« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

一人じゃ何にも出来ないのに、、、

酷暑に戻った中、歯科医の予約日なので連れて行ってもらう。

朝出掛けて戻ればお昼過ぎ。  スーパーのお弁当でお昼はチョン!

爺が元気でいてくれるので出来る事。  老老介護とはまさにこの事。

人事と思っていたのがわが身に降りかかってきている。  

若くて何でもない時は、山家暮らしは最高に快適だけど、、、、ね。

入れ歯が取れた位は我慢していなきゃダメかな?   

来週は総合病院の予約も入っているし、歯科の予約も! 出るのは溜息。

F1000005 F1000044

| | コメント (11) | トラックバック (0)

ハクビシン?の残りものでも美味しいよ!

網なんて張ったってダメって云われながら、、、   昨夜もヤラレタ!

キレイな処だけ削ったトウモロコシ、中華のスープにした。

すり鉢で潰してから薄く葛を引いたスープを作り、溶き卵を混ぜるだけ!

採れたての香と甘味のある中華風コーンスープの出来上がり。

洋風のクリームスープもいいけど、、、 本物の生クリームが無い。

街まで行っても純生のクリームを探すのが容易でないし、、、ね。

昨日ヤラレタのはチンして削って、、、、  冷凍してある。

Img_2118 Img_2130 Img_2135

| | コメント (2) | トラックバック (0)

見てみて! 酷いと思わない?

退院して初めてのお食事会。 朝から土砂降り!

送られて戻ったら、、、、   爺が合羽着て畑に。 どうしたの?

一昨日そろそろ採れそうと思っていたら一足先にヤラレタとうもろこし。

昨日網をシッカリ張って、もう大丈夫!と思ったら、、、、 昨夜の仕業らしい。

犯人はテンかハクビシンらしい。  よーく洗い、チンしていい所だけ削った!

Img_2117_2 Img_2123_2 Img_2122

デンマーク牧場の作業場のお片付け、何から何までお任せして何も出来ず、

迷惑をかけてしまう。 メンバーの温かい励まし支えがあってこその回復。

みんなの顔を見て沢山の元気を貰ってきた。 深い深い感謝のみ。

切っても切れない羊の絆。  大切に紡いで欲しい。

土砂降りのお食事会。谷稲葉の「やま和季」にて。

Img_2114 Img_2113

| | コメント (2) | トラックバック (0)

どっちで削ってもカキ氷だけど、、、

お昼寝してたと思っていたら、さっさと準備なさっている爺、、、  カキ氷。

小豆の缶詰あったっけねと、  此処まで暑いと愛用のアイスバーではダメらしい。

冷蔵庫で作る氷は溶け易いけど、格別溶けるのが早いね。凄く暑いからサ。

何でカキ氷食べると鼻の奥がキーンとなるんだろう。  本日は氷小豆!

このアイスロボⅢの後に出た色の違うアイスロボⅢを使ってるよと、、、、

映像入りのメールが届いた。  性能は全く同じで色がホワイト。

氷削り器そのものぴったり! 氷もこれで削った方が美味しそうだ。   

Img_2099 Img_2104 K097906_001

| | コメント (8) | トラックバック (0)

壊すには忍びないが、、、

若い人と住むために家を建て直すからとのご挨拶があった。

離れてはいるけどお向かいさん。  一段下っているので此処からはよく見える。

水周りはすっかり今風に改造済だけど、黒光りする梁や柱は昔のチョウナ削りだ。

勿体無いけど時の流れには逆らえない。  数日前から瓦を外し始めて、、、

丁寧な仕事の解体工事は時間が掛かるけど、安心してお任せ出来ると思う。

百年以上も積もった埃を抑える為にホースで水を撒きながら屋根を壊している。

今年の内には新しい家になる予定と!    此処からの眺めも変わるだろう。

Img_1230 Img_1242

| | コメント (5) | トラックバック (0)

よしずで日除けして、、、

日が西の山に落ちる前のひととき、作業場に日が入る。

2年ぶりに日除けのよしずを広げてもらった。  ボロボロで使い物にならない。

一夏使ったらお役ご免が当たり前なんだろうな?   早速新調した。

巾は一間もあれば充分。  丈は地面から庇まで届いて充分日除けになる。

ほんのひとときの日差し、それでもこう毎日暑いと何とかせねばと、、、

荒めに編んだ葦は風も通り、ホッとする日陰を作ってくれる。

5時の「夕焼け小焼け」が聞こえてくる頃には、向山に夕日が差して日は沈む。

カナカナが鳴き始めるのもこの頃から、、、、      今日も猛暑日!

Img_2089 Img_2090 Img_2091

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電気氷削り器 アイスロボⅢ

カキ氷食べたくなったなんて何年ぶり?    確か納戸の棚に有った筈だよ。

何年前か忘れてしまったけど、玩具みたいなデザインが気に入らなかったっけね。

電気なので簡単にジャーッと削れるのは、手で回すより早くてラクチンだ。

カシスとクランベリーのハーブシロップにガムシロップを垂らせば美味しいかも?

ほーらね、スッキリして大人のカキ氷になったよ!  これはナカナカの味!

気の所為かな、汗が引いてチョッと涼しくなったみたい。  高価な?カキ氷。

Img_2075 Img_2073

中部コーポレイションのアイスロボⅢ初雪、今でもこのデザインらしい!

この暑さ、毎日ジャーッとやりたくなるかもね!   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

高速脱水機トーマスが壊れた!

通販生活だったか?購入してから八年目。 ドイツ製の高速脱水機トーマス。

全自動洗濯機で洗った後でもう一度これで絞ると、驚くほどに水が絞れて

乾きが早く、雨の時など大助かりで毎日重宝していた、、、、

持ち運びが出来ないのでお任せの脱水や干し物担当方のこと、 

厚手のタオルケットを無理やり脱水機に押し込んだ結果のバラバラ事件。

使い始めたら無いと不自由なので、外国製のソメラをアマゾンから購入する。

殆ど今までのものと違わず、使い勝手はよさそうだ。

毎日の洗濯だけでなく、原毛洗いの脱水やらフェルトの仕上げにも必需品。

取り扱い説明書にもチャンと書いてあるんだから、無理に詰め込まないでよ!

Img_2056 Img_2061 Img_2058 Img_2062

| | コメント (4) | トラックバック (0)

まだ、無理は出来ないかな?

何もしなくても汗が吹き出てくる猛暑日!

チョッと試運転?   ガタガタの明治初年の織り機を使うことにする。

乾かしてあったトウモロコシの皮でコースターを織ってみた。

機ごしらえもまぁまぁ出来たし、腰をかけている分には何の支障もない。

足もチャンと動いてくれる。  処が、、、鋏を落としても杼が転がっても!

拾うまでには難行苦行で、、、  やっぱりまだまだ無理なのかもね。

徐々に慣らして行くより仕方が無い。  此処まで回復出来た事に感謝!

Img_2042_2

Img_2050_3 Img_2054_3

| | コメント (10) | トラックバック (0)

一年の速い事、  7月20日!

  • 去年の今頃は、、、、 病院のベッドで身動きも出来ずに、、、、

峠を越えて街へ買い物に出る筈だった。  曲がりくねった山道の下り坂。 

気がついた時には両足右手は動かず、運転席と助手席の間に挟まれていた。

車は茶の木を一、二本倒しただけで、運転していた爺は無傷。何とも無い!

救急車を呼ぼうにも、ケイタイは繋がらず、、、 其れが去年の7月20日の事。

退院時は車椅子とDrの説明があったなんて、婆には誰からも聞かされなかった。

手術して4ヶ月、リハビリ病院に転院3ヶ月余り、、、、

三食昼寝つきの病院暮らしが終わった時は、杖2本で辛うじて歩けるように!

爺を始め回りの方たちの温かい支えがあっての回復と思っている。

Img_2044 Img_2046

 

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

物好きにも程があるね!

日没から暫くの暮れ時だけ。 後はピタッと居なくなるから不思議。

蚊取り線香なんて効かばこそ、吸血鬼がわんさかとやってくる。

シューっとかけるアレはどうも気に入らないので蚊取り線香だけ。

チョッとの間、腕を提供?してみたら、、、 5分もしないうちに!

叩き損ねて逃げてしまったのも居て、成果はご覧の通りだ。

婆は色黒だから、、、、   赤くなってもわからないよ。

刺された!と思ったらキンカン。  彼方此方手の届く所に置いてある。

馬っ鹿みたいな、、、  物好きにも程があるね。

Img_2034 Img_2030

| | コメント (2) | トラックバック (0)

偶には変わった飲み物も、、、

水も飲むし、薬草茶も冷たくして、、、、   ジュースは甘すぎる!

チョッと甘くてスッキリしているシロップを見つけた。

炭酸で割ってもよし、氷を詰めた焼酎にも、、、アイスクリームに垂らしても。

偶然見つけた新聞のコラムから。 ハーブのシロップ至福の一品と、、、

イギリスソーンクラフトのシロップを試しに取り寄せてみた。

クランベリー、ハイビスカス、、、甘さの残らないさっぱりとした口当たり。

後の2本は、、、  エルダーフラワーを丸ごと漬け込んだシロップと

りんご果汁に各地から集めた天然ハーブをブレンドしたDT(ディ-ティ)。

口を開けるのが愉しみ!    直ぐにカラッポになってしまいそうだ。

Img_2007 Img_2020_2 Img_2017

Img_2016_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

蛙の子はオタマジャクシ!

梅雨明け宣言!  早速猛暑!   昨夜で雨はお終い。

母屋は四方八方開け放って、、、  何が飛び込んで来ても文句は言えない。

暮れると山からの風が心地よく、昼間の暑さを忘れさせてくれる。

ニイニイゼミが灯りに向かって飛び込んできたり、カナブンの体当たりなど

梅雨明けと同時に賑やかになってきた。   蚊のオバケみたいなのもいる。

昨夜やってきた雨蛙とは似ても似つかないイボ蛙もやってきた。

大きさは同じで小振りな、、、  だけど如何しても触る気にはならない。

爺は蝦蟇の子供だと、、、何を出鱈目な、、、蛙の子供はオタマジャクシだよ!

Img_1990 Img_1992 Img_1973 Img_1972 Img_1994

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルーベリーの色が、、、、

一昨日は5粒、昨日は15,6粒ほど?  ヒヨドリも気がついたらしい。

日が差すと猛烈な暑さ。 もうダメだ!と言いながら爺が摘んでくれた320g。

日の出前の涼しい内か、日が翳ってからでないととても摘めない。

伸び放題にした高い枝に生ったのは婆にはとても無理な話。  

杖を片手に手の届く範囲なんて、お話にもならない。 今年も爺にお任せだ。

梅雨が明けたら、、、、   一日置きに8月一杯は難行が続く。

ブルーベリーの薮っ漕ぎ。  蜂も電気虫も好いように巣くっている。

来年は採れなくてもいいから、バッサリと剪定してよね!  お願いします。

Img_1983 Img_1976 Img_1989   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

まだ降る積もり?

奥の方は注意報から警報になって、、、   まだ降り足りない空模様。

あれほどの降りだったけど、通行止めの連絡もなく今のところは治まっている。

大井川は川幅一杯の濁流が渦を巻いて流れ、久し振りに川!になっていた。

上流のダムのお蔭で水は少なく川原ばかりが目立つ日頃の大井川。

それにしてもこのような川の姿は何年ぶりのものか。

向う岸の杉林で、さほど大きくは無いがけ崩れが数ヶ所見られた。

大井川畔を通り街まで出掛ける。  友人の天音窯の作品展、初日。

Img_1962 Img_1967 F1000044

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雨でもキュウリは採らないと、、、

他の野菜もそうだけど、キュウリは一日採らないとドンドン育ってしまう。

雨が降ってもそんなのはお構いなく、、、、 えっ? またこんなにあるの?

昨日のが其の侭になってるよ!   何とかしなくちゃ。  ピクルスだね。

去年漬けたのは今食べてるけど、古漬けになっていい味が出ている。

入院する前に漬けて、爺が一人では食べきれないで、、、

りんご酢を買って来てもらったし、香辛料はあるし、、、 白ワインもOK。

二日分のキュウリ! 20本以上はある。  大きいビンが丁度口元まで。  

何だかんだで1日仕事。  1ヶ月もすれば食べられるよ。

Img_1960_4 Img_1947 Img_1898_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

待ってたんだ!

大雨注意報が出てはいたけど、、、   ホントに土砂降りだ!

暫くして小止みになったと思ったら、何時の間にか止んで。

雲の動きが早く、まだ降り足りないらしい。  

それでも薄日が差し、先程までの雨は嘘のように。

ヒメヒオウギスイセンが咲き乱れている手入れのしてない叢。

アゲハがやって来て盛んに蜜を吸っている。  何処に雨宿りしてたのかな。     

花から花へ忙しない。    夕方から又降り出した。

Img_1941 Img_1942

  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

本命はこちら!

ニャンズママから届いたアジサイ。  挿し木にするからと所望した。

箱を開けて、、、   本命のアジサイより沢山のトルコキキョウ!

何はともあれ、大急ぎで切り戻し、水に入れると活き活きとした。

真っ白な八重咲き、紫の一重、、、、 箱の中での窮屈は感じさせないで。

さて、本命のアジサイはシッカリとした太い枝ぶりの数本。

雨が止んだら挿し床に、、、   深紅のガクアジサイ、2,3年後が愉しみだ。

取替えっこしたあじさいの枝。   どっちが先に咲くかな?

Img_1955_2 Img_1951 Img_1952 Img_1959 Img_1953

| | コメント (7) | トラックバック (0)

投票所まで行かれない?

参議院の選挙。  小学校の体育館が投票所。   

棄権するより仕方が無いか。 この狭い地区の事、投票率は何時でも高い。

誰に一票入れるにしても、先ずは出掛けないと直ぐに棄権がバレてしまう。

今回は雨も降ってるし、両手に杖での動きは到底無理な話。行かない事にしよう。

行ったとしても、候補者の事は何も判っちゃいないし、、、誰が当選しても同じ?

無責任な話だね。     ○描いてチョンの無効票になってしまうだろうナ。

若い時はちゃんと真面目に、、、、の時もあったっけ。   今は昔のお話。

Img_1945 Img_1944    

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ネズミ捕りの道具にも色々とありまして

大きなネズミに逃げられて、、、 もう居ないと思っていたら、又齧られた。

縁の下でも流しの脇でも出入り自由。チャンと野菜庫に入れておくべし。

今度のは歯の跡からして小さい様だ。小さければ粘々から逃げられないだろう。 

爺の言うには粘々はダメ! よく見かける金網のもダメでパチンとなる、、、

アレでなきゃダメだと。 そんなのは何処で売ってるの?  金物屋にある筈と。

何軒か聞いてみたけど、若い店主はそんなのご存知ないらしい。

街外れの古い小さな金物屋。  奥の方から埃だらけのものを出してきて。

値段を聞いたら錆びてるし、100円でいいよと譲ってもらってきた。

針金と板切れだけの作りは簡単だけど、バネの強さは強烈!

人間の指でも挟んだら目茶目茶に折れる事、請け合いのネズミ捕りだ!

Img_1914 Img_1937

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雨宿りにやってきたのは

まぁ、よく降ったね。 近頃は降るとなると土砂降りになるんだから、、、 

何の云い繋ぎも来なかったから崩れた所も無かったらしい。

事があると云い繋ぎの連絡がある。 バスが登ってこないとか峠の通行止めとか。

今夜も大雨の予報だけど、いい塩梅に止んでいる。

ガラス戸とカーテンの間でガサゴソと、、、    大きな蜘蛛が!

毛むくじゃらの足を広げると、婆の手を広げた位の大きさがある。

蜘蛛は幾らでも居るけどこんなのは滅多に見られない。

雨宿りしてたのかナ、、、  逃げ足の速い有難くないお客さん。

Img_1931

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ラッキーフォーユー、フォーじゃなくて、、、 

雑草に埋もれていた四つ葉のクローバーの鉢。  日当たりのいい棕櫚竹の傍へ。

頂いた一粒の球根が知らない間に増えて、、、 お日様に向かって伸びている。

気がついたら何となんと! 四つ葉じゃなくて三つ葉だった!  どうして?

一番大きな球根、(と言っても小粒)だけは四つ葉が数本あるのだけど、、、

こんな事ってあるのかな?  球根が大きくなると四つ葉になる?  そんなぁ、、、

来年はどうなるのか、又一つ愉しみが増えたね。

Img_1917 Img_1920    

| | コメント (11) | トラックバック (0)

よくよく見たら、なんとまぁお洒落な、、、

何時だって開けっ放しだもの。   何だって入ってくるさ。

昨夜はね、 さて寝ましょうと思ったらお布団の襟元に大きなスズメ蛾!

蛾は嫌いじゃないけど、コチラはあんまり、、、ね。

叩くと羽の粉が落ちるし、、、  そーっと紙に乗せようと、、、

近くで見たことも無かったけど、よく見たらなかなかお洒落!  ふーん?

地味な色合いの中で羽の縁が真っ白に波打っていて、、、ね。

頭でっかちでかっこ悪いだけと、、、  見直さないといけないね。

飛ばないうちにそーっと紙に乗せて窓の外へ放して!

Img_1839 Img_1837

| | コメント (9) | トラックバック (0)

逃げられちゃった!

お勝手でジャガイモが齧られたり、流しの石鹸が落ちていたり、、、

何時の事か、爺がテレビ見ていたら何かの気配、見たらチョロチョロと。

何も悪さをしていなかったので見逃していたらしい。  婆が入院中の事。

同じネズミか如何か判らないけど、此のところ夜毎に出没している。

ホームセンターでネズミ捕りを買ってきて早速置いてみたら、、、

ベトベトの板に乗ってしまった敵は散々に暴れて板を齧り、、、

離れた所にネズミ捕りが投げ出されて、、、   逃げてしまったらしい。

逃げるに逃げられず大暴れしている姿を見ないでホッとしてはいるけどね。

これに懲りてもう来ないだろう。  悪さするからいけないんだよ。

Img_1913_2

  Img_1912_2 Img_1909

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑草? それとも園芸種?

メダカの甕も睡蓮鉢も、、、 これに覆われてしまった。

濃いオレンジの姫緋扇水仙。 帰化植物で園芸種が野生化したもの。

手で抜くと簡単に抜けてグラジオラスの球根の小型?が着いている。

山向こうの花ブログ達人が少し前にこの花をテーマになさっていて、、、、

この球根があちこちに散らばって増えると、、、、花の後に出来る種も増えるの?

何時頃からここに咲くようになったか、  植えた覚えも無いのにね。

オレンジがきれいなので切花にと思ったけど一つの花の命は短くてダメ。

まだ咲き始めなので暫くしてから、刈り取って貰わなくては!

Img_1906 Img_1891 Img_1892

| | コメント (0) | トラックバック (0)

居ながらにして揃い、大助かり!

牧場のグリーンズフェアでお知り合いになった岐阜のゴーバルさん。

ハム、ソーセージは当然のことだけど、豚肉が美味しくて送ってもらう。

生肉は200gの小分けに冷凍されてくる。  ミンチから厚切り迄、揃っていて。

爺婆二人の食卓には丁度いい量で使いやすく、冷凍ストッカー保存で安心。

メモに添えたラベンダーが何とも心憎い!   秋になったらお邪魔しようね。

Img_1876 Img_1880    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

一日採らないと、、、、

昨日の朝採りの残りが冷蔵庫に、、、  半分漬けたけどまだあるよ。

でも採らないと又オバケキュウリになっちゃうし、、、ね。  

さて! この漬物の素、この数年使っているけど、朝漬ければ晩には食卓へ。

ひとくちの乱切りにして一度に3本は消化出来る。 食後のお茶にもよし、、、  

袋に入れたキュウリと素をよく揉んで冷蔵庫に、、、30分置けば漬かると!

一袋あれば、キュウリ10本は漬けられるので重宝しているけど、、、。

どうしようね、またこんなに採れたの?  大きくなるのが速過ぎる!

朝昼晩、キュウリ攻めでキリギリスになりそうだね。

Img_1862 Img_1856 Img_1860 Img_1861

   

| | コメント (6) | トラックバック (0)

一年先の華やぎのために

原種のガクアジサイ。  やっと剪定することが出来た。

西の裏庭、大きな槇の傍に挿し木して数年。 今年も花が終わる。

他のアジサイと比べると枝が細くて花も繊細な、、、  山アジサイに近いかナ?

切落とした枝にいた青虫に睨まれてしまった! どんな蝶になるの? ごめんね。

槇の根元の小道。  通せんぼしないとイノシシが侵入してくる。 

これくらいじゃ、簡単に飛び越えてしまうけど、、、 気休め?にはなるかナ。

この辺りはイノシシの通り道。 山から此処を通り、竹薮を下ると芋畑。

あいつらの為に芋作ってるみたいなもんだ!とは近所のお茶飲み話で。

Img_1848 Img_1843 Img_1849

| | コメント (4) | トラックバック (0)

皮を捨てないで!

中身より皮の方が大切なんだからね。  丁寧に剥いてよね。

トウモロコシの皮なんて捨ててしまうでしょ。  勿体無い!

10本剥いても、まぁ捨てる方が多いけど、、、 使えそうな皮は僅かしかない。

より分けた皮はカビが生えたり虫が着いたりしない様に熱湯に漬けてから

水洗いしで乾かす。   梅雨時はなかなか乾かず、うっかりすると黴てしまう。

今回は晴れていたので半日できれいに干せた。 少しずつでも貯めないとね。

何にするって?  織りの材料に使うと面白いから、、、

コースターにもタピストリーにも納まってしまう。 だから捨てないで!

Img_1819 Img_1821 Img_1824 Img_1829

13 10

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »