« 小さな硬貨は、、、 | トップページ | 爺の隠れ家、、、 »

香り立つ木の芽を添えて

今年は出が悪いよ。 それにイノシシがみんな食っちゃう、、、と。

息子に掘らせたで食うかやぁ、、、と近所のおばちゃんが届けてくれた。

まだ、土が湿っている掘りたて。 1本あれば充分。  ごちそうさま!

取り置きの糠がないけど、一掴みのお米で間に合わせて下茹でする。

包丁の刃当たりは、、、チョッと硬いかな?    

凍らせてあった生の昆布と炊き合わせて美味。

木の芽も頃合の香を添えて。

Img_4998 Img_5000

Img_5019_2

|

« 小さな硬貨は、、、 | トップページ | 爺の隠れ家、、、 »

コメント

竹の子、歯ざわりと匂いが好きで毎年で盛りの安い時に一回だけ買い込んで、煮ますが続くと飽きてしまって、何時も半分はゴミ箱行き。
勿体無いと思いながら。
岡山に疎開していた時に食べた、破竹や篠竹の筍の様に小さな筍が有れば好いのにと思います。

投稿: 谷間のゆり | 2011年4月26日 (火) 23時56分

谷間のゆり さん

こんばんは!
河原の崖にある竹薮なので
手入れはしてなくて掘るだけ。
一本で丁度よかったんです。
チョッと硬かった!
5月の半ばにはハチコ(破竹)が出ます。

投稿: やまんば | 2011年4月27日 (水) 21時00分

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: 添え状 | 2012年2月18日 (土) 12時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140867/51502726

この記事へのトラックバック一覧です: 香り立つ木の芽を添えて:

« 小さな硬貨は、、、 | トップページ | 爺の隠れ家、、、 »