« お茶もいろいろありまして | トップページ | お酢のご飯が、、、 »

当ったり前のこと!

釜炒り茶の品評会? 熊本の本場もの、おとり小屋、それにやまんば製。

本場の釜炒りは機械で、後の二つは素人の手揉み。

形は手揉みに軍配か?  機械で製茶の方はそれなりに、、、、

味は、それぞれに釜炒りのスッキリとしたさわやかさがあるけど、
チョッと焦げ?ていたり、青臭さが残ったり、、、、

そこは本場熊本の船本製茶。 喉越しの良さ、口の中に残る風味。
年期の入った自信作に素人の駆け出しは手も足も出ない結果に。

当ったり前のこった!とお笑いなさいますな!

515kama2 515kama1

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

|

« お茶もいろいろありまして | トップページ | お酢のご飯が、、、 »

コメント

釜炒り茶、、綺麗にできてますね。
釜炒り茶は、やはり在来種でないと特徴がでなくて、、、ヤブキタでは、釜炒りでは無理みたいです。

投稿: ナベショー | 2008年5月17日 (土) 10時26分

ナベショー兄

お褒めに預かりまして!

見目麗しく、、、まではいいのですけど?
情けなし、  渋みが強いような気がします。もともと伊久美のお茶は喉を絞めると云われているとか?  波多野氏が今頃あちらでニヤニヤしておいでと思います。

投稿: やまんば | 2008年5月17日 (土) 13時57分

私の入院中に、この釜炒り茶を、わざわざ遠路お送りいただきありがとうございました。

家内が冷蔵庫に保管していてくれて、レシピ通りに揚げてくれました。香りがなんとも言えず、今でも、舌に残っています。

当分、休養を申し渡され、自宅で過ごします。教室は仲間に頼んでいます。
今後は、ボチボチ生きます。

まずは、ご厚情のお礼まで。

投稿: 半ちゃん | 2008年5月17日 (土) 14時52分

ナベショー兄

あんなに広い茶原なのに、、、ですか?
腕が痛くなりませんか?
爺はちょこっとやっただけでノビテマシタ。

もっとスパッと切れないと切り口が痛々しいです。 いいのでしょうか。 

投稿: やまんば | 2008年5月17日 (土) 23時43分

三日ほどかかって台下げしたときは、右腕がしびれて感覚がなくなってしまいました。
徹底的に刃が断たないくらいの深さまで切り下げなさい、、、と教えられました。
こんなに切っていいのかと心配しましたが、夏のうちに青々と新芽で覆われました。

投稿: ナベショー | 2008年5月19日 (月) 06時54分

ナベショー兄

いずれにしても後期高齢者には無理なこと! はぁ、もう来年は、、、の人が増えています。

投稿: やまんば | 2008年5月19日 (月) 09時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140867/41218909

この記事へのトラックバック一覧です: 当ったり前のこと!:

« お茶もいろいろありまして | トップページ | お酢のご飯が、、、 »