« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

キドニーソテー

牧場から牛肉出荷のお知らせがあって、名前は「悠」ちゃん。

肉は熟成させる為に数日かかるけど、内臓はその日の内に戻ってくる。

レバーとキドニーを注文してあったので、早速受け取りに。

キドニーはうっかりしてると捨てられてしまう事がある。

これはあまり馴染みがないのかも、、、、  勿体無い!

ヨコハマでも置いてある肉屋はあまり無くて、元町の肉屋まで

わざわざ買いに出掛けたっけね。 キドニーソテーは父の好物だった。

Img_6698

Img_6702 Img_6701

| | コメント (2) | トラックバック (0)

板についてきたエコバッグ作り

おうちCO-OPの「お買い物めも」。 週に一度やってくる。

新聞エコバッグと同じ形の「お買い物めも」エコバッグを作ったら、、、

用紙の大きさは新聞紙の半分。  貰い手さんに評判がよろしい。

リクエストがあったりして、作る傍から無くなってしまう。

手首骨折のリハビリに始めたエコバッグ、始めの頃に比べると

出来上がりの見栄えがよくなってきた???

お洒落で見栄えのする絵柄がなかなか無くて苦労する。

Img_6690 Img_6693 Img_6696

| | コメント (4) | トラックバック (0)

台風の置き土産は、、、

外壁が剥がれて、叢に散らばっているのを見つけた。

台風の後遺症!   作業場の庇の壁。 二階の雨漏りの原因だ!

雨が浸込んで漆喰が剥がれてしまった。一箇所だけではない。

こうなったら爺の手には負えない。  左官屋に頼まないとダメだね。

天気図には又台風の渦巻きが出ている。 上陸しないで貰いたい。

Img_6686 Img_6685 Img_6689 Img_6688

| | コメント (4) | トラックバック (0)

格好が悪くたって、、、、 

秋茄子は嫁に、、、、  と言われているけど。 確かに美味しい。

曲がりくねって、皮は硬くて、、、出来損ないが採れる。

台風に倒されて、、、  もうお終いにすれば?

8月の猛暑大雨の合間にも、採れて採れて、、、だった。

今年はこれで、、、   茄子よ、お疲れさん!

皮を剥いて、、、   今夜はマーボーナスにしようか。

Img_6676 Img_6681

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自由自在の「強火の遠火」

陋屋を譲り受けた時に購入したガスレンジ。  定住以前の事。

マルマンのコンロ2個でオーブン付き。 30年は使っている。

バーナーも五徳も現在まで型は変わらず、取り寄せが出来る。

煮物揚げ物焼物、 すべてお任せで重宝この上なしの調理器具。

ちょっと塩鮭を焼いたり鯵の干物を炙ったりもこれを使う。

鰤カマの塩焼きの焼き上がりはいい塩梅の火加減自由自在。

魚焼きの網を2,3枚重ねて使う。 強火の遠火は網の傷みの速い事。

そろそろと思っていた矢先の入院騒ぎでそのままになっていたが、、、

格好のいい?ロースターは自由自在の強火の遠火には向かないと。

以前からあった超簡単な魚焼の網を爺が探してきてくれた。

秋刀魚は、、、 炭を熾して家の外で焼くに限る。

Img_6668 Img_6675

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

犯人は、、、 これだ!

ホトトギス。 ヒョロヒョロに伸びた処に虫が着いて、、、

数本残っていたのも、今度の台風で倒されてしまった。

残されていた葉っぱを食べている犯人を見つけた。

あの雨と風の中、何処に隠れていたのか、、、 秋晴れの朝。  

まぁ、食べっぷりのいいこと。  気がついたら次の葉っぱに!

今年は諦めた! ホトトギス。

Img_6585

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みんな溶けて、、、綺麗になった!

母屋のお勝手にあった冷蔵庫も冷凍庫も見事に溶けて。

一日やそこらなら、大丈夫なのに、、、、  三日と為るとね。

きれいサッパリと廃棄処分。  ワーッ、これもダメだ、残念!

お蔭でカラッポになって大掃除出来、通電する。 

辛うじて助かったのは、物置にある冷凍ストッカー。 

入っているものは、、、  染色材料の臭木の実とかで。

Img_6663 Img_6658

| | コメント (2) | トラックバック (0)

台風が去って、、、

電気がついた!!!   三日ぶり!!!  

真っ暗で何にも出来ないから今夜も早寝と、、、  9時少し前。

15号台風の直撃を受けて、停電断水、固定電話もケイタイもダメ!

ロウソクと小さなカンテラで、、、  水は街から給水車がやってきた。

道路は寸断、崖崩れ、、、 東北、紀伊の事を思えば文句は言えないけど

台風直撃は何十年振りの東海だとか、、、 自然に太刀打ちは出来ない。

さて、停電が三日も続くと、冷凍庫はどうなるか?  中身は全て溶けて!

普段は開けない冷凍ストッカーの中も、びしょ濡れのゴミの山。

ガスが無事だったのは救い。 それも無ければ薪があり炭がある。

水だって沢がある。 但し農薬を気にしなければの話。

電気に頼り過ぎた暮らしに、自然界からの警告かも知れない。

オール電化の勧誘電話、お断りが増えるだろう。

Img_6633 Img_6634 Img_6649 Img_1469_2 Img_1474

Img_1472_2

| | コメント (16) | トラックバック (0)

この眼をみたら、、、衝動買い

台風の来ない内に、、、   ミルクも無いし、野菜庫が心細いので。

オラッチェ牛乳と服部のコンニャクの置いてあるスーパーで、、、

何気なく覗いた魚売り場でスタッフが並べていたスルメイカ。

この眼を視たら、、、  ついつい、衝動買いでカートに入れてしまう。

先ず、ワタを取り出して袋のままたっぷりと塩を塗して、、、

皮を剥いだ身は清酒に浸して、、、  暫く冷蔵庫でねかせて置く。

その後は、、、  ワタを袋から出して塩加減をみて。

身はお酒を拭き取り、削ぎ切りにしてワタと和えて出来上がり。

イカの甘味が口に微かに残り、、、  お刺身とは一味違って戴ける。

塩辛にするなら塩加減を強くして数日ねかせれば塩が馴染む。

ご飯のお供にはならないかも?    

Img_6595 Img_6597

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「敬老の日」なんだそうな、、、

3連休? 19日の旗日って何なの?   カレンダー見たら、、、

「敬老の日」。   9月15日じゃなかったっけ。 そうか、変わったんだ!

連休にする為に祭日を月曜日にしたんだっけ。   何とも紛らわしい事だ。

お昼過ぎ、地区の班長さんが市長さんからの挨拶とお菓子を!

早く食べてくださいって、、、  大福、二人分で10個!  どうしよう?

Img_6588 Img_6587 Img_6593

| | コメント (8) | トラックバック (0)

埃も味のうち、、、

二十年間の積り積もった埃!  貯蔵戸棚の整理をした。

山家へ移り、先ず手懸けたのが果実酒作り。

手当たり次第に、、、  藤の花やら山桜の実、スイカズラ等々。

ラベルがすっかり消えてしまい、中身の判別出来ないのもある。

生のままで試飲したミントの味も香も素晴らしい二十年モノ?

こんなにあったら、飲み切れないうちに、、、 と思う。

担いで往く訳にもいかないので、、、   せっせと飲まなくちゃ!

Img_6576 Img_6577 Img_6578 Img_6579  

| | コメント (7) | トラックバック (0)

和洋、甘辛取り混ぜて、、、

西に住む若いお友達からオヤツが届いた。

彼女の発想は、、、  思わず拍手してしまう程に愉しいもの。

和洋甘辛の銘菓が詰まった箱は、ご覧の如き、、、

爺婆夫々の好物がちゃんと収まっている。

郵便局のオジサンが届けてくれたのが丁度オヤツ時。

お茶も冷えている事だし、、、  ご馳走さま!

Img_6559 Img_6555 Img_6563

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポロポロ毀れるのが最高の味?

残念無念!  今年は一ヶ月も早くお終いなんだって!

来るなら今週中と、、、、   笛吹のブドウ園。

東名を使うのは久し振りの爺。フライングシープ迄のドライブをする。

人穴から笛吹往復はフライングシープにお任せで、、、、

耳鼻科夫人も誘って同行四人。  終わりのブドウを堪能する。

房をチョッと持っただけでポロポロ落ちてしまうけど、味は最高!

これではみんなに送る訳にはいかず、自家用を譲ってもらう。

出来たばかりのジュースは、、、  かき氷にぴったりで。

来年は時期をよく聞いて、、、 またお供させて貰おうね。

フライングシープのお知り合いのブドウ園。 

Img_6547 Img_6550 Img_6553

   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

本日のお昼は南京街で!

古巣ヨコハマ南京街の味。  

こんな山家住まいでも電話をすれば出来立てを冷蔵で送ってくれる。

シッカリと胡麻油で練り上げた黒い餡の大きな餡饅頭。

それに筍の歯触りも嬉しい肉饅頭。 調味料の序でに頼んだ。

使い込んだそれ用の蒸篭で丁寧に蒸して、、、、。

この蒸篭は何にでもお役立ち。   電子レンジなんて、以ての外。

Img_6541_2

Img_6544 honnjituno   

    

| | コメント (6) | トラックバック (0)

季は既に、、、

夜更けともなると、昼間の猛暑が嘘みたいに涼しく。

九月も半ば。 季はすでに移って、、、  中秋。

雑草に混ざって彼方此方に伸びきったミズヒキが色付いてきた。

今年は何もかも、背丈ばかりが伸びて下草が枯れて。

チョッと手折ってと、、、思うけど格好の悪いこと、サマにならない。

ホトトギスは伸び過ぎて倒れ、すっかり虫の餌食になってしまった。

Img_6533 Img_6537

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電動かき氷機アイスロボはフル回転!

「生活の木」にあるハーヴコーデアルにハマった今年のカキ氷。

猛暑のお蔭で「アイスロボ」がフル回転して、、、 大人の味!

そろそろ、片付けようかと思っていた矢先、カキ氷の本を見つけた。

「お家でいただく、ごちそうかき氷」 メディアファクトリーからの出版。

云われてみれば、アイスクリームは寒い冬も食べる。

真っ赤に燃えるストーブの前での一口は最高!

カキ氷だって、、、同じこと。   アイスロボ、片付けるのは止めた!

「ごちそうかき氷」に載っている基本のシロップを作らなくちゃ。

Img_6520 Img_6523 Img_6510 Img_6511

| | コメント (6) | トラックバック (0)

雲があって、、、月は輝く

ほら、お出ましだ!  大向うの稜線に!  

薄墨の空は一片の雲も無く、、、  月の出。  時刻は六時半。

何とも見事な満月。  うっかりしてたら、見損なっていた。

暫く眺めて、、、 お供え物もしないで迎えた仲秋の月。

夕餉の支度の合間に覗いたら、何時の間にやら雲が、、、

へそ曲がり婆は思う。 僅かに雲の懸かった月の風情が良しと。

月見の宴もなく、耳の所為で虫の声も聞こえず、、、、

中天に懸かる月は冷たく輝き、雲は消えた。   

Img_6495 Img_6499 Img_6501

| | コメント (4) | トラックバック (0)

大船渡から、、、

数日前、「今年はダメと思ってたけど送れるから、、、」と連絡があって。

夕方、大船渡!から届いたクール便。   秋刀魚が泳いで来た。

たった今、水揚げされたような、、、  こりゃ、何と云っても生で!

早速、三枚下ろしで、、、 包丁捌きは手早く、任せとき!

お皿に盛り付けたのをカメラにとの心算だったのに、

気がついたら、お皿はカラッポ!  最高なお初もの。

明日は炭を熾して七輪で、、、   青い柚子と大根下ろして。

Img_6477 Img_6480

  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

薄闇に膨らむ蕾、、、 酔芙蓉

日の出が五時半に間近くなって、、、   

既に真っ白の花弁が開き、昨夜の名残は閉じて二日酔い。

お昼を回って二時過ぎのほんのりと色気が滲み、、、

残照の頃はほろ酔い加減?、、、、 十三夜を眺めて深酔いとなる。

蕾は既に薄闇の中で白く膨らんでいる。 翌朝のために。

Img_6431 Img_6439

Img_6468

| | コメント (4) | トラックバック (0)

焼〆の湯呑に「クマのプーさん」は合わないよ!

窯の親父、焼き上がった作品を新聞紙に無造作に包んで渡している。

個展会場でも何時もの通りで、余程の作品でないと箱無し。

例の四万十新聞エコパック。   かあさんにと渡したら、、、、

お気に召したらしく、サッサとしまい込んでしまった。

何枚でも作ってあげるよ。  でもネ、それなりに絵柄を考えないとね。

まさか、焼〆の湯呑にドラエモンやプーさんの手提げとはいくまい。

横文字でもピンと来ないしね。  指先のリハビリに丁度いい作業。

新幹線の止まる街には、英字新聞が置いてあった。  流石?

Img_6427 Img_6429

| | コメント (4) | トラックバック (0)

絶える時のない開花、オンシジュウム

季節を選ばずに、一年中花芽が出て来るオンシジュウム。

花の寿命は咲き始めから一ヶ月余りもあり、永く咲いてくれる。

12号台風の後の大雨が止み、久し振りに日光浴。

たっぷりと葉水を掛けてよく観ると殆んどの鉢から花芽が覗いている。

Img_6422 Img_6418 Img_6416

| | コメント (6) | トラックバック (0)

金魚の餌は、、、、  メダカの餌はボウフラ

睡蓮の甕と河骨の甕に居た連中は辛うじて残っている。

猛暑の為に水温が高くなり、大きな甕のメダカが全滅してしまった。

何匹居たのか、、、  大所帯だったのに、産卵も僅かだった。

ボウフラ退治してるんだと仰いますけど、余り宛にはならない?

金魚やに行かなくちゃと、、、  メダカの管理人。   

のんびりした金魚店でお昼過ぎにならないと店が開かない。

何時の間にやら10匹100円が7匹100円に。 餌用のメダカ。

突然変異?の変り種は一匹でナンボの値段がついている。

卵から孵って半月も経たないのも混ざっている餌用を掬ってもらう。

金魚の餌にならなくてよかったね。 しっかりボウフラ食べとくれ!

Img_6393 Img_6401 Img_6407

| | コメント (1)

ノロノロ台風の置き土産

大雨もやっと峠を越してくれたらしい。  でもまだ時折ざーっとくる。

街からのバスも始発を抜かして登ってくると云い繋ぎの電話が入った。

冷蔵庫のミルクは無いし、野菜庫も心細くなっていたので街へ出ることに。

何時もの川からは想像もつかない程の濁流に、、、、

崖崩れは彼方此方で見られ、土木の緊急工事も始まっている。

家屋崩壊や怪我人が居ないだけでもよかった。  

山伝いの部落では数軒が避難したと報道されていたけど、どうしたか?

大きな古いお茶の木があって名の知れた小さな部落の事。 気にかかる。

紀伊の被害の大きさに為す術の無い婆。

Img_6390 Img_6398 Img_6396 Img_6397 Img_6400 12

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今夜も出ている大雨警報

大雨警報の予報が大当たりで一晩中降って朝から大降り!

街道と雑木林に挟まれて流れる伊久美川。何時もは此処から見えない。

今朝は増水で茶色に浮き上がって見える。 洪水の心配はない?

「下りで通行止め」の連絡が回ってきた。 当然バスは登ってこない。

日曜日の事とて、通勤通学には支障なしだけど、、、

土砂降りが止まず、雨に叩かれ時折の強風に煽られた水芙蓉。

気がつかずに居たら、名残の紅と開いた白が雨に叩かれて。

一番花は昨日。    時季を忘れてはいなかった。

Img_6382 Img_6379 Img_6380 Img_6377

| | コメント (2)

厄介者が増えた!

一箇所ダメになると、こっちもあっちも連鎖反応的にオカシクなる。

骨折入院騒ぎの後、両手にステッキの暮らしが板について、、、、

胆嚢は幸い治まってくれたけど、難聴老眼が急に進んでしまった。

先日、足の指先があんまり痒いので掻き壊してしまったら、、、、

何とミズムシらしい。  街の薬屋のおじさんが「これ効くよ」と。

様子を見ながら数日、ちーっとも痒みが止まらない。

お馴染みの皮膚科へ薬を貰いに行った序でにDrの診察を!

ご本人、素足でサンダルスタイル、これに限ると見せてくださった。

ナースさんの処置は素早くて、あっという間に足の指先は包帯!

治るのはなかなかだけど、広がるのはアッと云う間らしい。

包帯より大き目の5本指の靴下の方がいいと助言あり。

2種類の軟膏とそれを塗る布を処方してオシマイ。

作業衣料店に寄ったら、置いてあった。 大き目の5本指の靴下。  

厄介者が又一つ増えた。   痒いけど、、、  我慢している。

Img_6359 Img_6375

| | コメント (8) | トラックバック (0)

のろまな大型台風の行方

台風が西寄りになって、、、   真正面に上陸?と思っていた。

風はさほどでは無いけど、時々雨が横殴りになる程に強くなる。

裏山の三本杉が折れなきゃいいけどと気にかかってしまう。

予報は今夜から明日に掛けて大雨と、、、、   まだ降るつもり?

土砂崩れの連絡が来なけりゃいいけど。   

風の盆も台風に巻き込まれてしまった。 酔芙蓉の蕾がまだ固い。

Img_6373 Img_6370 Img_6364

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »