« 椎茸三昧 | トップページ | 初めての遠足 »

手仕事の粋

やっぱり11月ですね。 寒くなって木枯らしがやってきました。
隣りの軒先は母屋も茶部屋も何時もより沢山の柿が吊るされて。

父さんは、、、山積みの渋柿を一つづつ丁寧に、小さく枝を残して
ヘタを取り皮を剥きます。  生り年の割りに実が大きいよと、、、

母さんは、、、棕櫚の葉を裂いた紐の両端に小さな枝を結んで天秤に。
傍のうつわの焼酎にサッと漬けます。それを軒の竿に架けていくのです。

二人の息がぴったりで、見物人は只々感心しながら眺めるだけ。

剥いた皮は干して、漬物用に朝市で進呈するらしいです。

それにしても、見事な手さばき。   上等な干し柿が出来るでしょうよね。

1116sibu1 1116sibu2 1116sibu3 1116sibu4

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました!

|

« 椎茸三昧 | トップページ | 初めての遠足 »

コメント

手が痛くならないかな~
よくぞ、これだけ剥いたものぞ!
ボクは100個剥くのが精一杯!

投稿: ナベショー | 2007年11月20日 (火) 21時34分

ますます快朗の毎日で忙しいようですね。

先日、高校時代の兵藤、小原と三人で新宿御苑へ観菊に出掛け、一緒に食事をしながら、皆さんの動向の情報交換をして、春木さんの話も出ましたよ。

ところで、私のブログに何か春木さんのことを紹介したいのですが、ぜひ、何かここに掲載してください。転写して、私のブログにも載せたいと思います。下手?な方が好いのですが。

投稿: 半ちゃん | 2007年11月22日 (木) 15時44分

ナベショーさま

頂いたコメントへのお返しがどこかへ
迷子になっているみたいです。

お隣の柿は1000個の余だそうです。

兵器はピーラーでしたよ。

へたとヘタの周りだけ包丁です。

どこへ行ってしまったのか判りません。
いまだにヴィスタと喧嘩してます。

お返事遅刻、ごめんなさい!

投稿: やまんば | 2007年11月22日 (木) 16時53分

半ちゃん先生

怪しげなコメントが入りましたね。
まさか、やまんばに俳画を描けと?

それこそ、天変地異が起こりますよ。

地震でもやってきて梁の下敷きになるのは
まだまだ先のお話にしてくださいナ!

皆さん、好い爺様におなりでしょうね。

投稿: やまんば | 2007年11月22日 (木) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140867/17106080

この記事へのトラックバック一覧です: 手仕事の粋:

« 椎茸三昧 | トップページ | 初めての遠足 »