« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

今年、最後のお客さん

夕方、爺のタヌー達が三匹しか来なかったらしい。
一緒に来ないで遅れてくると晩ごはんにありつけなくなってしまう。

何処かで夜遊びだったらしく、ひょっこりとやってきた。 もう少しで新年!
来るかも知れないからと、爺が犬用のカリカリを通り道に、、、

つい、目と鼻の先に居て声をかけても逃げもしないでこちらを見ながら、
敷石に置いた僅かのカリカリを食べて山の方へ消えていった。

爺が心配するから、来年からは四匹揃って出ておいで!

081231tanu 081231tanu_2

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

常と変わり映えなく大晦日

十日前のバラがまだまだ精気がある。 松を一本添えて。

明日のお雑煮の出汁を支度しておかないと、、、
焼いて乾した甘露煮用のヤマメと椎茸の足の解しを水出しする。

お雑煮は絶対にお澄ましに限る!   お餅は焼いてから!
此の辺りのお雑煮は、、、、郷に入ればとは云うものの従えない。

野菜を少し煮るかな?  あらためて煮ることもないか? 残るだけ!   

何時もの通り四角い座敷を丸く掃き、特に変わり映えせず、、、、  

衛星放送からのN響の第九で、ナマで聞いた頃を想い、暮を受け止める。

来年は後期高齢者の仲間入り。 どんな年が訪れるやら?

081231misoka_2 081231misoka

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ハウスものとは違うこの食感!

このところ雨がなくて、椎茸の出が悪いらしい。
寒さの中でやっと少しだけ採れたドンコを頂いた。
風が吹いて、ほとんど水気のない最高の品。

足を切り、掌に伏せて軽く叩くとゴミは落ちてしまうので洗わない。
程ほどの大きさを選んで、、、  炭火でゆっくり焼けばいいのだけど。    
数個の時はオーヴントースター!   余熱するのを忘れないこと!

焦げない程度を見計らい、お醤油と柚子。 お好みでバターを一欠片乗せても。
この歯触りは、、、冬場のドンコに限る。 

この椎茸のアシ、  石付きを除いて竹串を使い縦に裂き、暫く日に当て、、、
いいお出汁が取れる。    ためておいて佃煮にしても。

雨の後のものや、笠の開いたものは、、、、椎茸に気の毒だけどお見送り!

081230sii 081230sii1

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (3) | トラックバック (0)

スイス製と爺のオリジナル、どっちかな

小さな杓子が六本。 柄を削って後は最後の仕上げ。

爺のオモチャ、 間違えば指が一本飛んでしまう代物ばかり。
ルーターとやらの恐ろしいオモチャで柄の形を整えた。

最後の仕上げは、手作業でなければ出来ない!  
荒い目から細かい目までのサンドペーパーで磨いて、、、

細かいところは機械ではやっぱりダメなんだ!

スイス製に一番近い形と爺のオリジナルを火付け役に送ろうね。

使い勝手の良さは果たしてどちらになるか、お愉しみ!

081229otama 081229otama1

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (6) | トラックバック (0)

スイス製と似てるけど、、、、

婆の若いお友達、chico-laboに唆された爺。

彼女がスイスのガレージセールで探してきた小さな杓子。
日本では見たことがないので、、、誰か作らないかなとブログに載せた。

やってみる気になって板切れに型を書いて、、、、
そうこうしていると彼女から原寸大の写真が届き、比べてみたらちょっと違う。

木工機械は爺のオモチャ!  糸鋸やらサンダーやら何でも揃っている。

見物してたら面白そう!なので、ちょっとやってみた、、、、
サンダーかけたら婆にも出来る!   手でサンドペーパーかけることないよ。

スイス製と少し形が違っても大きさは同じだし、、、 いいと思うけどね!
とても小さい穴あき杓子。  カレーの時のスプーン位かな?

モニターの立候補はSさんが名乗り出ている。

081228otama_2 081228otama_3 081228otama_4

081228otama_5 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラッキーフォーユーに貰った元気で

四つ葉のクローバー、ラッキーフォーユー。

負傷のお見舞いに頂き、発芽は暑い最中でした。
寒さがやってきたらと心配してましたが、、、、

後から後から芽が出てこんなに育ってくれました。
お天気を見計らって水をやり、ガラス戸越しの棚に収まっています。

クローバーから元気を貰って、右手の骨折も回復です。

「後の半年しゃ、寝て暮らす。ヨイヨイ」だった今年を思い、
来る年は慎重を心しながら、もう少しの間?愉しいことをと、、、

ラッキーフォーユーに感謝しながら!

081223yotuba 081223yotuba_2 081227yotuba

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (4) | トラックバック (0)

爺のペットはタヌーとチャトラン

この2,3日です。  遂にタヌキが、、、爺と友達になりました!

今までは爺の姿を見ると木の陰に隠れてしまいましたが、、、、

最近、一番大きいのが隠れないでちょっと離れて爺の方を見るようになったと。
今日は傍にきて箸の先から食べた!と聞いて、その日は信用出来ませんでした。

翌日です。爺がタヌーって云いながら、残り物を持って行っても、ほんとに隠れません。
箸の先に摘まんだパン切れをパクッと、、、、、  一番大きいタヌーでした。

爺とタヌーのナイスショット!   今日も四匹がやってきました。

チャトランとタヌー四匹に増えた爺のペットです。

081221tanu 081221tanu_2 081221tanu_4

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました




| | コメント (4) | トラックバック (0)

ネコもいろいろ居りまして

何やかやで四匹のネコが出来て、ゴミ入り草の実チクチクウールが無くなった。

ニードル一本で出来るフェルト。   お湯も使わず、ローリングもしないで、、、
坐って出来るし、チカラはいらないし、、、、 年寄りにはピッタリのニードルフェルト。

そういえば、爺のチャトランは?   そのうち作ってあげるからね。

081224neko_2 081224neko    

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白黒ブチの模様入り

草の実やら藁屑やらセカンドカット入りのネコ達。 

四匹目に白黒ブチが生まれたけど、もとのウールに逆戻りさせた。
こんなブチネコ、見たことないということで、、、、
牛舎の屋根裏に2,3匹いるけど、どんなブチだったか思い出せない。

そうだ! 一山越えた向こうに住んでいるモンタくん、確か白黒ブチの筈。
365日違う格好して寝てるから、そーっと覗いて見ようかナ?

そんな不細工じゃない!って?   どんなのが出来るかオタノシミ!

081223neko 081223neko_2

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ネコに草の実はつきもの

自家菜園からの保存食作りが一段落してやれやれ!

デンマーク牧場の草の実入りウールの半端が気になっていた。
糸にはならず、チェァマットでもチクチクする。   
「居眠りにゃんこ」なら数匹出来るし、草の実入りでも影響なしと。

一匹、100g弱。   半端ウールが年内に片付く筈。

081222neko_2 081222neko_2_2 081219neko_2

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (4) | トラックバック (0)

生姜の風味はそのままに

薄切りにして水に晒した1,3㌔の生姜。  灰汁も抜けたので、、、

少し味を薄めにして煮ておくことに。    醤油、砂糖、酒を同量と椎茸の出汁で。
煮立って暫く、火を細くしてから煮汁が無くなりかけるまでゆっくりと、、、

最後は煮詰めながら木べらを動かし、みりんを落として余熱で含ませる。

小さな瓶に詰めておけば、頂きもののお移りにしても、、、

081221syouga_2 081221syouga_2_2 081221syouga_1

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (4) | トラックバック (0)

辛いか甘いか酸っぱいか

今年の生姜はこれでおしまい!と爺が掘ってきた。

甘酢漬けもあるし、煮たのも凍っているし、はちみつ漬け?
いづれにしても何とかしないと、、、、、    

葉っぱを切ってさっと洗ってくれたけど、その先は婆の仕事。

塊を解しながらヒゲ根を毟り、、、、  ゴロゴロと板ずりして洗う。

何と奇麗になること!   この洗い方、昔人の知恵に改めて感服する。

薄く刻んで、、、    これだけで半日仕事!

水に晒して、、、、   何にしようか?

081220syouga_3_3

081220syouga_4_2 081220syouga_5_2

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バラの香りは何処へ消えた?

花の色にも流行があるらしく、この2,3年は淡い色が多くて。
今年は深紅があると聞いて寄ってみる。  濃いオレンジと深紅。

バラ作りの若い夫婦とのお付き合いも何年になるかな?
幼稚園だったちびっこが大学生!  こちらの老化に納得する。

陋屋にバラは似合わないと、、、、 勝手な思い込みしていた時もあったが。
野の花とは別の趣がある!と思うのは、婆のみか?

バラの香りに包まれて、、、 と思ったらそうはいかず!

姿かたちを愛でるのみ、香りのない深紅のバラ。

081219bara_3 081219bara_2

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同じ味にならない千枚漬けもどき

薄切りにした蕪に塩をしてしばらく。  笊にあけて水気を切ること数時間。
昆布と唐辛子の刻んだのを蕪に混ぜ合わせ、、、、

おたふくさんの千枚漬けの素、 数年前から使っている。
甘さを抑えるために純米酢で調節した漬け液を蕪に注ぎ込んで丸二日。  

程良い酸味、甘さ、塩気の千枚漬けもどきの出来上がり。

柚子を刻んで彩りと香りつけに。  毎回同じ味にはならないから面白い。

081218kabu_2 081218kabu 081218kabu1

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

聖護院蕪、畑にまだあるの?

京都のそれらしく丸のまま薄く切りたいけど四つ割で、、、、
このほうが食べやすいョと慰めながら聖護院蕪の下拵えをする。

千枚漬けも売れ行きが良く、お茶受けに出して美味しーいと云われると、、、、

三度目の漬け込み。  畑にはまだあるらしいけど掘り上げて囲ったら?
皮がこんなに厚くなってきたけど、スが入ってはいない。

真っ白な薄切りの蕪が一㌔ちょっと出来た。

081216kabu 081216kabu1_3 081216kabu1 081216kabu1_2

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羊のために、どっこいしょ!

ミカンの皮、捨てないで!  羊飼いのゆみちゃんに頼まれて、、、、

と云う事は、そのままだと腐っちゃうよ!  乾かさないとダメだね!
今年も捨てないで乾かしているけど、、、、爺婆二人、たかが知れてる。

何に使うのかと思ったら、何と羊たちの蚊遣りに焚くんだと!
山仕事用の蚊取り線香や電気のマットだと羊たちの健康に良くないからと!

夏中使うとなったら山ほど無くちゃ足りない。  だからみんなに頼むんだね。

よし、了解!  乾いたらカビないようにして溜めとくよ!

081216kawa_2 081216kawa

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

もっと簡単、婆の果汁絞り器

超簡単な果汁絞りを思い付いて、、、、、   
ヒントは、おとり小屋の主が作ってきた絞り器。

柚子の半割の直径に合わせて「りょうぶ」の枝を爺に切って貰い、、、
「りょうぶ」は木目が細かくて、切り口が滑らかな硬い木材。

後はその辺に転がっているステンレスの大小2個のボールだけ。

ボールの真中に切り株を置き輪切りにした柚子を乗せたら
小さいほうのボールを被せて、上からギュッと押すだけ!

ペチャンコになって果汁だけが受けの器に、、、、と云う仕掛け。

50個余りの柚子を超簡単に絞ることが出来た。

トンカチも板も要らない婆の考案絞り器!

081215yuzu 081215yuzu_2 081215yuzu_5

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

素敵なイタリアン! 知る人ぞ知る、、、、 

先週定例日、早々と仕事収めしたデンマーク牧場「泥んこ羊」。
屋根裏部屋を片付け、後は屋根裏同居人?野良ネコ一家にお任せ。

地元在住メンバーの美食家ご推薦のイタリアンで遅いお昼をする。

「イル チェン トロ」  数年前にご家族で改造され、落ち着いた雰囲気。

お好みのパスタ中心ランチコース。 
婆はジェノベーゼ。 バジルが効いている。最後のお茶はカモミールにして、、、

入口の「準備中」の札でゆっくりと過ごさせて頂いた。    

オーナー夫妻、元横浜で婆の古巣の隣町だったことが判り、何かのご縁!

山の中から一時間半かけても訪れたい「イル チェン トロ」。

081211osame1 081211osame1_4 081211cd_2    

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (6) | トラックバック (0)

天竜材を世に出す会だからテンダス会

爺の処へTendasの会から年に2回、お報せがくる。
天竜材を世に出す会。 テンダス、、、   
爺みたいな素人でも格安に手に入る木材の市が立つ。

会場は遠州、天浜線西鹿島駅の傍。  久し振りで婆もお供して、、、、  

これも、あれもと欲しくなるのは判るけど、作品が増えないのは何故?

081213tennda 081213tennda_2 081213tennda_3 081213tennda_5

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手作り果汁絞り器は優れもの

果汁絞り器を完成!させて届けてくれた。  使ってみたら、、、、
作ったのは鮎のおとり小屋の主。  すごーい! さーすがだね!

二つ割りにした柚子を丸太の切り株に乗せて器を被せ、
蝶番で止めた横木で上から押せば、、、、香りのいい果汁が苦もなく!
柚子味噌だって柚子マーマレードだって、絞った後の皮を使えばよしと。

チビミカン3個に柚子1個を絞ってみたら、、、、 正真正銘のミカンジュース!

ジュース類が飲めない婆、 これなら飲める!

美味しーい!!!     いけます!    

081212yuzu_2 081212yuzu_3 081212yuzu 081212mikann 081212mikann_4

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (6) | トラックバック (0)

CDなんて婆に出来るかな?

羊飼い三人展が五日間の幕を閉じた。  三人ともお疲れ様!

会主たちはお客様の相手に追われて、写真が撮れなかったと、、、、
婆が撮ったのでよければあるから、CDにしようか?
撮れなかった展示品1枚を仲間のカメラ名人から拝借。

爺にやってもらう積りで、簡単に引き受けてしまったのが間違いの元!

自分のパソコンでやってみたらと爺にお尻を叩かれて、、、
身内にものを教わることは忍耐が必要なのは先刻ご承知のこと。

やっと1枚のCDが出来上がったけど、明日になったら全部忘れてしまう?

後、二枚プリントしないといけないのに、、、  やるっきゃないね!

081211cd

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (5) | トラックバック (0)

又、一つ覚えたよ!

夜中までおしゃべりしながらニードルでお遊びしてしまった。

何年か前にエンゼルをご教授頂き、、、、えっ? これって改訂版!
一回り小さくなって、ますます可愛くなったよ。  

こちらは小人のお爺さん。  ニードル1本であっという間に作ってしまう。

流石は手仕事講師!  
アルコール依存症専門のクリニックでハンドワーククラブを受け持つ人。

婆の大切な若いお友達の一人。    ありがとう!    

081209kobito3  

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

柚子味噌作り、その参

大型のガスコンロに大鍋。  お味噌3㌔、お砂糖2.5㌔、お酒と味醂。

トロ火にかけて、焦がさないようにゆっくり木べらで溶かす。
お砂糖は何回かに分け、よーく溶かしてから後を加え、焦がさないように!
ふつふつとなってきて、、、

柚子の微塵切りを入れ、火が通ったら絞り汁を入れて練り、
加減を見ながら出汁で緩め、暫く練り続ける。

火を付けてから止めるまで2時間近く、ひたすら木べらを動かす。

こんなに作ってどうするって?  来年のグリーンズフェァに並べる為に!
今年も柚子味噌あった!って、  そんな訳で時季が来ると、、、、、

チョッとしたご挨拶代わりにもなるし、、、、ね。

081211yuzu1_2 081211yuzu2 081211yuzu3    

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今朝の寒さが身に沁みて

朝の七時。 予感的中の霜、しも、シモ!    柚子を採って正解だった。

朝方の冷え込みで首を竦めて寝ていたらしく、首から肩が痛い。

筋肉の衰え???    これからの寒さが思いやられる。

081211simo1 081211simo1_2

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (6) | トラックバック (0)

柚子味噌作り、その弐

爺が採ってくれた柚子の中から素性のよさそうなのを40個あまり。

二つ割りにしてサッと絞り、漉しておく。

中身の袋と種を取り除いて、、、、これは捨てないで!

緑の固いヘタも外して、、、、捨てるのはこれだけ!

白い綿付きの皮、香りと歯触りのために微塵切りにする。
熱を持たせないように使えば文明の利器がお役立ち。
少しずつやっても、包丁で刻むより早くて細かく刻んでくれる。

1㌔前後の素晴らしい香りの微塵切りが出来上がって、、、

捨てないで取っておいた袋と種。
此方は柚子味噌に関係なく、ペクチンを採るために使う。
ヒタヒタより多めの水から弱火でゆっくりと煮出す。
液にヌメリが出てきたら、漉して、、、、ペクチン液の出来上がり!

冷凍保存でジャム作りに重宝している。

そのまま舐めると口が曲がるほどの物凄い苦さだが、
ジャムを煮る時に入れても苦くないのが、とても不思議。

柚子の準備がが出来たらその先は、、、

081207yuzu1_2 081207yuzu1_4

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柚子味噌作り、その壱

一日でこんなに急に寒くなるなんてね! さぁ、大変だ。 霜にやられる!
暖かいからまだ大丈夫と気になりながら放ってあった柚子。

朝から爺を急かして採ってもらう。  柚子味噌を作るからと50個ほど。

この曲者の柚子、うっかり枝を掴もうものなら飛び上がってしまう。
棘とげだらけで痛い事、この上なし。  簡単には採れない。

葉の陰にある太くて硬い棘、慎重にやらないと痛い目に、、、

剪定しながらの50個は一仕事。 まだまだ沢山残ってる!   

081206yuzu1_2 081206yuzu1_4

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ふたたび、こころ庵へ

遠方から遥々「羊飼い三人展」に来てくれた若い仲間をお泊めした。

山越えでこころ庵に寄り、新幹線の駅まで送り届ける。 ご無事にどうぞ!

会場は初めて訪れる人や顔見知りの人たちで相変わらずの賑わい。 
雰囲気が素晴らしいとギャラリー主から伺って、わが事ようにの嬉しい。

081205kokoro 081205kokoro_6_2 081205kokoro_8_2 081205kokoro_9_2  

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (4) | トラックバック (0)

てんてこ舞いの羊飼い達!

羊飼い三人展の初日。  谷稲葉インターから5分のこころ庵ギャラリー。
来客の対応に追われっぱなしの羊飼い達。   大盛況、おめでとう!

古民家そのままの三部屋を上手に使い、各々の作品が展示されている。

明日又来るね、とお昼を届けて早々に引き揚げてきた。
お昼なんてしてる暇はなさそうだね!

081204hituji2 081204hituji3 081204hituji   

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これが無いと冬が越せない陋屋

椎茸の原木にならないから薪にするサ、と届けてくれた。 
寒さに向かって何より有り難いのがこれ!  樫や橡など。

早速、爺がストーブの大きさに合わせてチェンソーを唸らせ積み上げていく。
一冬にどれだけの薪が必要か、、、、 積まれた薪の山を見てホッとする。

燃やすものが調達出来なくなったらとか、重いものが持てなくなったらと、、、
ふっ、とそんな事を思う歳になってくるのは致し方のないことかな?

山から下ろす時に一緒に着いてきたのか虫一匹。 素性も名前も判らない。

081202maki2 081202maki3

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (5) | トラックバック (0)

黄昏、「誰そ彼れ」

ものの本によると、月齢三、四の月を黄昏月と、、、

という事は、、、昨日と今日の月が黄昏月になるらしい。
宵の明星、金星も黄昏星と、、、

その黄昏星の右手の木星に昨日は気付かないでいたら、
一山越えた処のシニアライフの達人が教えて下さって、、、、

ありました! 黄昏星のすぐそばに、ちゃんとありましたよ! 木星が!

ものの本とは、光琳社出版の「宙ノ名前」 著者は林完次氏。

081202tuki1

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

三つ巴、夕暮れの饗宴

薄暗くなってきた。そろそろ5時か、、、

西の山際の残照と暮れていく空のグラディションは見飽きることがない。

あれっ?今夜は三日月?  その上にあるのは金星?   宵の明星だ!

急いでシャッター。  こんな素晴らしいチャンス、滅多にない筈。
よーく、目を凝らしてみれば見えるかな?   三日月と宵の明星が。

山の向こうから5時を知らせる「夕焼けこやけ」、、、、、

081201yuu

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

包丁の切れ味!

包丁の切れ味がちょっと悪くなったので、爺に声をかけました。

飯炊き婆ですもの、包丁位は砥げますよ。勿論砥石使ってね。

爺は都会人を廃業して学校で木工のお勉強をいたしました。
そこでしっかりと「砥ぎ」を覚えた時から包丁はお任せすることに。

砥石の能書きは耳から耳の素通りですけど、、、、、
調理人として切れ味だけは吟味させて頂いております。

お魚も野菜もこれで当分抵抗?なく調理出来ますね。

ロクなもの食べさせないくせに、、、   聞こえてますよ!

081201togi1 081201togi2

 

   

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »