« 何処にでも転がっている、、、 | トップページ | 生まれたよー! »

一閑張りもどき

ほとんど居抜きで譲り受けた陋屋。  定住前のお話です。
二棟の物置の中には、古い農機具、茶揉みの道具などが所狭しと、、、でした。

壊れかけた箕や竹籠、笊などがありました。  見よう見まねの一閑張りです。

古巣ヨコハマには、曾婆や大叔母たちのお稽古本があったのを思い出し、、、、
常磐津、長唄のお稽古本は手書きではありませんけど和綴じのものでした。
少々気になりながら、数冊を反古にしたでしょうか、、、、

他にも手漉きと思うものを使って端から張ってみました。 糊もちゃんと煮て、、、

大分、痛んではいますけどまだまだ現役です。  

何度も塗り重ねた箕。 四十年前の「武原はんの舞の会」のプログラムが
うっすらと覗いて、、、   そんなこともありましたっけ、、、

316ikkann1 316ikkann2 316ikkann3

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました!

  

|

« 何処にでも転がっている、、、 | トップページ | 生まれたよー! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140867/40518647

この記事へのトラックバック一覧です: 一閑張りもどき:

« 何処にでも転がっている、、、 | トップページ | 生まれたよー! »