« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

「四万十川新聞バッグ」

右手のリハビリ、どうせ動かすなら、、、  と。

西に住む若いお友達のブログの引用で「新聞エコバッグ」なるものを。

作り方は、、、  新聞エコバッグとレシピのセットで販売されている。 

売り上げは四万十川の環境保全活動に活用とのこと。 特許出願中。

お問い合わせ    0120-40-5532       (株)四万十ドラマ

という事で、早速取り寄せてやってみたら、、、   なかなか手強い!

サンプルは思ったよりシッカリとして、、、、これ、新聞?って感じだ。

新聞紙が何枚も没になって、指先は真っ黒け。    

レシピを見ながら、やっと出来たけど何処か違う。

時々来る富山の置き薬屋の娘さんにプレゼントしたら、、、

ステキ! 可愛い!!と大喜びで貰ってくれた。

Img_5821 Img_5827 Img_5826

| | コメント (4) | トラックバック (0)

石っころと思っちゃうよね!

愉しいオモチャがいっぱいの出版社。  

あっ!これ欲しい。「晴雨予報グラス」! 予報士さん顔負けの代物?

残念ながら、只今品切れ中。  暫く待てば入荷するとの事。

この石、何処かの海岸で拾ってきた? 違うよ。  食べられるの!

ストーンチョコレート。  どう見ても石っころ。  輸入品。

恐る恐る小さいのを摘まんで、、、 本物のチョコレート!

夕方発送で朝届いたから溶けてはいなかったけど、、、

大急ぎで冷蔵庫へ!    誰か来たら、イタズラしてみよう!

仮説社さん、これも教材?  アソビ心が嬉しくなるね。

Img_5817 Img_5815 Img_5816   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

真夏並みの暑さ!

母屋で何もしないで座っていれば、風通しがいいので暑さは凌げる。

一歩外に出たら、じりじりと肌は焼けるし汗が吹き出てくる。

瓦屋根の照り返し、ぎらついた柿の葉っぱ。 兎に角暑い!

作業場流しの脇にある温度計、 壊れちゃったのかと、、、

30度を越えている。  これじゃ街中は35度はありそうだね。

九州の方は梅雨明けだとか、、、 何時もの年より20日程早いらしい。

もう少し、ゆっくりと流れて欲しい季節なのにね。

今からこの暑さ、7,8月は、、、、思いやられる。

Img_5810_3 Img_5813_3 Img_5812_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秋茶が愉しみ、、、

コロコロとよく変わる空模様。  昨夜から又降りだした。

お茶の剪定はタイミングよかったね。

あれから、、、「ゆうやけこやけ」の時報の後、またバリカン作業で

畝の周りを綺麗に刈って、、、   評価は玄人はだし。

秋には好い葉っぱが出る筈。  釜炒りしなくちゃ!

Img_5805 Img_5806 Img_5802

| | コメント (2) | トラックバック (0)

本職さんには到底及ばず、、、  当たり前!

朝の内の渋り空が昼前にはすっかり上がって、、、

背戸の茶の木を落とし始めたらしく、茶刈り機の音がしている。

家周りにある在来種の茶の木がボサボサ伸びて、気になっていた。

隣りの茶畑との境がはっきりと判る仕上がり。素人と玄人の違い?

この暑さの中でバリカンを振り回す作業だもの文句は云えない。

シャワーを浴びて、静かだナと思ったらお昼寝。 お疲れ様!

Img_5784 Img_5791 Img_5761

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フェルトって何だ?

ヒツジを見たことある人いるかな? 二十数人中4人だけ。

ヒツジの毛って、、、、 みんなのセーターだってそうだし、、、

フェルトはね、この毛を固めると出来るんだよ。  

石が二個あるから、最初は一色、もう一つは白の上に模様をつけようね。

石に毛を巻いて石鹸のお湯で湿らせたら、せっせと擦ること!

擦れば擦るほど、ちゃんと固まるよ。 ビニールの袋に入れて擦れ擦れ!

みんな、とっても綺麗に出来たじゃん! フワフワがしっかり固まったね。

よく洗って、乾かしたら、、、フェルトの出来上がり。 手が草臥れたって?

ちょっとハゲたのもあるけど初めてだもの。  二回目からは上手になるよ。

Img_5762 Img_5758 Img_5766 Img_5769 Img_5773 Img_5770   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

キリギリスになりそうだ!

朝、ちぎりレタス、たまねぎとドレッシングで、 お昼は冷やし中華に。

夜の食卓には揉んだキュウリにカニを入れてお酢のものに。

昨日は一瓶、ピクルスにしたと思ったら。  先程笊に山の収穫。

当分、野菜庫はキュウリに場所を取られて、、、、

Img_5744_2 Img_5751_2 Img_5759

| | コメント (8) | トラックバック (0)

七夕コンサートは「歌謡ロック」

大村屋酒造の七夕酒蔵コンサート、15回になる。

「歌謡ロック」のなか・えいじ with 亞樹弛の出演。

あらゆるジャンルの音楽を無料で提供なさる。 お客は年毎に増えて。

酒造タンクが並ぶ中、お酒のケースにダンボールを敷いての席。

終了後は樽酒のお振舞いがあって、それも愉しみのうちかナ?

お車でのお越しは、、、そんな事仰っても無理! 歩いちゃ行かれず。

勿論、何時でも樽の前は見てみぬ振りの素通り。

折角のお誘いだけど、ステッキ2本では、、、  失礼するかナ。

Img_5753 Img_5754

Img_5752_2  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんなのができたよーっ!

小学校から先日のサタデーオープンスクールの写真が届いた。

子供達の感想は聞かなくても、これを見ただけでよーく判る。

Img_5732 Img_5727 Img_5734 Img_5719 Img_5723

Img_5724

Img_5738

| | コメント (6) | トラックバック (0)

角出せ、槍出せ、頭出せ、、、

何処へ行くの? こっちへ来ても方向違いじゃないかな?

乾いた敷居やコンクリの土間だよ。  大きなでんでん虫が、、、

あまり見かけなくなったけど健在だったか。

そーっと抓んでメダカの甕の縁へお引越しさせてみた。

暫くは縮こまっていたけど、、、、  やっぱり大きい!

鈍間と思っていたら大間違い。  意外と動きは速い。

甕の縁を半周して、、、   気が付いたら何処にも居なかった。

かたつむりは、梅雨がお似合い。

Img_5673 Img_5684

| | コメント (5) | トラックバック (0)

綾小路の初にしき!

京都市原の川島テキスタイル5月の講座。 何年前になるかな、、、

その日の授業が終わって、遠方からの仲間は寮へ泊って。

夕べのひとときの賑やかなこと! 各々持ち寄りのお菓子が集まる。

誰かがご披露した綺麗な可愛い飴があって、、、綾小路の京飴!

それがなんとまァ、今目の前に!  沢彦さんから戴いた京土産。

あの時と同じの、、、綺麗で可愛くて、ほんのりとした甘さが懐かしい。

沢彦さん、ありがとう!!!

Img_5696 Img_5697  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

大満足の出来上がり

お天気がハッキリしないで、、、  終わったらポツポツやってきた。

サタデーオープンスクールの草木染。  蓬が採れずタマネギの皮にする。

子供達は街からバスでやってくるので、お天気の具合で人数が変わる。

この時季は山道でのがけ崩れを心配するらしい。

十名程の欠席で、24名の参加。   その他特別参加の大人が二人。

大き目のハンカチを輪ゴムで絞って染めると、、、

染めてからゴムを外した時の嬉しそうなみんなの顔、顔、顔。 

同じように絞ってもみんな何処か違って比べっこに余念が無い。

世界中探しても何処にも無い自分だけの出来上がりに大満足!    

Img_5664 Img_5672 Img_5671

| | コメント (4) | トラックバック (0)

痛かった!

背中が痒くて、「孫の手」なんて間に合わない。

老人皮膚なんとか症じゃないからね。  蜂に刺されたんだよ!

昨夜のこと。  作業場の指定席、どれどれパソコンでもと、、、、

腰を掛けた途端の衝撃。  背中の真ん中で目玉が飛び出るほどに!

一瞬、ムカデ!    爺が腕をムカデに刺されたばかり、、、

背凭れの羊毛でもがいているアシナガバチ。  痛い筈。

慌てて手近にあった箱で叩いたら蚊取り線香の灰の中へ落ちて。

よくよく見たら、アシナガバチより小振りな奴。 コンニャロメ!

昨夜は痛かったのに、今朝からの痒い事!

刺されて直ぐにキンカン塗って、、、、 余り腫れないで済んだみたい。

ムカデじゃなくって、よかったよ!  

Img_5661 Img_5662

| | コメント (4) | トラックバック (0)

釣り師の隠れ業、「たも」のミニチュア

鮎の解禁間近。 おとり小屋の大将の出番が来る。

その前にちょっくら岐阜の魚の顔見てくら、と寄ってくれた。

ほれ!と手渡された「たも」のミニチュア。  大将の作品だ。

先日、彼の軽トラにぶら下っていたので聞いたら「俺が作るだよ」と。

閑をみては、こつこつと、、、  思いもよらない彼の隠れ業。

まだら染めの絹糸を網にするとて持って行ったそれが、、、

釣り師の仲間たちが狙う「たも」のミニチュア。

Img_5654 Img_5655 Img_5659

| | コメント (4) | トラックバック (0)

オトギリソウの仲間らしいけど、、、

「キンシバイ」? それとも「ビヨウヤナギ」?

山家の移り住んで間もない頃、花好きの友達が呉れた苗。

確か? ビヨウヤナギと云っていた筈なのだけど、、、

葎に育って、梅雨空を跳ね除けるように見事な咲き振り。

先日拝見したブログ「いち子バーバのお針箱Ⅱ」によると、、、

さて、我が家のそれはどちらになるのかな?  形は殆んど同じ?

どちらでもいいけど、、、、 チョッと気になる大好きなキイロ!

Img_5632_2 Img_5652

| | コメント (2) | トラックバック (0)

主食はジャガイモ、、、 文句ある?

お昼はジャガイモだからね。  この小さいの、捨てる事ないよね。

いい塩梅で雨が降らないうちにと、朝からジャガイモ堀りを始めた爺。

雑草だらけの中、どれがお芋の茎だか判らなくなっちゃってるね。

それでもダンボールに一杯。  男爵もメークインもごちゃ混ぜに。

小粒の物だけを選り分けて早速お昼に使って、、、

蒸かして皮を指で剥いて、、、掘りたては皮が薄いし小粒だから大変。

包丁使ったら食べるところが無くなってしまう位に小さいジャガイモ。

ニンニクたっぷり、タマネギのスライスとオリーヴ油で転がしたら隠し味!

アンチョビソースを混ぜて塩コショウ。   美味しいんだから。ホント!

後、朝のサラダの残り物と、昨夜のスープもあったっけ。

主食は?   ジャガイモ!  何処かで文句が、、、、

食べ終わってから気が付いたら、メーンディッシュの映像なし。 アハハ!

Img_5640 Img_5648 Img_5653

| | コメント (6) | トラックバック (0)

これは遊べる!  オヤツ作り

子供達と一緒に超簡単に出来るオヤツ。 美味しそうだよ。 

片っ端からみんな作りたくなってしまう、、、、 そんな本を見つけた。

食べるものだけじゃなくて、染めも織りも遊ぶものも何でもござれ!

「ものづくりハンドブック」 出版社は仮説社。  只今7巻まで出ている。

タンポポの綿毛の事から探し当てて、アマゾンから取り寄せたもの。

タンポポの事は載ってなかったけど、どの巻も愉しい記事ばかり。

各巻にあるこの「たべるものづくり」のオヤツは何と云っても抜群!

確か何処かにカルメヤキの小さなお鍋と掻きまわす棒があったっけね。

探して、久し振りにやってみようよね。  これは遊べるよ!

Img_5624 Img_5630 Img_5625 Img_5629

| | コメント (6) | トラックバック (0)

手押し車がないと、、、、

お勝手と食卓?を結ぶお運びの「手押し車」。

有り合せのお盆を取り付けて使っていたけど、、、

もう少し大きいと行ったり来たりしなくても済むのではないかと!

贅沢云う心算はないけど、、、プラステイックは気に入らない。

街まで出かけて探してきたのは、竹材の中国製。  ナンテお廉い!

早速、爺に取り付けてもらった処、一回り大きくなって使い易くなった。

これがないとお勝手仕事も侭なら無い。 何と不自由な!

Img_5615 Img_5617 Img_5618 Img_5621

| | コメント (8) | トラックバック (0)

企画は、、、振興公社さん

寒けりゃお湯割り、ブッカキ氷を浮かべても、、、、

信州坂城の限定醸造本格焼酎「ねずみ大根」。  

ご近所に坂城から嫁いで来た人に頼んだのは去年。

その前に友人からお土産に戴いたネズミ大根とお馴染みになっていた。

去年は種を蒔いてみたけど、土地柄の違いか坂城のそれには及ばず。

秋の収穫時になったら本場のねずみを注文することに!

本日は、本格焼酎「ねずみ大根」が届いた。

Img_5610 Img_5608

Img_5612

| | コメント (6) | トラックバック (0)

老人性皮膚、、、と云われて

ペタンコカイロの低温火傷が発端で、、、、

数年前から一日一粒の錠剤が皮膚科から出ている。

一度に28日分。  そろそろ行かないと無くなるので、、、

今回はDrとの面談有りで、何時もの如く世間話でオシマイ!

障害者の駐車スペース、、、目の前の立看板にニヤリとした事など。

その日の夕方、西にお住まいの若い友人から届いたのが、、、、

何と、痒みに効く貴重なハーブ石鹸!   以心伝心とは将に!

送り主の温かさと一粒の錠剤のお蔭で老人性皮膚、、、症は治まっている。

Img_5581 Img_5605 Img_5606     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新兵器「キワカリくん」

何処も彼処も茫々の草だらけ。   

明日は又大雨の予報。 草刈機のエンジン音がして、、、

見たら、歯の付いてない機械が草を薙ぎ倒している。 

ビニールの紐が2本付いているだけ。 何なの、それ?

石垣の草もコンクリのデコボコのそれも見る間に根元から飛び散って。

凄い新兵器!  丸い鋸歯だと刈れない処がチャンと刈れてしまう。

ビニールの紐が何本か入った袋に「キワカリくん」となっていた。

使っている内に減ってくるので新しいのと取り替えるらしい。

Img_5601 Img_5604 Img_5603 Img_5599

| | コメント (2) | トラックバック (0)

衣換えして、、、

梅雨の晴れ間のひととき。  背戸に面した障子を取り外した。

薄暗い板の間、囲炉裏のある空間が明るくなる。

何も無いのもと、巻き上げのスクリーンをつけて貰う。

テレビが置かれて、爺の指定席になっている。

二間が全面素通しのガラスになって、緑が広がり夏向きに!

夏の夕暮れは山からの風が心地よく吹き抜けてくれる。

板の間から続く土間が婆の指定席。 網戸無しで蚊の襲撃は覚悟!

Img_5578 Img_3818   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

これもみんなお値段のうち?

買い物すれば必ず付いてくる包装紙や袋。  紙あリ、ビニールありで。

無意識に畳んでは取っておく。 必要な時もあるから、無けりゃ困る。

気が付くと納戸の棚に大きな袋に入って何時の間にか溜まっている。

ビニールのそれはお勝手の隅の箱に溢れて?

処分と決めて、それでも無地でしかりしたのだけを抜き出して残す。

懐かしいものもあって思い切りが出来ず捨てきれないのもある。

出来はいいし、デザインもいい。  勿体無いナとは思うけど。

包装紙も紙袋も、、、、  お値段の内なんだろうな?

市指定のゴミ袋の一番大きいのに満杯になった。

Img_5563 Img_5565 Img_5574 Img_5562

  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

折鶴の効き目は如何?

5cm角に切る。  包装紙、折込広告何でも構わない。

余り厚くなく、ぺらぺらでもなくて、、、  折りやすければ良い。

小さな鶴が出来る。  小さくて折り難いのが指先のリハビリに!

何時でも何処でも気が向いた時に折れるのがいい。

紙の厚さを確かめては、手当たり次第5cm角に切って置く。

千羽も折れば少しは指先に力が入るようになるかも。

一羽出来上がるのに3~4分かかる。  指先の運動にはよさそうだ!

これもリハビリ、、、、  少しは効き目があればいいけど?

Img_5554 Img_5549 Img_5553

| | コメント (2) | トラックバック (0)

味も香も大満足のお疲れ様!

お呼びが掛かり、釜炒り茶作りのご披露?をする。

思うように動けない婆は鮎小屋の大将に助けてもらう事にして。

時季的に無理かと、、、 在来種なので葉っぱは未だ間に合うとの事。

炒り釜持参で出かけたのは、二俣の旧西野平四郎邸「里屋敷」。

楽山舎のメンバーが10余り、朝摘みのお茶っ葉が2キロ程。

一芯二葉は無理としても茎の硬さや葉っぱの伸びはこれが限度か?

純綿の軍手をして高温の釜で生葉を炒っては冷ます作業の繰り返し。

鮎小屋の大将の指導宜しく、お昼過ぎには350gの釜炒り茶が完成!

少しずつ毀れた粉?を最後にお釜の余熱で炒り上げて試飲。

釜炒り独特の香、風味に一同大満足。又二番茶で作る?

完成の350gを十数人で少しずつ分けて、お持ち帰りとなった。

自分で作るから余計に美味しいのかも?   お疲れ様でした!

Img_5529 Img_5527 Img_5528 Img_5537 Img_5530_2 Img_5540

| | コメント (8) | トラックバック (0)

大は小を、、、兼ねない

丁度好い大きさが無くて、、、、   

大はソフトボールの球、小はペコロス。 小は5,6個だけ。

梅雨の晴れ間、爺の丹精の結晶?の収穫があった。

何時もと違って、、、  大き過ぎるけど?  珍しいね。 どうして?

毎朝必ずサラダに入れる生食タマネギ。 半分使っても余りそうな。

丹精の賜物、文句は云うまい。  それにしてもこれはチョッと、、、、?

大は小を、、、?   兼ねないんだよ!   

ペコロスは早速お味噌汁の中に全部消えて無くなった。

Img_5519 Img_5522

| | コメント (6) | トラックバック (0)

手首も骨折してたんだ!

何かの拍子で右手首に痛みが走る。 

両足にばかり気を取られているけどこちらも骨折。プレート入り。

壜の蓋を開けたりして、手首を捻る動作が上手く出来ない。

台布巾が!と気にかかっていたので、リハビリを兼ねて針仕事を。

土間のテーブルで使うチョッと小振りなシッカリとした台布巾。

目の詰んだ木綿に太目の糸で縫うのは指に結構な力が要る。

4枚刺したら、、、お手上げ!  無理は禁物、やーめた!

毎朝取り替える乾いた台布巾。 新しいのはやっぱりいいね。 

リハビリになったかな?   今夜痛んだらどうしよう!

Img_5504_2 Img_5505_2

Img_5517

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「地デジ」「アナログ」 チンプンカンプン!

アナログって何?  

「あるデーターを連続的に変化しうる物理量(電圧、電流など)を表現すること」

サッパリ判らないよ。  じゃァ、地デジは?  判る訳ないじゃん。

今まで見ていたテレビだと映らなくなるんだってサ。  どうすりゃいいの?

テレビを買い換えないとダメらしい。  難しい事は判らないけどね。

誰が決めたのか知らないけど、無駄な事だと思うのは婆だけかな?

爺のお供で大型家電店に出かけて、、、  

彼方此方に垂れ幕やら立て看板。「もう、お済みですか、地デジの準備」

難聴婆さん、テレビの御用はニュースお天気位がイイトコだけどね。

村の共同アンテナの関係で、我が家のそれは既に地デジに対応済みと。

チンプンカンプ ンの老人家庭はどうするんだろう!  オカシクナイ?

Img_5497   

Img_5495_2 Img_5500_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

カセットテープはカビだらけ

梅雨に入ったとは云うもののお湿り続きでカビが生えそうだ。

湿気の多い陋屋、並みのカビではない。   

1990年代のVTRのカセットテープがカビで見られなくなって久しい。

その当時、持ち込んだカメラ屋でDVDにならないかなと、、、 

カビが生えているのは無理と云われてしまった。

どうしても捨てきれずに残してあったが、最近は再生してくれると聞き、

DVDにしてもらう事に!   その後に撮ってもらったテープもある。

爺が購入した乾燥機に入れてからは流石にカビてはいない。

序でにDVDにしてもらう事にしようか。

1986年、当時は田舎暮らしが珍しく、、、、 テレビ東京の取材やら

釜炒り茶のものもある事だし、、、  滅多に見ないと思うけど。

Img_5485 Img_5489 Img_5483 Img_5493

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »