« 干支のウサギたちが、、、 | トップページ | ペタンコカイロは必需品 »

鉈の柄が折れた!

こう寒いと薪がドンドン減っていく。 薪割りは爺のお仕事。

直径30cm位の樫を斧で二つに割り、それを鉈で割る。刃の厚い鉈。

焚付けにするのには更に細く鉈を替えて、、、、

その厚い鉈の柄が折れた!  柔なものでは務まらない硬い木の柄が?

火持ちのいい薪は硬いものに限る。 針葉樹は脂が出るので使ってない。

山で伐ったとお知らせを戴くとチェンソー持参で出掛けていくけど、、、

並みの重さではないと思う。 年寄りには無理な仕事になってくるだろう。

薪で暖を取る家が無くなり、何処へ行ってもそんな鉈は置いてない。

ましてや、柄の取替えなんてして呉れるお店は何処かにあるのかナ?

それらしきお店に当たってみたけどこれだけの厚みのあるものは無し。

川根の古くからある金物屋にでも行かないとなさそうだ。  

Img_3703 Img_3702 Img_3696 Img_3698

|

« 干支のウサギたちが、、、 | トップページ | ペタンコカイロは必需品 »

コメント

薪割り、、力が入り過ぎましたね~
ツルハシや鍬の柄、、数年使うと折ってしまいます。
藤枝市内のバス通り、白子通りの刃物屋さんで、いつも取り替えてもらいます。

投稿: ナベショー | 2011年1月 6日 (木) 06時16分

斧でも鉈でも鍬でも柄は殆どが樫の木、古くからの建材金物店、プロが集まる店で売っていますよ。
我が家は祖父の代からの斧、掛矢の柄も健在です。
まだまだ拘りの職人は少なくないようで、ホームセンターの工具などは振り向きもしない人々だけが、こうした店に集まります。
ご要望とあればお探しします。

投稿: 放念の翁 | 2011年1月 6日 (木) 07時16分

ナベショーさん

ありがとうございます!
「白子通り」っておたけせんべのある旧道ですね。 早速明日出掛けていく心算です。
大井川線の家山駅前にあるフジモリにはどうかなと云ってたのですけど、藤枝へ行ってきます。

投稿: やまんば | 2011年1月 6日 (木) 22時51分

翁 さん

流石、その道の達人でいらっしゃいますね。
斧、鉈諸々のものは先住の使っていたものです。 柄を新しくすれば次の代まで!
一山向こうのナベショーさんがお教えくださった店に行ってみます。
ありがとうございました。

投稿: やまんば | 2011年1月 6日 (木) 23時02分

catやまんばさんこんばんは
柄が折れてしまたんですね。
なんとかなおるといいですね。
きちんと、つまれた薪に感心しております。
とても頼りになるご主人様ですね。

やまんばさんの所はお二人で力を合わせて
暮らしておられるので
ご夫婦の姿に感銘を受けてます。

投稿: たまちゃん | 2011年1月 6日 (木) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140867/50503991

この記事へのトラックバック一覧です: 鉈の柄が折れた!:

« 干支のウサギたちが、、、 | トップページ | ペタンコカイロは必需品 »