« 送った水が無駄になれば、、、 それでよし | トップページ | 仔牛の名前は、、、遼馬くん »

芹澤コレクション

退院後初めての遠出。 登呂にある芹澤美術館。

京都在住のフェルト造形作家J.ジョンソンのお供をする。

芹澤コレクションの中にあるフェルトを見学したいとお願いをしてあった。

野うさぎと夢家が同行してくれて、、、、、

伊勢丹の中にある茶花でお昼食を済ませて美術館へ。

数点の中では薄いフェルト地に2色の絞り染めを施した布が目に付いた。

敷物に使われていたのか、、、、 虫食いの後が畳んだ織り目に広がっている。

館長と学芸員の丁寧な対応に感謝して、一休みの後師匠を駅に送った。

婆の右手の骨折のために師匠自らの作で素敵なサポーターを!

Img_4711 Img_4708 Img_4706 Img_4687 Img_4712

|

« 送った水が無駄になれば、、、 それでよし | トップページ | 仔牛の名前は、、、遼馬くん »

コメント

芹沢さんの作品を何時か手にしたいと、思いながら、どんどん有名になられて手が届かなくなりました。

投稿: 谷間のゆり | 2011年3月28日 (月) 20時54分

谷間のゆり さん

仙台の芹澤美術工芸館のほうが
充実してるみたい?コレクションは!

作品は数あれど、、、目の保養のみ。

投稿: | 2011年3月29日 (火) 15時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140867/51233549

この記事へのトラックバック一覧です: 芹澤コレクション:

« 送った水が無駄になれば、、、 それでよし | トップページ | 仔牛の名前は、、、遼馬くん »