« 静かに明けて丑年 | トップページ | 古い住所録はお付き合いの証し »

落花生を炒る

掘り上げたらすぐに、塩茹でしたものを冷凍保存するのが習わし。
親しかった友人が毎年掘ったばかりの豆を届けてくれたが逝ってしまった。

他から取り寄せてみたが、生乾きのものが届いて、、、、
変色してたり、萎びたものを選別してから、乾燥してみた。

幸い黴もせずきれいに乾いてくれたので、、、、
ストーブの火も頃合いとて、炒ってみることに。

無骨な金網の焙烙は、金網屋 手作りの品。
しっかりとして使い勝手がとても好い。  かき餅あられにも使える。

チロチロ燃える火を見ながらゆっくりと手を動かして三十分余り。
いい香りがしてきて火から下ろす。  熱いうちだと皮が剝けない。
すっかり冷めたら、、、、   うん! 悪くない!

090102houroku_2

090102houroku_3 090102houroku_3_2

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

|

« 静かに明けて丑年 | トップページ | 古い住所録はお付き合いの証し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140867/43615818

この記事へのトラックバック一覧です: 落花生を炒る:

« 静かに明けて丑年 | トップページ | 古い住所録はお付き合いの証し »