« 泥んこ羊の売り上げは? | トップページ | 三つ巴、夕暮れの饗宴 »

包丁の切れ味!

包丁の切れ味がちょっと悪くなったので、爺に声をかけました。

飯炊き婆ですもの、包丁位は砥げますよ。勿論砥石使ってね。

爺は都会人を廃業して学校で木工のお勉強をいたしました。
そこでしっかりと「砥ぎ」を覚えた時から包丁はお任せすることに。

砥石の能書きは耳から耳の素通りですけど、、、、、
調理人として切れ味だけは吟味させて頂いております。

お魚も野菜もこれで当分抵抗?なく調理出来ますね。

ロクなもの食べさせないくせに、、、   聞こえてますよ!

081201togi1 081201togi2

 

   

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

|

« 泥んこ羊の売り上げは? | トップページ | 三つ巴、夕暮れの饗宴 »

コメント

yamanba 様
お早うございます。やはり包丁を研ぎましたか。予定の行動ですね。可哀想に今夜はタヌキが3匹になってしまうんですね。
包丁も沢山お持ちのようで、いろいろと手さばきよろしくお料理を~~ですね。
この頃の安い包丁は研ぎも効かず、すぐに切れなくなりますね。
「京都丹波の最上級」の文字はもしかして砥石ですか。

投稿: 隠宅の翁 | 2008年12月 2日 (火) 06時10分

隠宅の翁 さま

おはよーございます!

お目に留まりましたのは
仕上げ砥石の台に記されたもので
丹波の日照山から切り出したものと
能書き爺が申しております。

千枚漬けの聖護院蕪を切り終えた処でございます。 

投稿: やまんば | 2008年12月 2日 (火) 10時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140867/43286819

この記事へのトラックバック一覧です: 包丁の切れ味!:

« 泥んこ羊の売り上げは? | トップページ | 三つ巴、夕暮れの饗宴 »