« オトギリソウの仲間らしいけど、、、 | トップページ | 痛かった! »

釣り師の隠れ業、「たも」のミニチュア

鮎の解禁間近。 おとり小屋の大将の出番が来る。

その前にちょっくら岐阜の魚の顔見てくら、と寄ってくれた。

ほれ!と手渡された「たも」のミニチュア。  大将の作品だ。

先日、彼の軽トラにぶら下っていたので聞いたら「俺が作るだよ」と。

閑をみては、こつこつと、、、  思いもよらない彼の隠れ業。

まだら染めの絹糸を網にするとて持って行ったそれが、、、

釣り師の仲間たちが狙う「たも」のミニチュア。

Img_5654 Img_5655 Img_5659

|

« オトギリソウの仲間らしいけど、、、 | トップページ | 痛かった! »

コメント

heart02やまんばさんこんばんは~
やまんばさんの回りには、ほんと、器用で
素敵な方が多いですね。

たものミニチュアも釣り心ある人にはまさに逸品ですね。いや釣り心が無くても逸品です。

黄色のお花も満開でとても元気をもらえますね。近くでみたらきっと素敵だろうな~

そちらは今の季節はきっと緑が深いのでしょうね。深呼吸したいな~

投稿: たまちゃん | 2011年6月17日 (金) 22時00分

たものミニチュア、木の枝の分かれた所を使って居るのですか?
魅力有りますね。
網を編む事は出来ますが、柄が出来ないなと思いながらも、網を編む道具の仕舞い場所を、思い出しています。

投稿: 谷間のゆり | 2011年6月18日 (土) 00時14分

たまちゃん

そろそろ、古株みたいな顔でお仕事してると思います。
そうじゃないかな?動き過ぎに要注意!
お日様が恋しくなってます。
お三方によろしくね。 

投稿: やまんば | 2011年6月18日 (土) 22時31分

谷間のゆり さん

取っ手の為の枝探し、山で見つけて来るらしいです。
枝の出方がT字のものがなかなか無いみたい!
生成りの麻糸を持って帰りましたので、
どうなりますことやら愉しみです。 

投稿: やまんば | 2011年6月18日 (土) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140867/51970680

この記事へのトラックバック一覧です: 釣り師の隠れ業、「たも」のミニチュア:

« オトギリソウの仲間らしいけど、、、 | トップページ | 痛かった! »