« 力を抜いた筆使い、、、俳画 | トップページ | 偶には、、、 コンサートもいいね。 »

薪が無くなる頃には春がやって来る???

暮れに山と積んであった薪が見る見る減ってしまった。

火持ちのいい樫を伐ってから一年寝かせてある薪の最高品?

山にある残りを運ぶとて出掛けた爺。  ハイ、どうぞ!と送り出したけど

この寒さの中、山で転びでもしたらとチョッピリ気にかかる。

幸いに何事も無く戻ってきたので、やれやれ、、、

今回のものは細めのものが荷台一杯に。 汗びっしょりで、腰が痛いと!

八十の声を聞いたら出来なくなるね。  心細い事は考えないことにしよう。

これが無くなる頃には寒さが遠のけばいいけどね。

Img_7918 Img_7919 Img_7921

|

« 力を抜いた筆使い、、、俳画 | トップページ | 偶には、、、 コンサートもいいね。 »

コメント

やまんば様~爺様!素敵~lovely
文章も写真も私は胸~キュン~ですわ~ガハハdash
贅沢な暮らしには、体力が必要か~sign02
いつまでも・・・願いは同じ~何とかなるgood
腰を休めて・・・お大事に~wink

投稿: cyicyikatsuko | 2012年1月31日 (火) 18時27分

薪炭には使われないクヌギやコナラなどが
大きくなり過ぎて、密林状態です。
山の木はサイクルで伐採し、山に陽を入れ
て土壌菌を繁殖、草木や小動物を育て土石
の流失を防いで来ました。
山を育てる秩序が失われています。
昨日「イエスの言葉ケセン語訳」を注文し
ました。睡眠薬代わりなのですが。

投稿: 放念の翁 | 2012年2月 1日 (水) 06時47分

CYICYI さん
こんばんは!
白いものがチラリチラリしてきました。
薪の調達で一安心。 お蔭様!
買っていたら、、、灯油の方が安上がり?

投稿: やまんば | 2012年2月 1日 (水) 21時30分

翁 さん
 
こゴろねのうづグしいひとァしあわせだ。
そのひたぢァかみさまさのおめどおりァかなう。

心根の美しい人ァ幸せだ。その人達ァ神様さのお目通りァ叶う。 (マタイ五、八)

投稿: やまんば | 2012年2月 1日 (水) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140867/53869332

この記事へのトラックバック一覧です: 薪が無くなる頃には春がやって来る???:

« 力を抜いた筆使い、、、俳画 | トップページ | 偶には、、、 コンサートもいいね。 »