« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

ホウレン草は胡麻汚しにしようかナ!

雑草に埋もれたホウレン草が採り時。   笊、山盛りに採って呉れた。

そこまでは爺のお仕事。 そこからは枯れ葉とかゴミを落として洗い、

調理するのは、、、こちらの領分。 サッと湯掻いて絞るとこれだけに!

胡麻を炒って和えるのもいいかナ。 今夜はムカゴご飯を炊く心算。

Img_7096 Img_7097 Img_7104 Img_7108

| | コメント (6) | トラックバック (0)

吉田公園クラフトフェア

  吉田公園のクラフトフェア。  今年で3回目。

色々なクラフト作家が全国から集まって130人が出展する。

広い吉田公園のイベント広場が大賑わいだ。

歩くのは無理なので車椅子を拝借すろ。

爺のお目当ては木工作家。  流石に素晴らしい作品揃い。

鋳物作家の処でロウソク立てを、、、、 蚊取り線香にも使える。

マタタビの木を使っている作品が並ぶ隅っこに「猫の土産」と。

マタタビの細い枝や葉っぱを綺麗に乾燥させてあった。

思わず手が伸びてしまったけど、我が家には誰も居ない。

広い芝生を一回りしたら、、、 2時間近く!  既にお昼になっていた。

帰り道で雨がポツポツやってきて。  お昼は吉田で手打蕎麦。

Img_7081_5

Img_7078_4

Img_7085_2 Img_7084_2 Img_7075_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

溜まるのはゴミばかり

大きな掃除機を引き回す事はとても出来ない。

座っている周りのごみ、、、、  埃だとか糸くずが直ぐに目だってくる。

手許用の小さな掃除機を購入した。

こんな小さくても役目をちゃんと果たす。

週2回のごみ出しにあわせて動かしている。

Img_7061

| | コメント (6) | トラックバック (0)

酔芙蓉の切り戻しは、、、

花の終わった酔芙蓉。  大きいのは2m以上、幹は3cmほど。

見たところは硬そうなのに思ったより柔らかくて簡単に伐れる。

細いのだけでも伐ろうかと、、、、   鋏を持ち出して!

転ばないように気をつけながら、、、、 大丈夫、太いのも伐れた!

この鋏、先住者が使って置いていったお茶の木を伐る鋏と聞いている。

なかなか使い勝手がよく、錆びているのにバッサリと伐れる代物。

酔芙蓉の柔らかい枝などは、毎年いとも簡単にやっている。  

今年もお蔭でヨタヨタ婆さんでも全部伐る事が出来た。

伐りっぱなしだけど、お片付けは爺に頼もう。

Img_7068 Img_7067 Img_7073 Img_7071

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普段着で愉しめる、、、ブレスレット

探し物をしてたら、、、  本命の品は無くて出てきたものは、、、

半世紀も前に愛用してた七宝のブレスレット。 五つあった筈なのに。

近頃はお数珠みたいなパワーストーンのものが主流になっている?

手仕事達人で西に住む若いお友達からの、お気に入りのブレス。

パソコンのキーが暴れるのは静電気かも?と防止のブレスを見つけた。

これは、如何見てもアクセサリーではないけど、嵌めてみている。

どれもこれも洗い物する時には外しているけど、、、、

ネックレスよりも気軽に着けられて、愉しめるアクセサリー。

いい年をして!と、、、 嗤うなかれ!

Img_7021 Img_7019 Img_7049 Img_7052

| | コメント (4) | トラックバック (0)

介護設備は至れり尽くせり

流し場。畑仕事の洗い物や染織時などの為、作業場と物置の間にある。

この時季になると木の葉は舞い込むし埃は溜まり、汚れが目立つ。

その奥にあるのが「我が家のトイレ」。

その昔?そこには大きな樽が埋め込まれて二本の板が渡してあった。

入り口も戸も無く、物置小屋の片隅。 それが「陋屋のトイレ」だった。

その当時の名残の落書きがそのまま残っている。

住始めて物置の半分を作業場に改築し水周りもすっかり様変わり。

但し、母屋からは履物履いて外に出て、、、 それが不便かな?

婆の為には、至れり尽くせりの介護設備完備の「我が家のトイレ」。

Img_7011 Img_7010 Img_7008

    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

これでこの秋最後のふつかよいさん

昨日が最後の一輪でお終いになった酔芙蓉。  

真っ白な姿を確かめるのが、、、、毎朝の愉しみだった。

日の出前、昨日の名残の紅色も捨てがたく、、、、  二日酔い?

この秋最後の落花をみて、近い内に切り戻しを頼もう。

又、来年のために、、、、

Img_7000 Img_6999 Img_7042

| | コメント (2) | トラックバック (0)

小さなお神輿、太鼓の代わりは、、、

秋祭り。雨の予報は外れて、お祭り日和。

お神輿の休憩地に決まった梨ん平、我が陋屋への曲がり角。

午後三時、鳴り物や子供の声がして小さなお神輿がやってきた。

思っていたより大勢の子供や親子連れが居て賑やかなこと!

担ぎ手たちが休憩の間、お神輿は茶畑の脇にチョコンと置かれて、、、

こんなに近くで見たのは始めての事なのでしっかり拝見出来た。

裏側には太鼓が、、、何と! 一斗缶を潰したのが太鼓の役目をしている!

暫くしてから、それを叩きながら行列は坂を下って行った。

担ぎ手さん達にお菓子でもと、、、ほんの気持ちをお渡しする。

花火の音がして、お祭りは無事に終わった。

Img_7038 Img_7026 Img_7032 Img_7036

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「誰でも!!家で!!簡単に塗れる漆喰!!!」

作業場の雨漏り。  外壁の応急処置は業者に頼んで。

部屋の中の漆喰が剥がれた処は爺が手作業ですることになった。

ホームセンターで「誰でも!家で!!簡単に塗れる漆喰!!!」を購入、

素人さん向けに作られたオカシナタイトルのついた缶入りの代物。

鏝やら箆やら道具は手持ちのものを使えばよしで、、、

下塗りからやらなくちゃと始めて半日ちょっとで完成!

お蔭で剥がれた処は無くなり、綺麗にになった。

漆喰だらけの流し場の後始末は、婆のやる事。

ちっとやそっとでは綺麗にならず、、、、

もう一度やらないとまだ漆喰が残っている。

Img_6950

Img_6948_2

Img_6688 Img_6954

Img_6947_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ホトトギス、咲いたよ!

虫に食べられ、台風で叩かれて哀れな姿のホトトギス。

ひょろひょろと茎ばかり伸びてと思っていたら、何時の間にか蕾が付いた。

何時もより小さくてひ弱な花。  今年は諦めていたのに。

何年か前にデンマーク牧場からの帰り道、小笠山の崖の一枝。

まだ元気だった住ちゃんも持ち帰ったけどどうなってしまったか。

先日の台風で小笠の山道も彼方此方崖崩れで様変わりしている。

彼女、この夏に三回忌を、、、   ホトトギス咲いたからね。

Img_6959

| | コメント (0) | トラックバック (0)

虫に食われないように、、、  

来年の3月に京都で開催の羊パレット。

デンマーク牧場の泥んこ羊も出品するので最後の総仕上げをする。

先日、提出の写真を撮って貰って完成と思ったけど、チョッと手直し!

メンバーにお願いして、我が家にご足労願い、、、 無事完成した。

流石、手早い連中のやる事。 婆一人ではとても無理な、、、、

搬入まで、虫食いの無いようにチャンと管理しなくちゃね。 責任重大だ。

ナフタリンをどっさり入れて置けば大丈夫!

Img_6972 Img_6966

| | コメント (4) | トラックバック (0)

柿ノ木も歳をとると、、、、

何時も実が着かないお向かいの柿。   どうしたことか鈴生り!

我が家の柿は、、、5本も6本も背戸にあるけど今年もダメ。

数年前までは厭と言うほど生って古巣のご近所さんに運んで、、、、。

柿も古くなるとダメらしい。 幹にコケがびっしり着いてしまった。

お向かいさんが持ってきてくれて、ちびだけどコレでも次郎だでねと。

ウーン、甘味が薄いかな?    刻んでサラダにしたら美味しいっけ。

Img_6941 Img_6940 Img_6945 Img_6943  

| | コメント (6) | トラックバック (0)

小さな神社の小さな、、、、

小さな部落の小さな神社。 23日の日曜日はご祭礼。

神社委員さんがお飾りを配ってきた。  夫々が玄関先に飾る。

今年は前夜祭に歌謡ショーがあるらしい。  境内が会場との事。

寒い晩にならなければいいけど、、、、   

お祭りの当日は朝から部落の夫々の家長が神殿に集まり、

街からやってくる神主さんの祝詞を聞き、祝杯をあげてお開き。   

お接待は各組が年毎に廻りもちでそれに当たる。  お当家と言う。

七組あるから、7年に一度回ってくるけど、そろそろ回って来るかな?

若者が少なくなり、みんな年寄りになったらどうなる事やら!

お知らせの最後の一言が何とも、、、気が利いている。  

Img_6939 Img_6932 Img_6934

| | コメント (7) | トラックバック (0)

ブルーベリーがさっぱりと!

最近は流行のお蔭か新種が色々と出てきたブルーベリー。

20年以上も前にサカタのタネからの原種に近いものを植えて。

2年間も剪定をせずに、、、  藪の様な状態になっていた。

素人では手に負えないので、栽培している知り合いにお願いして、、、

来年は採れないのを覚悟で、株の更新やら切り詰めをして貰う。

蜂の巣が彼方此方にあったり、蔓が絡んだり、、、、

ご夫婦で、それでも3時間足らずで見違えるようにサッパリとなった。

見えなくなっていた川も街道も上から見下ろすことが出来る。

2年も経ったら又お願いするからねと、今から頼んでおく。

Img_6922 Img_6931

| | コメント (4) | トラックバック (0)

帽子スタンドは東南アジアから、、、

展示用の帽子スタンドを探していたら、、、小学館「大人の逸品」秋号に。

東南アジアに発注してるので暫くお待ちをとの事で。   届いた。

編み手が違う為か、よく見ると僅かに違いがあり、手作りの良さがある

ラタンを編んだスタンドは見たことがなかった。  軽いし使いやすそうな。

2年前の会は怪我の為にギャラリーをキャンセルして、、、、

今年はまだ無理だけど、来年の秋には展示を!   これが最後になるか?

Img_6913 Img_6908 Img_6915 Img_6914

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梳き板合板を、、、、

深い庇のある玄関口に大きなテーブルが置いてある。

作業台になったり応接になったリ、臨機応変に重宝している。

爺が作ってから大分経っている。 塗りは剥げて板がささくれて来た。

何かの拍子に棘を刺して痛い思いをするので何とかならないものかと。

シッカリ出来ているので壊してしまう事もないので、、、

梳き板合板を載せてみた。   まあまあ何とかなった。

Img_6884 Img_6896 Img_6898 Img_6899

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねこじゃらしの親分みたいな、、、

月二日だけ、第2第4の木曜日。殆んど休まないで二十年。

骨折騒ぎからストップしているデンマーク牧場通い。

牛肉出荷のお知らせを受けて、先日はまきばの家、今日は牛舎へ。

久し振りでこどもの家の前を通り、外れの牛舎までの牧草地、、、、

ねこじゃらしの親分みたいなオニシバの紫色で覆われている。

種が散らばらない内に刈り取らないと、、、羊たちの毛の中に入ってしまう。

ごみ取りをしないと、羊毛は使いものにはならない。

今日の羊たちは別の囲いに、のんびりと遊んでたけど、、、  

相変わらず泥んこだった。

Img_6874 Img_6875 Img_6877

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雨漏り応急処置

外壁の丸太の間からの雨漏りを止める工事が始まった。

物置を半分壊して作業場を作ったのは陋屋購入後、間もなくだから、、、

30年は経っている。   傷んでくるのは当然か。

母屋は昭和の始めに建てられたと聞いているけど、という事は80年?

チョッとの事では潰れないだろう。     雨漏り応急処置は終わった。

今宵は朧な full moon。

Img_6861 Img_6872 Img_6871    

| | コメント (8) | トラックバック (0)

タケノコ芋の試し堀り

嵐で倒れたのもあるし、そろそろ掘ってみるかと、爺が掘ったタケノコ芋。

親芋の形がタケノコに似ているので、、、タケノコ芋と呼んでいる。

小芋が沢山ついて、親芋はヤツガシラより柔らかで煮っ転がしに最高。

包丁で皮を剥けないチビ芋は洗って皮付きのまま塩で揉み、蒸かして、、、

三株も掘ったら食べきれない。    序でにショウガを一株掘ってくれた。

Img_6852 Img_6853 Img_6855

| | コメント (4) | トラックバック (0)

10月10日は転倒予防の日

又、連休!  毎日、日曜日の爺婆だからあんまり関係ないけどね。

でも10月10日は以前もカレンダーは赤丸で「体育の日」だった。

最近は今日は何の祝日なの? ってことになってしまったね。

連休にする為に祝日を変えるなんて、ちょっとオカシイと思う。

さて、十月十日だけど、、「転(10)倒(10)予防の日」 ぴったりだ!

朝刊全面広告1ページに。  今の婆のために10月10日があるみたい。

2本ステッキの状態で転んだら病院に戻り、果ては車椅子となってしまう。

今日だけではなく、毎日が「転倒予防の日」なんだけど、、、。

10月10日の今夜は、十三夜の月明かり。  冷えてきた。

Img_6843 Img_6837

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日のお昼は、、、これに決めた!

クロネコ最終便で島原からの、、、、  彼女、さては連休でお出掛けか?

雲仙きのこ本舗。養養麺?  「きのこ」ではなくて麺らしい。

お味見と、、、 残念、夕食を済ませたばかりなので、明日までお預け。

同封の説明書きによると、「3分で出来上がり」となっている。

お湯だけ沸かせばいいらしい。 明日の愉しみが出来た!

Img_6824 Img_6826 Img_6828

  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

丹波篠山から、、、

丹波篠山の枝豆と栗がやって来て、、、 

栗ご飯のご要望があり、右手の利かない婆に代わって皮むきは爺。

栗の中にご飯粒、、、  になりそうな程に贅沢な秋の味覚。

Img_6810_2 Img_6819_2 Img_6820_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蜘蛛の巣だらけ、、、

何かゴソッとしたと思ったら、、、 プリンターの後の壁に!

掌サイズの大きな蜘蛛助。  歩くとゴソゴソ音がする程大きい。

何で夜になると出てくるのか、、、  昼間はあまり見かけない。

小さいのからこんな大きいの迄、今年は蜘蛛が大発生。

取っても又直ぐに同じ場所に巣が出来ている。 蜘蛛を潰さないとダメ!

小さければ何とか、、、   こんな大きいのは流石に手が出ない。

蜘蛛の巣だらけの我が作業場。   大掃除するしかない。

Img_6801 Img_6804 Img_6816

| | コメント (8) | トラックバック (0)

「羊パレット2012」 泥んこ羊の作品は、、、

泥とウンチと草の実で固まった毛を外して、、、

洗ってゴミ取って、、、  紡いだら編んでも織ってもいいしね。

フェルトしてもいいから、お好きなようにして、、、  

みんなの作品を集めてパッチワークのタペストリーを作った。

「羊パレット2012」からのお誘い。  出品しよう!

みんなのを集めたら大きさが色々で面白いものが出来たよね。

搬入はまだだけど、写真を送らないと、、、、

撮影は遊木舎がお手のものだから、お任せで。

婆が撮ったら、折角の作品が泣くだけ。  こんなのは送れないよ。

Img_6792 Img_6785 Img_6787

| | コメント (4) | トラックバック (0)

遊木舎、、、 新米も作品!

遊木舎から新米が届いた。   

音具制作の傍ら、お茶とお米を生業としている。

音具って?   木材から作る叩くと音のするものだから音具。

独特の素晴らしい感覚は彼ならではのもの。

わが陋屋の入り口に居る大きなフクロウも作品の一つ。

木槌で叩くと澄んだ音が、、、 大木を刳り抜いてある。

幾つかの仮面の一つ、これも叩くと、、、。  夫々に音は違っている。

そんな彼の作品!のお米が今年も届いた。  感謝して戴く。

Img_6752 Img_6746 Img_6772 Img_6768

Img_6765    

| | コメント (6) | トラックバック (0)

来年に期待して、、、  弱った八重桜

急に冷たい風になった。  気温が下るらしい。

勢いの無くなった八重桜。  虫食いの葉が色付いて散リ急ぐ様子。

台風で散々傷めつけられ、気温の変化の中で、懸命に枝を張っている。

来春を期待しながら、、、、     根元の枯れ葉の中にホタル草。

Img_6731 Img_6740 Img_6741 Img_6737

| | コメント (4) | トラックバック (0)

サクラもヤナギも無いけれど、、、

家周りの雑草の中。  目に付く花、、、  蓼ばかり。

シッカリと濃い赤のミズヒキ。夏の草刈で刈られてしまったと思っていたら

彼方此方で茎を伸ばしている。これも蓼科とか、、、

アカマンマはおままごとで、よく使ったっけ。  犬蓼が本名らしい。

ヤナギ蓼とばかり思っていたら、、、  葉っぱに黒い斑があって

ボントク蓼だった。   ヤナギと違って辛味も何も無い役立たずの蓼。

ボントクとは、、、  愚か者の事なんだそうな。  何とも気の毒な。

残念ながら、サクラもヤナギも、、、なさそうだ。  

それでも陋屋の廻りは、蓼の花盛り。    すっかり秋になった。

Img_6716 Img_6718 Img_6725 Img_6722 Img_6726

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜になると香る木  その名は夜香木

部屋の中が、素晴らしい香で噎せ返るほど!  驚き!

隣りのかあさんが、、、  今夜咲くからねと届けて呉れた植木鉢。

一晩だけ貸してあげるんだよと、、、

日が落ちて暗くなると、小さな星形の花が開いて辺りに香りが!

夜が更けてくるに従って、香りは強くなってきた。

地味で薄緑の目立たない小さな花から、この香り!

その名は「夜香木」。   話しには聞いていたけど、、、

友達から枝を貰って挿し木したらしい。

明日の朝、報告しながらお返ししなくちゃ!

Img_6708 Img_6704

Img_6706_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »