« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

十月一日、零時より、、、

販売店が遠いので何時もカートンで買ってるのかな?

この辺で一軒だけあるコンビ二まで山道を往復三十分。

頼んであった代物を取りに出掛けた爺。 十月一日から値上げ。

ヘビースモーカーではないけど辞める気はなさそうだ。

鉛筆よりも細い代物だって一本は一本だから、、、ね。

隙間だらけの陋屋だからコチラに被害を及ぼす事も無い?

箱には脅し文句がちゃんと書かれているなんて、気がつかなかった!

2カートンが何時まであるのやら、、、、 暫くは自動販売機が暇になるね。

Img_2608 Img_2596 Img_2606_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

頭の回転と指先のリハビリにお勧め!

「秋の夜長の脳トレにぴったりのものを見つけました」と、、、

爺と二人でお遊びくださいませ、、、 中国語の達人からのプレゼント。

「箱入り娘の大家族」  駒を動かしての一人遊び。 これがハマってしまう。

指先のリハビリにはもって来いの箱入り娘。   頭の回転にも良薬?

早くゴールするのには何かコツがあるらしい。 今の処ゴールには至らない。

駒は硬い広葉樹を使って、一つひとつ種類の違う材で出来ている。

駒を無くしてしまったら、一つでも注文が可能の心配りのある工芸品。

Img_2587 Img_2588 Img_2592 Img_2591_2

| | コメント (6) | トラックバック (0)

枯れ葉色になって

アジサイは淡いブルー,小さな花は白く、、、ドライフラワーのリース。

嬉しくて早速入り口の壁に飾ったのはこの春の事。

半年経って、、、3月の寒さ、8月から最近までの猛暑。

遅れてやってきた秋は初冬の冷たさ。 怠っていた辺りの片付けをする。

ふと、目にした壁のリース。  ハッとするほどの色の変わり様。

アジサイも小花も草の実もみんな枯れ葉色になり板壁に溶け込んでいる。

この変わりようを作者は見越しておいでだったのだろう。 

自然のなせる業?  心憎い!

Img_2585 Img_2580 Img_2581

| | コメント (6) | トラックバック (0)

虫の餌になったものは

急に温度が下って、寒がりの爺はセーターを着ている。

あちこち虫に食べられた穴が、、、  春に洗えなかったので仕方が無い。

もう何年も着ていてそろそろダメかなと思っていたセーター。

これも穴だらけだよとキルギスのフェルトマット。 これも敷きっぱなし?

セーターは見逃してもこのマットはこれ以上虫の餌に出来ない。

大急ぎで表に干してもらった。 この夏の暑さで虫が着いたのかな?

ウールに着く虫は、、、、カツオブシ虫、コイガとか。  小さな蛾みたいな!

その幼虫がウールを餌にしてしまうらしい。 困った事!

虫の所為にしないで、ちゃんと手入れをしなきゃね。 出来るかなぁ。

Img_2577_2 Img_2576_2 Img_2570 Img_2575_2

  

| | コメント (3) | トラックバック (0)

見るも哀れな、、、

フト気がついてホトトギスがそろそろ、、、と覗いてみたらヤラレタ!

何本かは葉っぱも蕾も無く茎だけになってしまった。

月の初めにはまだ蕾は小さく葉っぱはきれいに生え揃っていたのに。

犯人は棘棘のある黒い奴。  何時も見つけ次第潰していたのに、、、

蚕が桑の葉を食べるようにホトトギスの葉っぱを食べてしまう。

手入れを怠っている為に茎が伸び過ぎてしまい哀れな姿だったのが

そのうえに虫食いの為、無残なことになってしまった。

Img_2560 Img_2563

  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

米子の鯖寿司

街まで行くと、小さいけどお魚や野菜が新鮮なスーパーがある。

朝刊に入る広告は何時もチョッと目を通すだけで気にも留めないけど、、、

そのスーパーで土日だけと、、、   駅弁空弁のお知らせの広告だ。

最近は何処でもやっているけど、この店では珍しい事。

米子の吾左衛門酢の鯖寿司? この辺りでは滅多にお目に掛かれない!

お昼にどうかな? それだけの為に往復1時間もっとの山道を街まで行く?

あの猛暑に出掛ける気は無いけど、幸い今日は涼しくなったし、、、

デパチカや大手スーパーの駅弁とは程遠く、こじんまりと並んでいる。

すでに売り切れご免の品もあり、、、 目的の吾左衛門さんも二つのみ!

遠路はるばるやって来て無かったら、、、、  どうしただろうね。

酢〆めの鯖と厚めの昆布が程よい味で、、、お茶が美味しい。

チョッと贅沢な、、、   山家のお昼ご飯。   偶にはいいよね。

Img_2551 Img_2549_2 Img_2550

      

| | コメント (6) | トラックバック (0)

用心深いお二人さん

あんなに馴れてくれたタヌがピタッと現れなくなって久しい。

僅かの間、婆のペットだった。  もしかして最近よく見かける交通事故?

暫くは誰も来なくなってしまって、、、それでも何か残ると柿ノ木の根元に。

爺が云うのには、何時の間にか無くなっているので誰か来てると。

2匹のタヌが姿を見せるようになって、近頃は暮れると間もなくやってくる。

びくびくと用心深くて、コチラの物音やら姿が見えるとサッと消えてしまう。

暫くするとお茶の木の間からコチラの様子を伺って、、、

この連中はどうやっても馴れないだろう。 其れが当たり前のこと。

残り物が何も無い日だってある。 その日の為に爺は、、、

廉くなったパンを見つけてくる!    障子の蔭での隠し撮りに成功!

Img_2545 Img_2542 Img_2543

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ヒツジに見えるかな?

大きいヒツジも小さなヒツジも、、、、

教えを受けた時とは形が変わってきたような?

丹沢の麓でのフリースデイ。  ヒツジ作りのワークショップをやっていたけど

デンマーク牧場のテントが忙しく、参加出来なかった。

後に牧場にお招きして、教えて頂いたヒツジ。 木で出来ている。

京都のカワシマで夜のひとときに、お喋りしながらのヒツジは、、、

パイプクリーナーを使ったもの。  作者は手仕事達人CHICOさん。

それに、、、今は亡き龍山村の母さん直伝のチビッコヒツジたち。

ブログのお仲間からの注文を受けて、久し振りのご対面。

教えを受けた時を思い出しながらのヒツジ作り。 

Img_2537 Img_2539

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

滝沢も滝の谷も載ってるよ

「DANCYU」の10月号に和の紅茶が載ってる。 

水車村の太衛さんも杵塚親娘も、、、、 紅茶作りでは先駆のお二人。

陋屋から一山越えると両家に行かれる。  何やかやとお世話になっている。

新聞広告で見て若しかして?と思ったら案の定。  双方とも無農薬で。

番茶の香ばしさとは又違う爽やかな、、、  ストレートがいいね。

水車村の母さんが山越えでお手製のお菓子と新種の紅茶を届けてくれた。

伺えなくてごめんね!   DANCYU見たよ! 滅多に買わないけど、ホラ!   

袋の底に採りたてのミョウガが入っていた。

Img_2527 Img_2528 Img_2526

| | コメント (2) | トラックバック (0)

月は待宵

十三夜と十五夜に挟まれて十四夜とは言わない。  待宵。

気がついた時には既に中天に懸かり、、、  明日は十五夜 三五の月。

Img_2520_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日の昇らぬうちの、、、

向う山に遮られて日の出は遅い。

日が射す前の透き通るような白は何時見ても飽きない。

昨日の名残、すっかり萎みきれずにこれもまた、、、、

たった一日の儚い命、精一杯に謳歌し朝の日を受けて落花する。

誰が名付けたか心憎いまでの、、、 酔芙蓉。 盛りは今。

Img_2500 Img_2504 Img_2498 Img_2509

| | コメント (2) | トラックバック (0)

二人で十個!

一年中が日曜日で祭日で祝日なんだけど、、、

今日は敬老の日で連休。  敬老の日は9月15日だったのにね。

町内会長さんが届けてくれたお祝いの、、、  75歳以上にだそうな。

市長さんの挨拶状とビールにお菓子。   お菓子の箱は、、、大福五つ。

爺婆二人で大福十個!   婆の一番苦手な、、、  どうしよう!

硬くならないうちに何とかしなくちゃ、、、ね。  爺は糖尿病の予備軍だし、、、

隣りの父さんはまだ70歳、甘いものに目が無いから助けて貰う事にした。

Img_2493 Img_2495 Img_2496

| | コメント (4) | トラックバック (0)

邪魔者扱い

ほろ酔い時の酔芙蓉。   邪魔だから切ったと枝を持ってきた爺。

出っ張った枝だけだよね?  確かに車の出入りの邪魔にはなっていた。  

芽時に剪定出来なかったので広がり放題伸び放題だもの。仕方が無いか。

花の命は儚くて日が落ちれば萎むので水に挿しても後数時間、、、

せめてカメラに収めて置くことにした。  切り払った現場の」何とも痛々しい姿。

Img_2490 Img_2484 Img_2489

| | コメント (2) | トラックバック (0)

主役はチョビ。 ニャンボールアート展

作者在廊は、、、残念! 連れ出すとパニックになる為顔見世無し。

飼い猫チョビの爪とぎダンボールが思いがけない造形になって。

ギャラリーこころ庵主の発想がニャンボールアートになって展示された。

ねこ石は何時もながらの出来栄えで、どれも魅力たっぷりの表情!

昨日が初日、久し振りのこころ庵は相変わらず賑わって、、、

其れと無しのバリアフリーは嬉しく、ゆっくりと愉しませて頂く。

Img_2458 Img_2456 Img_2454 Img_2453 Img_2460 Img_2459 Img_2463

| | コメント (6) | トラックバック (0)

40年前はこんなトイレだった

昭和の47年に縁あって古い農家を手に入れた。

このままではとても住めない!と手を入れることにしたけど、、、

月に一度だけやって来るだけで暫くはそのまま使っていた。

夏休みにやってきた息子の同級生、小学校のオチビさんたち。

此処のトイレ、怖くて行かれないと云って半ベソかいてオシッコ!

その当時でも浜っ子のお宅では既に殆んどが水洗洋式トイレらしく

此処のトイレにはビックリしてしまったらしい。 

行きたくなったら裏の竹薮でしてもらったと言うトイレとはこれ!

Photo

物置の隅、大きな樽が埋めてありその上に板が渡してあるだけ。

これじゃぁ、怖がるのは無理ないと、、、

物置を潰して婆の作業場。その一角が外付けの洋式水洗トイレに!

譲り受けた当時の全景。田の字の造りはご近所さんみんな同じ。

土間から見たデイ。  壁は荒壁、畳はブカブカ。   

右手の納屋を潰して作業場に。  

Img_2450

0002

| | コメント (2) | トラックバック (0)

枯れ芒になるまでに、、、

芒が雨で煙っている。  涼しいのを通り越して寒いほど。

この芒の穂、春になる前の2月頃になると枯れ芒になる。

この穂が織りの材料に最適。 今年は採り損ねてしまったけど、、、

刈り取ったらその場で穂綿をすっかり落としてから持ち帰って。

穂先だけを染めてみたり、莢を払って茎だけにしたり、、、

この秋の芒が枯れ芒になる頃までに1本ツエにならなくちゃね。

Img_2449 Img_2444 34 33

| | コメント (10) | トラックバック (0)

古ければ古いほど、、、とは云うものの

滅多な事では開けない収納場所の、、、

戸棚の奥にあった缶。  中身は?  覚え無し。

中国のお茶が出てきた。  こんな所にあったんだ!

何時頃の事だったか覚えてない程、古い話で、、、

お茶で染める話をした時に、良かったら使って!と頂いた品だ。

10個ほどあったけど、、、 もう飲まないからとの話だった。

パンフレットには古いほど珍重と。  賞味期限なし?

チョッとカビ臭いかな?  お茶の匂い?  染料にするべし!

Img_2437 Img_2440 Img_2432 Img_2443

| | コメント (2) | トラックバック (0)

980925、、、賞味期限

何年前か、、、   羊の関係から親しくなった会社が閉社した。

海外のオーガニック農場から輸入して美味しいものを供給して貰ってたのに。

野菜のペーストは会社のスタッフからのお勧めでスープの味付けに等々。

戸棚の隅から出てきた一本の壜。 辞めるとのお知らせの時のもの。

もう手に入らないと思い、開けるのが惜しくて、、、、すっかり忘れていた!

賞味期限が980925。  幾らなんでもこりゃ無理だと、、、

真っ暗な場所にあり、壜の封印もしっかりしてるけど古過ぎる。

開けてみたら当時と変わらないいい香。 惜しいけど流すことに!

何とも残念だけど、オナカ痛くなっても困るのでね。

Img_2299 Img_2301  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

合図の花火で

日曜日朝、6時に花火が鳴ったら、、、 運動会は開催。

生徒が全部で20名そこそこの小学校なので運動会は何時も地区と合同。

競技の種目は各戸に割り当てで決められる。  今年は何やるの?

爺は綱引きに借り出された!   綱引きは午後の部の最後になっている。

この猛暑に朝からなんて、とてもとても無理!  熱中症になっちゃうよ。

お昼を済ませてから出掛けて、、、、   3時に花火が鳴って終り。

綱引きの結果、1回戦で負けたので助かったと!   ご苦労様!

Img_2427 Img_2428    

| | コメント (6) | トラックバック (0)

えっ? ほんと? 幻の希少種!

爺が紐と間違えた小さな蛇。   コメントを頂いた!

幻のシロマダラヘビでは?と、、、、   ネットの映像、似てる!

もう一度よく見ようと思っていたら、叢に放り投げた後で姿無し。

それと思しき辺りを探したけど見当たらなかった。  生き返った訳が無い。

カラスにでも浚われてしまったのかも知れず。

その辺に仲間のヘビが居るかもしれない。

毒蛇ではなさそうなので見かけたらそっとしといてあげるからね。

幻の希少種シロマダラヘビ。   そんなヘビも居るんだね。

Img_2413 Img_2415

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お座りが辛かったけど、、、

介護用品のカタログにあったトイレの補高便座をつけた!

以前から洋式には改造してあった。   両足が不都合となったら

今までの高さでは座り辛くて難行苦行のトイレ。  病院は流石にそれなりの、、、

届いた補高便座が上手く合わないので、、、、 爺がドリルで取り付けアナを!

ほんの僅か5cm高くなって楽にお座りが出来るようになった!

我が陋屋、母屋にはトイレ無し。 離れの作業場脇に外付けになっている。

陋屋購入時のトイレ、今なら天然記念物で改造禁止かも?

いずれ、お披露目するつもりだけど、、、、ね。

Img_2406_2

Img_2400_2     

Img_2399

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

やっと、一息ついたね!

朝のうちはすっかり秋の気配。   

被害のあった方たちには申し訳ないけど、恵みの雨だった。

爺が庭先の作業台の覆いを取ったら紐が落ちて、、、

指先で摘んだら小さな蛇。 咄嗟に頭を潰したらしい。

毒蛇かな? こんなの見たこと無い。  覆いの下で雨宿りしてたのかも、、、

こちらは葦の日除けの陰で雨宿りしてたのか大きなカマキリ。

早速、獲物を捉えて食事中。  捕まったのはコチラも大きな蜘蛛。

生き物全てが一息ついている朝の出来事。  暑さがぶり返しそうな気配!

Img_2408 Img_2418 Img_2426

| | コメント (6) | トラックバック (0)

四本目の足

東京女子医大で右股関節の全置換してから二十数年。

ステッキは手放せないという事になり、、、、  行き着いたのがこれ!

ヨコハマの海辺と静岡の山家を行ったり来たりの道中に、

病院で支給の色気の無い?ステッキは可哀想と、、、 紹介して貰った。

手描きの為、永い間には剥げてきて、これが二本目。

当分の間、二本のツエが無いと歩けないので仕方なしに、

有りあわせのものを使っているけど、、、  かっこ悪い!

何年ぶりかで鵠沼のギャラリーに同じデザインのものをお願いする。

Img_2384 Img_2386 Img_2388 Img_2397

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七日遅れの酔っ払い

剪定もせず、間引きもしなかった酔芙蓉。

何時もは九月の声と共に咲いてくれるのにと気にかかってはいたけど

やっとひとつだけ、今朝開いてくれた。  爺に云われて八時過ぎ。

既に純白の薄い花弁はすっかり開いていた。

猛暑の昼下がり、ほろ酔いになり、、、 夕方のチャイムでいいご機嫌。

夕闇が迫って辺りがほの暗くなってくる頃には泥酔で萎んでくる。

明日の蕾が膨らんではいるけど、台風の如何では?

高橋治「風の盆恋歌」に出てくる酔芙蓉に魅せられてから何年経つか。

Img_2368_3 Img_2374_2 Img_2378_2 Img_2382 Img_2377

| | コメント (8) | トラックバック (0)

涼しげに涼しげにと、、、「風、透る」

織って縮絨して、、、、市松模様に、、、

確か、あの時の展示の中にあった筈、、、テーマは「風、透る」だった。

芒を織り込んだタピストリーだったと、、、   空間のある市松。

写真を撮ってアルバムに、、、からCDに入れ始めたのは何時頃から?

10年前はパソコンを使うことなんて思ってもみなかった。

「風、透る」の展示作品をパソコンで見るのは初めての事。

猛暑を忘れるためのひとときに、、、、

Img_2364 Img_2365 Dsc00001 Dsc00010

| | コメント (6) | トラックバック (0)

たまねぎが効くのかな?

日陰干しにして置いおいたゴキブリ団子が乾いた。

隣りの母さんが作る団子が良く効いて我が家にはゴキブリが出なかった。

去年は入れ替えも出来ず、、、   そんな事で最近になって姿を見掛けて。

毎年、朝市の目玉で並べていたけど今年は作ってないとの事。

先日、作り方を教えて貰いながら二人で丸めた大笊イッパイのお団子。

20個ほど分けて貰って乾かしておいたゴキブリ団子。  人には無害!

中身は、すりおろしたタマネギ、強力粉、砂糖、牛乳だけ。 ホウ酸は入れない。

耳たぶ位の硬さに良く練って丸めカラカラに乾かして出来上がり。

チョッと時期が遅かったけど来年はゴキブリの姿を見なくて済みそうだ。

お勝手のいたるところに、貯蔵棚の隅に、ピクルスの大瓶の奥にも!

薬品が入ってないからネズミが齧るかも?  

Img_2347 Img_2353

Img_2355_2 Img_2356_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

どんな虫? 何という虫?

パソコンを弄ってると漢字が書けなくなるってホントにその通り。

草冠だったか竹冠だったか判らない!  電子辞書を出して、、、

何だこりゃ。フェルトで作ったカバーが虫のアナだらけ! 

羊毛に違いないけど、、、  暫く使わないでいて気がつかなかった。

新しく作るのは簡単だけど、又やられるだろうね。 犯人はもぬけの殻!

どんな虫か知ってる? 衣蛾類とかヒメ鰹節虫。   純毛大好き虫。

Img_2341 Img_2340 Img_2339

| | コメント (6) | トラックバック (0)

お昼は抜きで、、、

食事は、、、朝軽くしてお昼は抜いて下さい。  地域の健診日。

コミュニテイセンターで1時から、、、   混むのが嫌で2時頃に。

身長体重血圧測定、書き込んだ問診票の確認、医師との面談、

最後に採血でお終い。   余り待たされずに済んだ。  結果は後日。

合う人毎に声を掛けて下さり、、、  歩けてよかったね!   ありがとう!

Img_2335 Img_2334 Img_2337

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空振り! 何処かで笑ってる?

お米の入ったダンボールが齧られた。 二晩続いて。

いい塩梅に出なくなったと、、、   余り大きくない奴らしい。

ペッタンネズミ捕りを仕掛けたけど掛かってない。

物置に置いたバネ仕掛けのネズミ取り。

冷凍ストッカーの上に糞があったのでセットしたけどこちらもダメ。 

周りに置いたパンだけ食べてあったと。 こっちは大きな奴らしい。

気配で判るのかな? 隣りは猫が2匹も居るのにチョロチョロしてるらしい。

この暑さで猫もバテ気味なんだろうか。  それとも飽食猫?

Img_2294 Img_2297 Dsc00720   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

甘くなかったらご免ね!

格別の暑さに、、、冷えたスイカ食べたいね、一個じゃ余っちゃうし、、

そんな話を爺としていたら、「採れ過ぎだァ、食べる?」と!

ラグビーボールの小型のスイカが届いたのが一昨日。

冷蔵庫で頃合に冷やして、、、   切るのは爺にお任せして。

冷たくて甘くてなんて言いながら、二人で半分食べちゃった!!!

早速、甘くて美味しかったよ、ご馳走様と電話したら「まだゴロゴロしてるよ」と。

爺は毎年苗を植えて居る。殆どカラスに食べられちゃうので今年は止めたらしい。

残った皮は裏の生ゴミ入れに、、、    カラスが喜ぶかもしれないね。

Img_2292 Img_2319 Img_2326

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »