« ゾウになったひつじ | トップページ | 早い者勝ちのお陰で枇杷酒! »

お人好しの羊たち

強風の中でまだ毛刈りの済んでいない羊たちがかたまって座り込んでいた。

そこら一面に抜け毛が散らばっているのは、カラスが背中の毛を毟ったから。
カラスは巣作りの材料に毛を使うらしく、少し位動いても平気で背中に止まっている。
どうしても、ご老体の連中が狙われてしまう。  痛いだろうにお人好しにも程!

牛舎の屋根裏部屋はこの台風並みの風をまともに受けて軋んでいる?
雨模様だし、この風では外での洗いは無理。   

乾いた毛を取り込んで布袋に入れて、、、、 後はせっせとゴミ取りするだけ!

090528boku_2 090528boku

   

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

|

« ゾウになったひつじ | トップページ | 早い者勝ちのお陰で枇杷酒! »

コメント

信じられませんが、カラスが毛を毟り取るのですか? だとしたらひどい話ですね。
周りに落ちてる毛くらいなら持ち去っても許せますが。
私もゴミだしの日はカラスと闘っています。

象さんかわいい!!!

投稿: Rei | 2009年5月28日 (木) 21時50分

Rei さん
羊の毛刈りの時期は3~4月なんです。
もう今になると換毛期になってウールとして
あまり頂けない?毛になってきます。
羊も番茶もなんとか、、なんで、どうしても古いのは後回し。何処かの世界と同じ!
カラスも動きの鈍いのが判るんでしょうね。これも自然の摂理?
カラスって口惜しいけどお利口みたいですね。

投稿: やまんば | 2009年5月28日 (木) 22時24分

 今日はありがとうございました。
とっても専門的な冊子で、嬉しいです。
羊飼いさん達の紹介など、記事に愛情と
真実味がありますね。編集の方のお人柄が
感じられます。 
 ますます羊とフェルトに惹かれてしまいます。
 村上春樹の「羊をめぐる冒険」も
読み直しています。今度は羊の種類とか
歴史が出てくる場面が、楽しみです。
 カラスと羊の関係、面白いです。
野鳥の会会員としては、カラスの気持ちも
ちょっと解ります。原毛仕様の巣なんて、
気持ち良さそう。羊には、気の毒ですが。

投稿: ささゆり | 2009年5月29日 (金) 19時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140867/45157058

この記事へのトラックバック一覧です: お人好しの羊たち:

« ゾウになったひつじ | トップページ | 早い者勝ちのお陰で枇杷酒! »