« 食後のお菓子は八重桜 | トップページ | 薄かった、どくだみの色 »

驚きの手紡ぎ

ほんの僅か10gのウールから800mの長さの糸を作れる人がいる。
タスマニアで開催の細くて長ーい糸を作るコンテストに優勝した京都の田村さん。

泥んこメンバーのKさんのお膳立てで田村さんをお招きする事が出来た!
 
スピンドルは、、、誰でもすぐ出来る超簡単な手作り、材料は菜箸とボール紙。

細ーーーく、紡いで編み上げたレースの肩掛けなどを拝見して、、、、
日頃紡いでいる糸の何十分の一になるのか、兎に角細ーーーい糸。
手解きを受けながら、各々が挑戦する。  思うようにはいかない。

流石、勘のいい泥んこメンバー。 細ーーーく紡ぐ技は一先ず習得出来たけど、
講師に伺うとまだまだ太いと、、、、。   半日やそこらで出来る筈がない。
ポイントは、、、、カードにあり!  後は慣れること!    

遠方より参加してくださったKさんのお友達、又是非お越しくださいね!

糸紡ぎNO1の田村さん、ありがとうございました!
ご無理のないように、お過ごしくださいね。  

婆とは「同病相哀れむ」でした。驚きと近親感! 余談。

612spin4 612spin1 612spin2

この一塊のウールが10㌘。これだけのウールから細くて長-い800㍍の糸を紡ぐ!途中で切れたらダメ!
婆の紡いだ糸、これよりもっともっと細い糸になる。 ため息が出た。
612spin3

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

|

« 食後のお菓子は八重桜 | トップページ | 薄かった、どくだみの色 »

コメント

800メートルってすごいですね。
どうしたら切れないでそこまで長く出来るんでしょうか?
実際、やられてるところをみてみたいです。
ちっちゃい巾着とバッグがとっても可愛いですねheart02

投稿: 佐小の女将 | 2008年6月14日 (土) 15時31分

佐小の女将さん
この糸紡ぎは、、、豆本の世界です。
編み棒だって細い爪楊枝より細いんですものね。  老眼鏡の度数を上げないと無理。

投稿: やまんば | 2008年6月14日 (土) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140867/41516917

この記事へのトラックバック一覧です: 驚きの手紡ぎ:

« 食後のお菓子は八重桜 | トップページ | 薄かった、どくだみの色 »