方開け放って、、、、  母屋は風が通る。  但し只今は熱風!

今が一番暑い時間。 これではお昼寝もままならず、、、 

この暑さ、異常気象?  もの皆すべてが息絶え絶えとはこの事か。

此処でこの温度。 これ以上の処での暮らしは如何ともし難いのでは?

日が落ちてからの夕風を期待しながら、、、   汗を拭う。

ギラギラと照り付ける中で、ホテイソウだけが凜として!

Cimg0309 Cimg0310 Cimg0319

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »