« 捨てられず | トップページ | 春どんこ、一番採り »

ご相伴に与って

京都の原毛屋ぽんたがこの地にやってきた。  婆とは知らぬ仲ではない。
暮にやった「羊飼い三人展」の取材が目的。 富士宮、竜山、本川根を訪ねて。

夫々が超不便な処に住む3人のこと、不慣れな土地で移動するのは一苦労。
新幹線の駅から竜山村への往路を引き受けることにする。 爺の運転で!

竜山の主は、手打ち蕎麦の達人。  お昼のご相伴に与ることに。
主が釣ってきたハゼ、フキノトウの天麩羅が揚がり、、、、
小盛りのしゃきっとした咽越し、香りのいいザルの後の出汁の利いたカケ。
勧め方の頃合いの良さ!    旅行村の羊飼いより板に付いている。

窯から出たばかりの暖かいベーコンは竜山の主ならではの逸品。
婆が持参の柚子味噌田楽、桜花のゼリーも卓上に。

客人、次の訊ね先は本川根まで山越え。  お迎えは既に到着して。

原毛屋、竜山の主とその娘、本川根に感謝!

090220tatuyama_2 090220tatuyama_5 090220tatuyama_3 090220tatuyama_4

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄有難うございました

70歳以上ランキング参加用バナー一覧

|

« 捨てられず | トップページ | 春どんこ、一番採り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140867/44123977

この記事へのトラックバック一覧です: ご相伴に与って:

« 捨てられず | トップページ | 春どんこ、一番採り »