« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

やられた!  

豊作トマトを嗅ぎつけてハクビシンが出没!

何時もトマトは殆んどハクビシンの食事になっていた。

今年は絶対大丈夫!の筈だったのに。

どんなに頑丈な囲いも彼等には関係ないらしい。

採れ過ぎだ!なんて贅沢な文句も今日限り。

Img_6084 Img_6086

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トカゲのしっぽ

母屋の軒下に住んでいるトカゲ, 体長は20センチあるかないか。

羽目板の裏や薪の間からチョロリと姿を現して。

右見て左見て素早い動きで消えてしまう。 その速い事!

小さいうちは余り目立たないしっぽの色が冴えてきた。

Img_6074 Img_6070_2 

     

| | コメント (9) | トラックバック (0)

お役に立ちますように!

お馴染みの郵便屋さんからのお誘い。

寄付金付きの切手を発行したので如何ですかと。

東日本大震災救助支援のために80円+20円。20円が寄付になる。

確か、小銭を整理して二千円ほど、、、   2シートお願いする。

震災の後直ぐに日本赤十字に僅かばかり義援金を送ったけど

ちゃんとお役に立っているのかナ? 

Img_6081 Img_6083 Img_6020   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

注意報と警報の違いは、、、

昨日のこと。 

朝早くから近隣の市や町に大雨洪水雷警報が出た。

こちらも大雨とカミナリ。  バケツをひっくり返したより物凄い雨。

おまけのカミナリはゴロゴロなんて優しいものじゃない。

山のそれは何時でもそうだけど、バリバリッと!

母屋から一歩も出られず、雨脚の弱まった間に爺に頼んで

パソコンの電源を切ってもらった。 笠なんてさしてもびしょ濡れ覚悟!

樋から溢れた雨が敷石に跳ね返って庇は役立たず、

土間まで飛沫が、、、、  何もせずに呆然と雨脚を眺めるだけ。

今朝の地方版にこの辺りの大雨被害が載っている。 やっぱり!

今は薄日がさしているけど、どうなることやら?

この調子では上流の方も並みの降りではなかったらしい。

何時も大人しい流れの伊久美川が茶色く渦巻いて溢れかえっている。

Img_6050 Img_6044 Img_6049

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

お札が貯まればいいのにね!

缶に入れてある小銭が貯まってきたので、、、  

お買い物した時の細かいの、、、 10円5円1円玉。

スーパーのレジでモタモタするのが厭だから、ついついお釣りを。

金額はたかが知れてる。   それでもチリも積もれば何とやら。

何度も数え直して、、、  たったの2千円弱!

郵便局へ持って行って切手代にしよう。

お札が貯まらないかなぁ。  そりゃ、無理な話。

Img_6017

| | コメント (6) | トラックバック (0)

日が落ちて、、、色は消えた

UVチェックビーズの反応は凄い。

ザクザクに編んだ麻の帽子の縁飾りに取り付けることにして、、、

紙の上に出したビーズは途端に色が現れてきた! 驚き!

日が照っている時のビーズは濃く、日が翳ると忽ち色が薄くなる。

ここまではっきり変化するなんて、、、   帽子の縁に縫い付けた。

かんかん照りの時に被るとキラキラと華やかになる。

夕日が落ちたら、、、 淡ーく変わってきた。

暗くなって明かりの下だと、、、この通り。  

Img_6021    

Img_6025 Img_6022 Img_6032

Img_6040

| | コメント (4) | トラックバック (0)

紫外線はたっぷりだからね!

白いビーズをお日様に当てると、色が現れる?

UVチェックビーズ!  仮説社の「商品一覧」に載っていたもの。

紫外線をチェックする為のビーズらしいけど、、、

アクセサリーに使ったらきっと面白いものが出来るかも?

早速注文してみた。  星の形の透明のビーズも一緒に。

夏向きの帽子に付けたら、、、   麻糸で編んでみようか。

Img_6013 Img_6012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

砂糖?塩?  どちらが美味しいか!

キュウリの大洪水!がやっと収まったと思ったら、、、

お次はトマトが押し寄せてきた。 それも大粒!

今年は夜中に来る連中が何故かやって来ないのでなおさら。

ハクビシンはトマトが大好物で、、、  一足お先に採ってくれる。

生で冷たくしては勿論、パスタに使ってカレーに入れても、減らない。

冷たくしたトマトにお砂糖の人と塩が決まりの人に分かれるけど、、、

爺はお砂糖派で、婆は塩でなきゃダメだ。

Img_6007 Img_6011 Img_6010

| | コメント (6) | トラックバック (0)

サフランの香がして、、、色も出た!

三日も続いた雨台風がゆっくりと去って、、、  今朝の低温!

湿っていた姫緋扇水仙の落ち花がやっと乾いた。

乾かして熱湯を注ぐとサフランの香に似ているらしいと、、、

小さな壜の蓋を開けるとサフランの香。 こんな香りがするの?

乾いているこちらは匂わないけど、、、

ウイスキーグラスにほんの少しのサフランを入れたのと並べて

乾いた姫緋扇水仙を。   二つのグラスに熱湯を注ぎ、、、

似ているような違うような?  似ているかも?

それより何より、、、 暫くすると、思い掛けなくお湯がオレンジ色に!

サフランが発色するのは当然だけど、こちらがこんなにとは驚き!

小さなグラスに10個位の落ち花を使うのでは染色には向かない。

ハンカチ位は染まりそうか?  それでも思い掛けない発見。

Img_5998 Img_6000    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

のろまな台風のために、、、

大雨洪水警報が出た台風6号。  

鈍間な動きのお蔭で大雨が降り続き、、、

何時もは静かな流れの川は濁流が渦を巻いて恐ろしいほど!

朝早く通行止めの言い繋ぎ連絡があったけど大事には至らなかった。

さて、我が家の被害は、、、   とうもろこし!

大好物、そろそろ収穫時で愉しみにしていたのに!

倒れてしまったり、折れたりで未熟のままのものを収穫する。

皮を剥きながらあまりにもミルイものは諦めて、、、

採り時寸前もあり、、、  削って使うことにする。

蒸かして丸齧りにするには柔らかすぎる。  何とも残念!

Img_5992 Img_5994 Img_5997

| | コメント (0) | トラックバック (0)

受難記念日、、、 

2年前の今日。  山越えして出かけた途中で、、、。

受難記念日。 生まれて初めてピーポー救急車で病院へ。

両足、右手首を骨折。   運転してた爺は無傷、車はチョイ傷。

後座席でシートベルトしなかったから? ボケッとしてたから?

周りの皆さんは、、、 治っても車椅子と思っていたらしい。

沢山の方たちのお蔭で、ステッキ2本の暮らしが出来るようになった。

もともと、右股関節全置換だったのでステッキ1本は仕方が無い。

後1年で元通りになるといいけど、、、 喜の字も過ぎるし、、、ね。

大型台風の大雨警報。 事故ッた現場での記念撮影?はパス!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

楊枝はクロモジで、、、、

大型台風の影響で朝から土砂降りが降ったり止んだり。

鮎小屋の主人がクロモジの枝を届けてくれてあった。

程ほどに水分が抜けて、、、  削り易そうだ。

和菓子に添えて使うチョッと大振りの楊枝を作る。

研いだばかりの切れ味抜群の鉈、小刀を使う。

香りがよく、手に馴染んで使い勝手はナカナカの代物。        

Img_5984 Img_5986 Img_5982 Img_5983

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サフランの香に似ているんですって!

姫緋扇水仙、クロコスミァ、モントブレチア、、、、

「花が終わったら、乾燥させてから熱湯を注ぐと、、、」

サフランに似た香りがするらしい。真偽は定かならずと。

コメントを戴いたので早速、萎んだ花を集めて、、、  

陰干しにして、、、、  思っていたより乾きが遅い。

結果をお知らせしなくちゃね。   待っててね。

Img_5978

Img_5976   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々の都会?へ、、、

野うさぎのご亭主からフォトクラブ会員作品展へのお誘い。

久し振りに、信号の無い山道から車と人で埋まった都会?へ。

安倍川を渡ると目的の県庁所在地.のある街。小さな都会?

どうしたらこんなステキな写真が撮れるのかと思う作品の展示。

ご亭主の作品、空木の白さが何とも印象深くて、、、

お昼前には帰り着くことが出来たけど、、、  

やっぱり、冷房より自然の風の有難さを再認識!

Img_5974 Img_5972 Img_5970

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒヨドリとの争奪戦が始まった!

ヒヨドリが騒いでいる!  両手にステッキで行ってみたら、、、、

何時の間にやら、黒い粒が彼方此方に!   騒ぐ筈。

ヒヨドリたちの夕食にする訳にはいかないよ。

手入れが出来ないので伸び放題のブルーベリー。 採らなくちゃ!

これもリハビリ、摘んでみたら何とか出来そうなので、、、、

初摘みのブルーベリー、  一粒口にしてみたら「スッパーーイ!!!」

今年もヒヨドリたちとの戦いが始まったか。  それでも100gはある。

Img_5964 Img_5965

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「なでしこ」も載ってるピンクの、、、

右手首骨折のリハビリ、   新聞エコバッグ作りは中断してた。

何でって、ね!  カッコイイ新聞紙面がなかなか無いから。

小さな地方の山家では、英字新聞なんて絶対に手に入らずで。

処が! 西にお住まいのブログ友さんから横文字新聞が届いた!

今まで見た事も無いピンクのサッカー新聞まで、、、流石、大都会!

早速、先ずはピンクのサッカー新聞からエコバッグを一つ。

Img_5956 Img_5960 Img_5961

| | コメント (2) | トラックバック (0)

一日花?

アジサイも終わり、辺りの花が絶えてしまうと咲き始める。

夏の花、濃いオレンジの姫緋扇水仙。  外来種らしい、、、

植えた覚えも無く、雑草の中で絶えもしないで彼方此方で咲いてくれる。

花茎の下から上に咲く花は咲き終わると直ぐに落ちてしまう。

上に向かって次々に蕾が開くけど、1日花らしく切花には向かない。

Img_5886 Img_5884

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Crazy Wool. Crazy Felt.

水溶性シート。   汗がポタッと落ちたら、、、  溶けて穴が開いた。

試しに手許にあった糸を使って小さなマフラーをやってみた。

織らないし編まないで、シートの上に無造作に糸を広げたら

シートで挟んで、糸が動かないように待ち針で止めるか仕付けをかける。

後は、縦横無尽にミシンを走らせて、、、、 仕付けを取ってから、

水に浸けると、、、あれよあれよと云ってる間無く、シートが溶けて!

濯いで乾けば、「布」の出来上がり。 手当たり次第、何でも挟める。

糸と糸の間に原毛を薄く置いてみたら、、、  それなりに!

Img_5944 Img_5918 Img_5937 Img_5945   

| | コメント (6) | トラックバック (0)

すすき、芒、薄、、、、

矢筈、トラフ、矢ばね、タカノハ、、、斑入りの芒の事。

カラッポの壷がテレビの脇で手持ち無沙汰にしていたら、、、

斑入りの芒が舞い込んだ。   隣りの庭先に大きな株がある。

花のない時季、この暑さの中で一服の清涼剤になってくれた。

Img_5892

Img_5893_2

| | コメント (5) | トラックバック (0)

何処にでもある、、、 とは限らない

手首のリハビリで作っている「新聞エコバッグ」。

見た目のいい紙面が無くて、、、横文字の英字新聞を思いついた。

簡単に手に入ると思ったら大間違い。  新聞店に無く、駅にも無い。

此処は横文字の新聞を読む人が居ないと云うことなんだね。

毎週来る生協の「お買い物メモ」。新聞より一回り小振り。

小さな小さなエコバッグが出来た。  使い道があるかな?

新聞紙より手首の動きは、、、  無理しないで適当に!

Img_5916 Img_5912

| | コメント (0) | トラックバック (0)

樵の女房は木工作家

暫く振りでやって来た樵の女房。

クロモジの楊枝を作るワークショップのお知らせを持ってきた。

主催は「林業女子会@静岡」。  殿方は参加出来ないらしい。

この女房、木工の道に入って3年目。仕事も板に付いてきた様子。

刳りものの器でこの春に初の展覧会を!  繊細な木の器。

これからが愉しみな樵の女房だ。

Img_5900 Img_5905 Img_5907 Img_5908

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日のお天気は、、、晴れ!

「ものづくりハンドブック」の出版元「仮説社」さん。

本を出しているだけではなくて、、、、

ホームページには他にも「あっ、これ!」のオモチャも沢山ある。

残念な事に、目に付いたものが何故か品切れ中のもの。  

煮干のTシャツもその一つだけど、、、、 「晴雨予報グラス」も品切れ!

アマゾンを覗いたら、これは売れ筋らしく残り数個!   早速注文してみた。

気圧の変化でグラスの水位が上下して、明日は雨とか晴れるとか。

それなりに???もあるけど、テーブルのアクセサリーには遊べる代物。

一目で判るようにグラスの水に色をつけるのもいいかも知れない。

説明書には水に溶ける食紅をと、、、 グラスに色が残らない為に。

地球儀になっているのだけど、、、 改めてよくよく見ると、、、

日本の国の、、、  何とまァ小さい事。

Img_5870 Img_5872 Img_5873 Img_5883

 

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

こちらは、、、毛虫!

虫がいっぱい居て、葉っぱをもりもり食べている。  

スイフヨウの葉っぱが坊主になっちゃうよ。 

毎年、小さい内に気がつくと退治してたけど、こんなに居なかった!

ポストの脇なので、新聞を取りに行った時に爺が見つけて、、、、

ステッキ両手にやっとこさで、傍まで行って、、、こりゃ大変!

柔らかいスイフヨウの葉っぱをたっぷり食べた連中が数え切れない程。

早速、爺は噴霧器を用意して、、、 殺虫剤をかけて退治してくれた。

ヤガの幼虫。 何時もこの毛虫だけがつく。

朝ご飯前のひと働きでチョン! 早起きは三文の得。  ありがとう!

Img_5867 Img_5866 Img_5864 Img_5869    

| | コメント (4) | トラックバック (0)

よくよく見たら、、、尺取虫!

オンシジュウムを食べちゃったのは青虫じゃなかった。

慌てて処分して、、、 後で映像をよく見たら、尺取虫!

色だってミドリが薄くてオカシイとは思ったけど。

尺取虫は蛾の幼虫、青虫は蝶の幼虫。  

残った1本、蕾が開き始めて七月一杯は愉しませて貰えそう。

尺取虫でも青虫でもいいけど、気がついてよかった!

Img_5862 Img_5861 Img_5793 Img_5797

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ロウバイの種、花が咲く迄には、、、

去年からのオカシナ陽気の所為か、、、、

枝や草の伸びが激しい。蓬は2mを越して根元は径2cmも!

睡蓮鉢やメダカの住処はホトトギスに覆われて見えなくなっている。

こんなに背高ノッポのホトトギスなんて、、、  花が付けばいいけど。

鬱蒼と繁ったロウバイの枝には実がいっぱい付いた。これも珍しい事。

この種、何年懸かったら花が咲くだろう。 ロウバイの林もいいね。

草刈機が働いてくれるのは有難いけど、、、

これから咲くミズヒキが片っ端から薙ぎ倒されてしまった。

Img_5702 Img_5844 Img_5848 Img_5851

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「茶寮 老舗大佐和」が開店した!

田圃の跡地? 何処かのお茶屋が大きな倉庫を造り、、、、  

その造りは現代からかけ離れた土蔵造りになっている。

敷地の一隅にはお茶室らしきものが出来て庭師も入った。

中央に平屋建ての店舗か事務所か、街道に面した広場はゆったりと。

偶々、お近付きになった庭師の青野園さん。 お茶室の庭を手懸けたと。

主は、東京湯島の「老舗 大佐和」だった。  六月にお披露目。

青野園さんからのお知らせがあって。 落ち着いた頃覗くとしよう。  

開店早々ではと。 暫くして街へ出た序でに寄ってみた。

入り口から奥にかけてお祝いの胡蝶蘭が、、、、

流石、お道具も吟味されて並び、高級茶ならではのお値段揃い。

和洋のスイーツで一服!のお席も設えてあった。

お茶室は箱根の彫刻の森から移築されたもので、

何方でも拝借出来る仕組みになっている。

有明の焼き海苔とスイーツを手に陋屋に戻った。

「紅フウキ」の一煎入りをご挨拶代わりに、、、

Img_5830_2 Img_5835_2 Img_5837_2

  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

青虫が食べちゃった!

花の茎が3本出て、小さな蕾が膨らんできた。

気がついたら、、、 2本の茎の中ほどから先が無くなっている。

折れる訳が無い。  5月に植え替えたオンシジュウム。

戴いた一鉢が増えて、只今鉢が八個。

残っていた1本、茎が日毎に伸びて小さな蕾が見えてきた。

あれ? 蕾の間に何か?   何と何と、3cm程の青虫が。

つまんで、、、 可哀想だけど潰させて貰った。

毛虫はダメだけど、青虫は素手で平気なんだ!

Img_5792 Img_5797 Img_5799

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »