« 震度3! | トップページ | お人好しの羊たち »

ゾウになったひつじ

羊の毛を詰めた縫いぐるみの手触り。  優しくて温もりが伝わってくる。

何十年振りかで作ったゾウさん、こんなに大きかったっけ?
確か日本経済新聞夕刊の家庭版に載っていたものの切り抜きだった筈。
高島屋の包装紙の型紙はすっかり色褪せている。

糸にもならず、フェルトにも固まらないウールは、、、、
一頭のゾウさんに無事収まってくれた。

Photo 2 5 090526zou

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

|

« 震度3! | トップページ | お人好しの羊たち »

コメント

 型紙にも時代を感じます。
ゾウさん、グレーの生地の風合いと
表情がマッチして、とても愛嬌が
ありますね。さすがです。
 子供が小さかった頃、講習会で
習ったドイツのウォルドルフ人形。
ふんだんに羊毛を使った物でした。
今でも大事にとってあります。
 原毛が無くなった時、この人形のを
使ってしまおうかなと思いました。
 私にとっては、原毛は貴重で
チビチビ使ってます。
 

投稿: ささゆり | 2009年5月27日 (水) 11時16分

ささゆり さん
ごめんなさい! デジカメのおへそが曲がってしまったので、携帯で撮ったらこんな色になってしまったのですよ。
砂色と白茶の混ざったヘンな?色なんです。
抱っこした感触は、、、ご想像ください!
原毛はピンからキリまで転がってますので何時でもどうぞ!
使い切れないうちに、お呼びが掛かってしまいます。

投稿: やまんば | 2009年5月27日 (水) 15時39分

やまんば様
うん、楽しまれてやっておられますね。
それに出来栄えも素晴らしです。
針仕事も現役、とてもご同輩には思えません。
ブログを開くのが楽しみです。

そうそう小梅のカリカリ漬けの素で新生姜を一日漬けてみましたが、美味しく仕上がりました。手間を掛けずにご馳走です。

投稿: 雲下寺住職 | 2009年5月27日 (水) 18時34分

雲下寺 さん
ボケ防止の特効薬は指先を動かす事、らしいですね。
カリカリ漬けの素、蕪など漬けられそう。探してこなくては!

投稿: やまんば | 2009年5月27日 (水) 22時35分

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪
はじめまして。最近ブログをはじめた能登のお寺の住職です。興味を引かれましたので立ち寄りました。チョクチョク読ませて頂きます。それではまた、お元気で。合掌

投稿: 市堀玉宗 | 2009年5月28日 (木) 20時08分

市掘ご住職 さん
ようこそ、お立ち寄りくださいました。
破れかぶれの陋屋(老)ではございますが
どうぞ何時でもお出かけ下さいます様に!

投稿: やまんば | 2009年5月28日 (木) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140867/45140995

この記事へのトラックバック一覧です: ゾウになったひつじ:

« 震度3! | トップページ | お人好しの羊たち »