« 何時まで汚れたままなの? | トップページ | 材木じゃないんだよ! »

通称へくそかずら

自然薯のシッポを彼方此方に埋めておく輩がいるので、蔓だらけ!
それに混ざって絡みついているのが「ヘくそかずら」。

気の毒な呼び名に反して、まことに可愛い花をつけてくれる。

秋にはカリッとした皮の小さな茶色の実になる。  潰すと変な匂い!
そんなところから誰がつけたのか「へくそかずら」。

自然薯にはむかごが付くし、此方は花に惹かれて、蔓を取り払えない。

818hekuso1

818hekuso2_2

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

|

« 何時まで汚れたままなの? | トップページ | 材木じゃないんだよ! »

コメント

おはようございま~す♪
今朝は思わず寒いと言ってしまうような神戸です。。長い暑い夏も終わったのかな??


「へくそかずら」・・我が家の裏のヘンスにしがみつくように生えますので抜いてしまうのですが染色に使うのですか

いろんなお花でいろんな色をだし染めていく時間はロマンチックですね^^

投稿: クロワッサン | 2008年8月21日 (木) 08時10分

騙されているみたいに秋風です。

赤とんぼが乱舞!してます。

ヘくそかずらは、、、花がとっても可愛いので取ってある、と云うかホッタラカシ!

100gの絹糸を染めるのには生なら200gは最低必要。でもきれいな花の色にはならないんです。咲いている時が一番きれい!

色は、儚いもの、、、その通り。

投稿: やまんば | 2008年8月21日 (木) 10時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140867/42219699

この記事へのトラックバック一覧です: 通称へくそかずら:

« 何時まで汚れたままなの? | トップページ | 材木じゃないんだよ! »