« 何十年もの長ーいお付き合い | トップページ | 待ってました!  窯場の筍 »

埃はハタキに限る!

障子の桟の埃が気になり、大黒柱に蜘蛛の巣が、、、

幾らなんでもコリャ酷いと思うよね。   爺に言うとご機嫌斜め!

以前のように勢いよくハタキを使えないのがじれったいけど、仕方が無い。

陋屋は掃除機より何よりやっぱり箒とハタキに限るね。

序にハタキを作り直した。 薄い木綿を裂いたら軽くて使いよさそうだよ。

Img_0934 Img_0940

|

« 何十年もの長ーいお付き合い | トップページ | 待ってました!  窯場の筍 »

コメント

はたき、懐かしいですね。
祖父が羽のハタキを使って居るのが羨ましくて、そっと触って見た事があります。
ストッキングでハタキを作ると、軽くて誇りを静電気で取ってくれると聞きましたが、つい忘れて捨ててしまうので、作った事は有りません。

投稿: 谷間のゆり | 2010年4月10日 (土) 23時41分

えらい・・・上等のはたきが出来上がりましたね~
男前・べっぴんさん?ハハハ・・・
昔の人は、知恵がある~
実は30年近く前、お嫁に母が持たせてくれました~
もちろん、母作の自前です~(笑)

投稿: cyicyikatsuko | 2010年4月11日 (日) 01時44分

まとめてお話しを。
障子や窓の桟は叩きですよね。どもそうしすたボロが見当たらなくなりました。
コープ、時々取り寄せをしていますが、配達は1週間に一度、先々までの料理は考えませんので、無駄になることも。
でも、やまんばさんのように、手近で手に入りにくいもので日持ちがするものは便利ですね。
筍の皮で梅を、食べ物が無かった時代、やりましたよ。その皮を干して草履に、結構丈夫でした。
菩提寺から茹でた筍を頂戴しますが、皮付きのまま半割にして茹でて持ってきます。その方がアク抜きが出来るとかですが、真偽のほどは分かりません。

投稿: 放念の翁 | 2010年4月11日 (日) 08時19分

谷間のゆり さん

納戸から掃除機出して、、、よりも
座敷ははたきと箒で簡単に。
ゴミは土間へ掃き下ろしてオシマイ。

ストッキング、いいかもしれませんね。

投稿: やまんば | 2010年4月11日 (日) 14時51分

CYICYI さん

偶々、手近な処に薄い布が目に付いたから
やっただけのこと。
母親って、、、ありがたい!
そこまで気が利く方でしたか。素晴らしい!

投稿: やまんば | 2010年4月11日 (日) 15時00分

翁 さん

お近くに商店街があればCOーOPはお願いしなかったでしょう。 爺が運転できなくなったら、、、頼みの綱です。

竹の皮は、、、竹が伸びて皮が落ちたのを拾って、水に漬けて編んだのを覚えてます。集団疎開の時です。
お肉などは竹の皮に包んでくれましたっけ。
そのうちに経木になって今は量り売りなんて無くて発泡スチロール。
年寄りの戯言でしょうか、、、

筍を湯掻く時、全部皮を剥かないで着けたままにして、、、  
何故か灰汁が少ないので短い時間で済みます。
 只今、旬です!

投稿: やまんば | 2010年4月11日 (日) 15時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140867/48048866

この記事へのトラックバック一覧です: 埃はハタキに限る!:

« 何十年もの長ーいお付き合い | トップページ | 待ってました!  窯場の筍 »