« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

お尻がチクチクだぁ!

洗い終わったウールは、ゴミを取り、毛並みを揃える為にカード機にかけて、、、
それから糸に紡いだりフェルトにしたりして、やっと製品になる。   

マットを作る為に5頭分の毛をそこまでにするには、考えただけで気が遠くなってしまう。

今年もアナンダさんのカーディングサービスをお願いした。  
5頭の洗い済み、ゴミは取らずに其の侭送って、、、2週間。

フワフワになって戻ってきた6キロ弱のウール、、、
「白種つきロール」と記されて、見事に草の実が入っている。
カラードのものは、、、、色に紛れて見えないだけ!

マット用とは云うものの、、、、お尻がチクチクしないかな?

530anannda1 530anannda2 530anannda3

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

慌ててシャッターを

お出でを待ってた訳じゃないから、婆じゃなくても慌てるでしょうね。

あなぐまが目と鼻の先に、こっち向いて覗き込んでいるじゃないですか。

運よく手近かにあったのでシャッターを、、、、ピントなんて合う訳ないでしょ!
気付かれないように石に化けていると、一匹だったのが二匹増えて、、、、

シャッターの音が聞こえたのか、一目散に逃げ出してしまいました。

畑を穴だらけにするので、爺は目の仇にしてますけど、、、、

また、やって来たら、、、ピンボケ返上いたします!

528ana4 528ana2 528ana3

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (3) | トラックバック (0)

はやくお行きョ!

貯水槽に蛇が落ちた。  コンクリートの絶壁では登る事が出来ない。
頭を擡げて水槽の周りをぐるぐる回るだけ、、、、

嫌いな奴だけど、このままにしていいものか?   
爺に云っても取り合って呉れず、手の施しようが無くて夜から雨になった。

一晩降った為に水位の上がった中で今朝もまだぐるぐると、、、動きは鈍くなって。
この懸命に生きようとするものを、見殺しにすることが婆には出来ない。

隣りの父さんが板を縛り付けてくれた。  此処から登れるからと、、、

ヤマカガシだろうとマムシだろうと救いを求めるものには手を!が人の道。

この周りに居ないで、何処かへお行き!  やまかがし。

528hebi1 528hebi2_3 528hebi3_2_2

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (4) | トラックバック (0)

おもてなしは温泉で

川根温泉ふれあいコティジ、「八垂、やだれ」での一泊。

若い時から山男で大井川のダムに関っていた事もある爺の友達。
初めて我が陋屋に来る事になり、何十年振りかのご対面。

奥方とも知らぬ仲ではないし、、、、温泉行こかと相成って川根温泉へ。

持ち込みOKのコティジ、  山女の串刺しと純米大吟醸「おんな泣かせ」持参。
ゆっくりと別棟の温泉を愉しんでから、イノシシ鍋で真夜中まで尽きぬおはなし!

鳥の声に囲まれた此処のコティジは、居心地よく清潔で過ごし易い。

528kawane5 528kawane4 528kawane3 528kawane2 528kawane6

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

梅雨入り前の彩りは

姿、形に申し分なし。  梅雨入り前の彩り、、、、どくだみ。

眺めてよし、薬草にしてよし、、、、

天ぷらにして、、、、、えっ? ほんと???

F1000185

F1000175 F1000176_2

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ホイップカッターじゃダメでした!

  CHICO-LABOさんのアボカドジュース、美味しそう! 

成熟頃合のアボカドがあってメープルシロップもミルクも足りそうです。

さて、鼻歌交じりでミキサーのスイッチオン。  
???何時まで経ってもアボカドの塊が消えませんよ?

でもトロリとした淡いグリーンのジュースがグラス2杯出来ました。
潰れなかったアボカドもあって其の侭の実入りジュースです。

どうしてそうなったのでしょうね。   カッターを間違えた婆の所為でした。

とてもクリーミーで優しい味です。 遠くでメイプルの香もして、、、 
これにクラッカーが2,3枚あればお昼にぴったり!!!

爺に、美味しいから一口如何?と、、、   ミルクが足りない?

アボカドはあるから、明日は間違えずにナイフカッターで!

何処かで誰かが笑ってる。 ボケ婆さんのやりそうな、、、、

526abo5

526abo3_2  

526abo1_3 526abo2

    

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (4) | トラックバック (0)

久し振りの増水

裏の沢音も下の街道筋からの川音も聞こえて、、、
一晩降り続いた雨が漸く止んでくれる。   予報通りに久し振りの大雨だった。

午前中まだしぶしぶ雨の中、整体院の予約の為に爺にお願いして街へ出た。

こんなに増水するのは年に幾度もない事。 土色の濁流が波立ち渦巻いている。

ゴミも家庭排水もすっかり流されて、、、、6月には鮎の解禁、 伊久美川。

525kawa4 525kawa3 525kawa1

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

股関節全置換の後で

婆の足は3本。3本目の足は、選り取り見取りでこの通り。

20年前、退院の時に、使うようにと渡された杖。トテモ使う気にはなれませんでした。

3本目の足なんだからとチョッと贅沢して黒の漆で取っ手は銀細工を、、、、
改まったお出掛けの時でないと使えませんョ。
還暦のお祝いに頂いた渋い赤に象嵌入りは、和装に似合うのですけど、、、      

ステッキ専門のチャップリン、色はお気に入り。 だけど山家暮らしにはチョッと。

普段使いは鵠沼のギャラリーGAZEBOオーナー手描きのステッキです。
デザインも色も注文出来るので同じものは何処にもありません。 只今使用中は2本目。

家の此処彼処においてあるのは、爺の作った枝切れの杖ン棒です。
これがどうしてなかなかの代物で重宝しております。

使い込んで剥げてきたGAZEBO。  ソロソロ新調しますか?

524asi2 524asi1_2 524asi3_2

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ナッツに目のない婆

小さい時から、カリカリのナッツが大好きな婆です。

牧場からの帰り道、Yちゃんのお供で立寄ったお店で見つけました。
豆菓子の老舗「豆豊商店」さんの豆板です。  これが美味しい!

豆板の他にもいろいろと「豆豊」さんが勢ぞろいしてました。

頃合のひとくちの大きさに割られて、チョッと摘まむのには格好です。

アーモンドもカシューナッツも見過ごす事ができずに、、、、
暫くの間、新茶と一緒に愉しめそうです。

入れ歯? この歳になればね、ありますよ!  でも好きなんですもの。

523mametoyo4_2 523mametoyo2_2 523mametoyo5_2 523mametoyo1_2 523mametoyo6_2 523mametoyo3_3  

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (1) | トラックバック (0)

栴檀の咲く頃に

牧場の周辺には何故か栴檀が多い。   淡い紫の房が風に揺れている。

この花が咲く頃になると、羊たちは毛刈りも済んでさっぱりとなり、
今年生まれの子羊はシッカリと大きく育って、一日中口をもぐもぐ食べ盛りとなる。

梅雨になる前に洗って終わないと、、、、      

ごみ取りしながら、刈り取って一頭づつ肥料の空き袋に詰めた泥んこ羊の数を
数えてしまう。   まだ刈ってないのが何頭かいるらしい。

洗ってゴミ取りするのは汚くて根気のいる事!  自分にシッカリと言い聞かせながら。

今日は何頭洗えたの?

522senndann_1 522senndann2 522senndann3

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (1) | トラックバック (0)

桃栗三年、、柚子何年?

蜂が花の蜜を吸いに来て、アゲハチョウが若葉に卵を産んでいる。

いい香の小さな白い花が前の年の葉っぱの根元に。  柚子の花。

グリーンズフェァで毎年大好評の柚子味噌は、この柚子をたっぷりと入れる。

若木を植えて何年経つか。  実は小振りだけどキリッと締まった酸味は強い。

モモクリ三年、カキ八年。ユズの大馬鹿十?年とやら、、、

521yuzu1 521yuzu2 521yuzu3

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

無理しなさんなよ!

お天気と相談の染め仕事。  そろそろ材料の草も伸びてきた。

材料の採取は爺に頼まないと出来ない。 歩きでは、到底無理なこと。

昨日も雨の前に刈り取ってきた一抱えの「やぶまお」。

苔を染めた勢いでウールと絹を染める。  婆のお尻に火がついたョ!

さぁ、遊んじゃ居られない!   だけど婆さん無理しなさんな!  

520yabu1 520yabu2_2

520yabu3_2

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

まつげごけはこんな色

ふわふわの原毛を200g、  苔はナイロン靴下2本に入れて、、、

大きなタンクに温めの湯を入れ、原毛と苔をそーっと浸して点火。
ゆっくりと温度を上げて80℃止まり。時々フェルト化しないように静かに動かす。

教科書によると苔の場合は長時間煮てもウールが痛むことなく濃く染まると。
たっぷり3時間煮てから火を止めて、、、

地衣染め、、、、草木とは何処か違う感覚の色に染め上がった。  

518koke5

まつげごけは、こんな色。

518koke3

ゆっくりと温度を上げて、、、、

518koke1

時々そーっと動かしながら3時間。

間違いやすい「うめのきごけ」で染めると、、、こんな色。

518koke4

  

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (4) | トラックバック (0)

睫毛があるからまつげごけ

見つけては貯めてあった「まつげごけ」でウールを染める。
200gのウールで乾いたまつげごけが100gほどあればいい。

とは云うものの、そう簡単に採れるものではなく、、、、
小さな笊一杯で10g、この十倍はどうしても欲しい量となる。

同類のうめのきごけと見間違うので採る時には要注意!
うめのきごけ、此方は発色までの手順が違うけどこれも貴重な染料となる。

さて、まつげ、、、水に浸して木の皮や虫の巣などキレイに取り除く。

苔の縁に生えているまつげのような黒い毛を確認する為に、
年寄りは、老眼鏡を強いのに換えて、ルーペを手許に用意しないとダメ!  

きれいになった苔を細かく刻み、ナイロンストキングに分け入れる。

此処までが染料の用意。  以前は手早く出来たのに、、、、ね。

517matuge4

枯れ枝に着いたうめのきごけとまつげごけ

517matuge3

縁に黒い毛が見えるかな?  これは実物の?倍拡大。

517matuge1

水に浸して木の皮やゴミを取り除く。

517matuge5

200gのウールを染めるのには、この10倍。  これで10g。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

それなりのお道具が、、、

途中でエンジンがかからなくなったと爺。  お茶の木の刈落し中。

隣りの母さんが云うには、もっと厚い歯に変えなきゃダメだよ!と。
深く下ろすにはそれなりのお道具がちゃんとあるそうな、、、、
力不足のトリマーで刈られたお茶の木、さぞかし痛いでしょうよ。ゴメンネ!

それでも、すっかり丈が低くなって来年は摘みやすくなりそうだ。  

爺は大汗かいた後のお昼寝。   お疲れ様でした。

517kari3  517kari1_2 517kari2 517kari4

  

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お酢のご飯が、、、

無性に、お酢のご飯が食べたくなる。  
冷凍ストッカーに鯖の一塩干しがあった筈、 これを焼いて、、、。

たった2カップだけ炊いて酢飯を作る。 
こんがりと焼けた鯖、形を崩さないように、骨と皮を丁寧に取り除き、、、、

押し寿司の型は小振りを用意して、、、、焼鯖のお寿司の出来上がり!
程よく漬かったガリを添えて、三切れもあれば充分。

上に乗せるものの決め事は何もない。  

お澄ましに蕗の煮たのと、お漬物が今夜の献立。

516susi1 516susi2   

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

当ったり前のこと!

釜炒り茶の品評会? 熊本の本場もの、おとり小屋、それにやまんば製。

本場の釜炒りは機械で、後の二つは素人の手揉み。

形は手揉みに軍配か?  機械で製茶の方はそれなりに、、、、

味は、それぞれに釜炒りのスッキリとしたさわやかさがあるけど、
チョッと焦げ?ていたり、青臭さが残ったり、、、、

そこは本場熊本の船本製茶。 喉越しの良さ、口の中に残る風味。
年期の入った自信作に素人の駆け出しは手も足も出ない結果に。

当ったり前のこった!とお笑いなさいますな!

515kama2 515kama1

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (6) | トラックバック (0)

お茶もいろいろありまして

千差万別、お茶も嗜好も、、、、   婆は深蒸しが苦手。

お遊びで揉むお茶なんてこの時季に500㌘も出来れば上出来。
一ヶ月もしないうちにカラッポになってしまう。

熊本の船本製茶さんとは十年来のお付き合い。
釜炒り茶の作り方を教わりながら、年間の飲み茶を送ってもらう。

婆よりほんの少し若い七十代になったばかりのかあさんとは
愉しい電話友達で、お目にかかりたいとは云いながら未だに声だけ。

今年も四㌔の釜炒りに、ご当主拘りの一袋が添えられて届いた。

お茶処のど真ん中に居ながら、熊本からの釜炒りを飲んでいる婆。

514kuma2 514kuma4

514kuma1_3

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

二つの急須

掌に収まる小振りのお急須がある。持ち手が欠けている。
母の茶箪笥の棚にあるのを貰い受けて何十年経つか、、、、

或るとき、落とした覚えもないのに、洗っていてほろっと持ち手が取れてしまった。
捨てるに忍びなく其の侭、掌の中に収めて使っている。

毎年、お茶の時季が来ると何故か小さな急須が気になっていたが、
錦園石部商店さんのてのひら急須が目についてお願いしてみた。

届いたてのひら急須、大きさも色合いも思っていた通りで使い勝手は
悪くない。  色艶の出るまで使い込めればと思いながら、、、、

雰囲気の違う小さな二つを掌に収めてみる。

513tenohira4

513tenohira3 513tenohira1 513tenihira2

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

蚕豆が届いて

千葉の仲良しが逝って半年。 蚕豆を店頭で見かけるようになり、
5月になると必ず届いた豆はもう来ないのだ!と諦めていた。

ご近所の農家で次の作物の為に出荷した後の残りを頂いていた仲良しが
毎年、送ってくれていた。   婆の大好物の蚕豆!

今日、クロネコでダンボールが届き、蚕豆と?  差出人は、、、
亡き人が親しくしていたご近所さん。  年老いた友が頼りにしていた方。

逝ってしまった人に代わっての心遣い。 何時も荷造りして差し上げたのでと。

箱の底から、採れてたてのたまねぎがコロリ、、、、

511sora1 511sora2 511sora4

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (5) | トラックバック (0)

幻の釜炒り茶

お茶畑に囲まれたこの陋屋を手に入れた時からの挑戦!

日経新聞にあった小川八重子氏のエッセイをもとにお茶つくりを始めた。

ある時、八重子氏に届けたお茶を「美味しいお茶が飲みたい」の著者で
「朝日くらしの風土記」の発行人波多野公介氏が口にされ、、、、

それから来る年毎に届けては???を頂き、あのお茶は「幻のお茶」と。

愉しいお付き合いが続いていたが、PHP新書からの「美味しい日本茶が
のみたい」の出版を待たずに逝かれてしまった。

張り合いが無くなった婆の釜炒り茶。  在来種の芽を摘んではつくるけど
「幻のお茶」は波多野氏と共に逝ったまま、二度と戻っては来ないのか?

お天気と相談しながら、爺の手助けで朝食前に摘んだ一㌔の葉、まだ「みる芽」。
「みる芽」とは、若い芽の事。  この辺りの方言?

始めから終わりまで厚手の平釜ひとつでゆっくりと丁寧に仕上げる釜炒り茶、
生葉1キロから出来上がりが今回は170㌘。 数日寝かせてから試飲。

美味しい筈!  だからヤメラレナイ!  婆の自己満足。

Kama1_4 一芯二葉だけを摘み取る。 巻いた葉は避けて。無農薬の証拠。

Kama81_2   

   

摘み取った1キロを数回に分け、高温の平釜で手早く焦がさずに炒る。

Kama10_2

熱いうちに笊の中で、シッカリと揉んで!揉み込んで!

Kama12_2

釜の温度を下げながら、揉んだ葉を炒っては冷ましの繰り返し。

Kama16_2

何回もゆっくり、丁寧に!  火傷に注意しながら素手でサラサラと。

Kama17_2

一枚の葉っぱは小さく乾いて固まり、粉がふいて白っぽくなって完成!
これだけの量でも、一人でやると半日は費やす覚悟がいる。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (4) | トラックバック (0)

思いがけないお礼状

グリーンズフェァの後片付けが終わり、戻ってきたら、、、、
それはそれは可愛い絵葉書が届いていた。   

伊丹にある女子大の友人から。   ?と文面を拝見して嬉しくなってしまう。

授業に使いたいのでと友人から注文を頂き、刈ったばかりの羊毛を送った。
早速毛刈り名人のTちゃんにお願いして、丁寧に刈り取ってもらったのは
小振りのカラード1キロ半のフリースで雑種のマンクス混ざり?  

文面によると、、、授業で学生に見せたら、一人の学生がこの葉書でありがとうと
お礼状を書いて送って欲しいと云われたので、、、、と。

初めて見る丸ごとウールに感激して呉れた様子が伝わってくる。

上手に刈り取って呉れたTちゃんにもこの葉書を見せなくっちゃね!

58orei

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (1) | トラックバック (0)

文句言わずに召し上がれ

  種類によっては寒さにやられてしまうサヤエンドウ。

寒さに強いといわれる赤い花のサヤエンドウが採れはじめた。

一日の収穫は大きな笊に一杯。  雨で採らずに居たら翌日は、、、、、
爺との二人暮らしの中、朝から晩までサヤエンドウ三昧となる。

サラダにして、お味噌汁に入れて、炒め物や卵でとじて親子丼風に。 
見落として大きくなった豆は、塩味を効かせてグリーンピースご飯になる。
それにしても、こう毎度毎度になると、、、、

そんなところへ蕗の到来、   さて、どうしようかしら!

当分は蕗とエンドウで参りますか。  贅沢な悩み?

56enn1_6 56enn2_5 56enn3_5

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

   

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほんの一煎、ご挨拶!

ご無沙汰してます、お元気ですか!   年に一度のご挨拶。
お年賀状を出さない代わりに、昔お世話になった方たちに新茶をホンの一煎。

近くの茶工場から晴れた日に揉んだ荒茶をわけてもらう。

最近の傾向の深蒸し茶、はじめの頃の若い芽は細かくなってしまうのでは?
新茶の香も薄くなったようなのは、婆の気の所為か?

手摘みの後、鋏刈りの始まりを届けてくれた。

大きな袋でドンと届くのを小分けにするのは婆の仕事。

試飲の一煎、お湯の温度を落として落として、、、

56sinn3 56sinn4 56sinn2 56sinn1

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと皐月の

雨上がりの朝、やっと五月晴れ!

幾年も花を見なかった「通称もちつつじ」の花、繁みの間から顔を出している。
この辺りの山の中にあって、みやまつつじより遅く咲き、あまり目立たない。

繁みの中で毎年咲いていたのかナ?  気がつかずにいたらゴメンナサイ。

今朝は何もかもキラキラと輝いて、皐月を謳歌している!

56ame2 56ame3 56ame1

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤が咲いたら

向う岸の藤が見ごろになると、山間地のお茶が最盛期に入る。

あそこにもこっちにもと、手入れの届かない自然林に
薄紫のかたまりが見られる。  年々そのかたまりが目だって、、、、

藤が成長して花の数が増えてきたのか?

この藤、なかなかの曲者で絡みつかれた木は枯れてくる運命にある。
どんな樹にでも絡み付いてくるので、見つけ次第根元から切ると聞いた。

足元には「こうぞりな」が、、、、、キク科、顔剃菜(茎葉がざらざらしてるから)

誰にも気にとめて貰えず、、、 でも一生懸命に咲いている!

54fuji1 54fuji2 54fuji3

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒツジと遊んだよ!

曇り空で蓋を開けたデンマーク牧場グリーンズフェァ。

1回目のこひつじレースが始まる頃にはすっかり晴れ上がって!

お馴染みの出店に混ざってインドと中国の方の本場のカレーと
餃子や春巻きの屋台が、、、、 国際色豊かに開幕。

牧草地の真ん中では、布芝居のお二人が川根の昔話を見せてくれた。

さて、ワークショップのフェルトと毛糸作りのコーナー、お昼ごはんを
食べ損ねるほどに、、、、Kちゃんが、気が付いた時には完売のお店ばかり!

お客さんも多く、賑やかに幕を閉じる事が出来たグリーンズフェア。

参加してくださった皆さん、ほんとにありがとう!

53guri3 53guri4 53guri5 53guri1

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ひつじがすき

可愛いヒツジのことがいっぱい載った「ひつじがすき」。
先日、山と渓谷社より出版された本。  読めば誰もが「ひつじがすき」になる。

ある日、あまりの可愛さに貰い受けたマンクスロフタンの子羊から、
突然小さな羊飼いになってしまった泥んこ羊メンバーの夢家が紹介されている。

5月1日の朝日新聞夕刊で、本のプレゼント欄に取り上げられた。

ネコを飼うような訳にはいきませんけど、、、、

500hituji1_2 500hituji2 500hituji3

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

忘れ物はありません

牧場のひつじまつり「グリーンズフェァ」 お天気は何とか大丈夫らしい。

お気に入りの生芋蒟蒻を菊川まで取りに行く。
蒟蒻は歯ざわりで決まる!と、婆と蒟蒻やの女将は話が合う。

毎年、その場で柚子味噌田楽を愉しんでもらうのだが
今年は試食のみでお持ち帰りにして貰うことに、、、、

柚子味噌はしっかりと練り直してカップに詰めたし、蒟蒻も揃った。
ワークショップの支度も大丈夫。  忘れ物したら、、、吊るし上げに!
カレンダーとダンボールで看板を何枚か作らないと、、、、

何もかも手落ちの無いように!

430yuzu1  430yuzu3 430yuzu4

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »