« 焼〆の湯呑に「クマのプーさん」は合わないよ! | トップページ | 大船渡から、、、 »

薄闇に膨らむ蕾、、、 酔芙蓉

日の出が五時半に間近くなって、、、   

既に真っ白の花弁が開き、昨夜の名残は閉じて二日酔い。

お昼を回って二時過ぎのほんのりと色気が滲み、、、

残照の頃はほろ酔い加減?、、、、 十三夜を眺めて深酔いとなる。

蕾は既に薄闇の中で白く膨らんでいる。 翌朝のために。

Img_6431 Img_6439

Img_6468

|

« 焼〆の湯呑に「クマのプーさん」は合わないよ! | トップページ | 大船渡から、、、 »

コメント

誰が名づけた酔芙蓉 なるほど・・・納得です~
上手く写真撮れてますね~お見事!

投稿: cyicyikatsuko | 2011年9月11日 (日) 00時40分


  青空に酔芙蓉・・季節の変わり目を
  花々で体感・。

投稿: シミズ | 2011年9月11日 (日) 09時22分

CYICYI さん

ほんとにネエ、何方が名付け親でしょう。
明日の朝は五つ咲きそうです。

投稿: やまんば | 2011年9月11日 (日) 20時18分

シミズ さん

季節を心得ているのには驚きです。
静かな秋を過ごしたいもの!

投稿: やまんば | 2011年9月11日 (日) 20時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140867/52696633

この記事へのトラックバック一覧です: 薄闇に膨らむ蕾、、、 酔芙蓉:

« 焼〆の湯呑に「クマのプーさん」は合わないよ! | トップページ | 大船渡から、、、 »