« 陽の目をみた小引き出し | トップページ | 虫食いだらけの織り機で、、、 »

自然薯もトコロもヤマノイモ科

山の暮らしを始めた頃、、、  てっきり自然薯と喜んでいたら

ありゃ、トコロだから食えないよと教えてくれたご近所さん。

葉っぱの形も蔓の伸び方も自然薯とそっくりだから間違えてしまう。

そのトコロがロウバイの徒長枝に絡みついているのが気になっていた。

剪定してないロウバイは暴れ放題に枝を伸ばし無残な姿。

ヤットの思いで、蔓を辿ってトコロの根元は切る事が出来て、、、

伸びた枝は何本か爺の手に任せた。  

自然薯ならムカゴだけど、トコロの実は全く違った形をしている。

広辞苑によると、、、 野老 と書いてトコロと読む???

Img_2773

|

« 陽の目をみた小引き出し | トップページ | 虫食いだらけの織り機で、、、 »

コメント

福井県南条郡南越前町具谷から。小学生5、6年(昭和30年代初頭)の頃、河野川で夏場大量に鮎を獲った方法。トコロの根茎と山椒の葉・実を混ぜ、煮出しし川に撒き、酔っ払わせてタモですくい取っていました。遠い記憶に属し詳細については・・・。

投稿: 山本時夫 | 2015年11月20日 (金) 11時04分

山本時夫 さん
こんばんは!   コメント有難うございました。
トコロは今年もオカシナ花?をつけてます。
来年は、鮎の酔っ払いを見てみたいと思いますけど、、、  
毎年6月に近くの川へ鮎を放流してます。
漁業組合の人に怒られるかも???

投稿: | 2015年11月21日 (土) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140867/49761588

この記事へのトラックバック一覧です: 自然薯もトコロもヤマノイモ科:

« 陽の目をみた小引き出し | トップページ | 虫食いだらけの織り機で、、、 »