« マンクス混ざりのお昼寝マット | トップページ | 酔芙蓉、その後 »

「風の盆」は終わったけど、、、

朝靄の中、酔芙蓉がひとつ開く。   「風の盆」に間に合わずに、、、、
高橋治「風の盆恋歌」に惹かれて植えてから10数年。 時季を心得ている。

早朝、素面から徐々に微薫を帯びて夕暮れには深酔いになり、翌朝は凋んで散る。

酔芙蓉のくだり、、、読み返す毎に心に深く残る一編。
~~「風の盆恋歌」~~

08907sui2

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

|

« マンクス混ざりのお昼寝マット | トップページ | 酔芙蓉、その後 »

コメント

小説「風の盆恋歌」よりもその舞台になった「風の盆」そのものの方が情緒があります。
物語の舞台になった土地に行くと大抵は多少失望感がを覚えますが,越中八尾は雰囲気のある町だと思います。9月3日のエントリーに写真を載せました。

投稿: mudabanasi | 2008年9月 7日 (日) 21時41分

mudabbanasi さん

しなやかな手の動き、裾さばき、
笠の蔭から覗くうなじの艶やかなこと。殿方でなくても見とれてしまいます。

投稿: やまんば | 2008年9月 7日 (日) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140867/42403677

この記事へのトラックバック一覧です: 「風の盆」は終わったけど、、、:

« マンクス混ざりのお昼寝マット | トップページ | 酔芙蓉、その後 »